その他の国のスパークリング

サンライズ スパークリング 超激得,新品

1883年、スペインの名門貴族コンチャ家のドン・メルチョー氏が、 世界有数のワイン銘醸地ボルドーからぶどう苗をチリへ持ち込み、 ぶどう栽培に最適な気候を持つマイポ・ヴァレーにぶどう畑を開拓し、 コンチャ・イ・トロの基礎を築きました。 家族経営から始まった事業は急速な成長を遂げ、品質面においても 自信を深めた同社は、本格的に輸出事業へ取り組むため、 1923年にはサンチャゴの株式市場に上場し、さらに規模を拡大。 1933年にはヨーロッパへの初の輸出ワインを ロッテルダム港へ荷揚げしました。 こうして世界への第一歩は踏み出されたのです。 1970年代以降、品質本位のポリシーに基づく路線を目指し、 1980年代には早くも全ての醸造システムに新技術を 取り入れてワイナリーの近代化に努めました。 チリ最高級の呼び名の高いワイン「ドン・メルチョー」の 初ヴィンテージは1987年。 この「ドン・メルチョー」は、 豪華客船クイーンエリザベス2世号のワインリストに オンメニューされるなど、同社の品質の高さを裏付けるように、 確固たる地位も築きました。 また、 1997年「シャトー ムートン・ロートシルト」で 有名なボルドーのバロン・フィリップ・ド・ロートシルト家 とのジョイント・ベンチャーを開始。 この提携によって1998年9月に「アルマヴィヴァ」が 発表されるや世界中で大絶賛。 1999年ワインスペクテーター誌がおこなった 世界18,000人の読者による人気投票では、 「南米のベストワイナリー」に選ばれています。 ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラル・ヴァレー ◆原産地呼称:D.O. セントラル・ヴァレー ◆タイプ:白・辛口・スパークリングワイン ◆ブドウ品種:シャルドネ、リースリング ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:コンチャ・イ・トロ/Concha y Toro ◆テイスティング◆ 柑橘系の豊かでフレッシュなフルーツ香と すっきりした酸のバランスが特長。 若干のミネラル香が感じられる、飲み飽きしない さわやかな辛口のスパークリングワインです。 ■2012年ジャパン・ワイン・チャレンジ銅賞受賞!

サンライズ スパークリング 超激得,新品 —— 1,500円

その他の国のスパークリング

ジェイコブスクリーク シャルドネ ピノノワール 超激得,新品

◆ジェイコブス・クリークの歴史 ブドウ栽培ジェイコブス・クリークの歴史は、 南オーストラリアの移民時代にさかのぼります。 1836年にアデレードを調査したウィリアム・ライト大佐は、 翌1837年にその北西に進出し、南スペインのバロッサにおける 英国海軍の勝利にちなんで、その地をバロッサ・ヴァレーと名づけました。 ◆年号:ノンヴィンテージ [NV] ◆原産国:オーストラリア ◆生産地:南オーストラリア バロッサヴァレー ◆ぶどう品種:シャルドネ75%、ピノノワール25% ◆タイプ:白・辛口・スパークリングワイン ◆アルコール度数:11.5% ◆容量:750ml ◆製造方法:シャルマ方式 ◆生産者:ジェイコブス クリーク ◆色合い◆ 中程度の濃さのストローグリーン色。 ◆香り◆ 柑橘系果実や炒ったカシューナッツの芳醇な香りをもつワイン。 ◆味わい◆ ブラックベリーやラズベリーの豊かな果実味が感じられる、 厚みのある味わいのスパークリングワインです。 ジェイコブス・クリーク シャルドネピノ・ノワールと スパークリング・ロゼは、シャルドネ種とピノ・ノワール種を使用し、 瓶内2次発酵させ、造られています。 またジェイコブス・クリーク スパークリング・シラーズは、 オーストラリアを代表するブドウ品種、シラーズを使用し、 シャルマ方式で2次発酵させ造られています。 スパークリングワインに最適なブドウを栽培する地域を厳選し、 このワインに使用するブドウを収穫しています。 ノンヴィンテージスタイルなので、 毎年変わらぬ一貫した味わいをいつでもお楽しみいただくことが出来ます♪

ジェイコブスクリーク シャルドネ ピノノワール 超激得,新品 —— 1,900円

その他の国のスパークリング

ジェイコブスクリーク スパークリングシラーズ 超激得,新品

◆ジェイコブス・クリークの歴史 ブドウ栽培ジェイコブス・クリークの歴史は、 南オーストラリアの移民時代にさかのぼります。 1836年にアデレードを調査したウィリアム・ライト大佐は、 翌1837年にその北西に進出し、南スペインのバロッサにおける 英国海軍の勝利にちなんで、その地をバロッサ・ヴァレーと名づけました。 ◆年号:ノンヴィンテージ [NV] ◆原産国:オーストラリア ◆生産地:南オーストラリア バロッサヴァレー ◆ぶどう品種:シラーズ100% ◆タイプ:赤・やや甘口・スパークリングワイン ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆製造方法:シャルマ方式 ◆生産者:ジェイコブス クリーク ◆色合い◆ いきいきとした紫色の輝きをもつ、深みのあるルビー色。 ◆香り◆ 芳醇なベリーの香りと共に、 シラーズの特徴であるスパーシーな香りが感じられます。 ◆味わい◆ ブラックベリーやラズベリーの豊かな果実味が感じられる、 厚みのある味わいのスパークリングワインです。 ジェイコブス・クリーク シャルドネピノ・ノワールと スパークリング・ロゼは、シャルドネ種とピノ・ノワール種を使用し、 瓶内2次発酵させ、造られています。 またジェイコブス・クリーク スパークリング・シラーズは、 オーストラリアを代表するブドウ品種、シラーズを使用し、 シャルマ方式で2次発酵させ造られています。 スパークリングワインに最適なブドウを栽培する地域を厳選し、 このワインに使用するブドウを収穫しています。 ノンヴィンテージスタイルなので、 毎年変わらぬ一貫した味わいをいつでもお楽しみいただくことが出来ます♪

ジェイコブスクリーク スパークリングシラーズ 超激得,新品 —— 1,900円

その他の国のスパークリング

ジェイコブスクリーク マスカット スパークリング 超激得,新品

◆ジェイコブス・クリークの歴史 ブドウ栽培ジェイコブス・クリークの歴史は、 南オーストラリアの移民時代にさかのぼります。 1836年にアデレードを調査したウィリアム・ライト大佐は、 翌1837年にその北西に進出し、南スペインのバロッサにおける 英国海軍の勝利にちなんで、その地をバロッサ・ヴァレーと名づけました。 ◆年号:ノンヴィンテージ [NV] ◆原産国:オーストラリア ◆生産地:南オーストラリア バロッサヴァレー ◆タイプ:やや甘口・スパークリングワイン ◆アルコール度数:9% ◆容量:750ml ◆製造方法:シャルマ方式 ◆生産者:ジェイコブス クリーク ◆色合い◆ 淡い麦わら色。 ◆香り◆ フレッシュで繊細なトロピカルなフルーツのマロマや、 洋梨や桃のニュアンスと共に、スイカズラの花の微かな香りが感じられます。 ◆味わい◆ 軽快で爽やかなトロピカルなフレーバーが感じられるワインです。 洋梨のほのかなニュアンスと、メロンのニュアンスが組み合わさり、 切れの良いフィニッシュへと続きます。

ジェイコブスクリーク マスカット スパークリング 超激得,新品 —— 1,800円

その他の国のスパークリング

ミゲルトーレス チリ 数量 コルディエラ ブリュット ピノノワール 箱入り 超激得,新品

※トーレスワインが輸入元三国ワイン様からエノテカ様に移行となります。 ※大変申し訳ございませんが販売休止とさせていただきます。 「名門トーレス家が造る、チリのプレステージワイン」 「ミゲル・トーレス チリ」は、スペインのバルセロナ近郊に、 個人所有としては生産量世界一を誇るワイナリーを持つ、 名門トーレス家により1979年に設立された、チリのワイナリーです。 チリの優れた品質のぶどうとトーレスの最新技術の融合により 生み出された「ミゲル・トーレス チリ」は 世界の有名レストランでも高く評価され、 チリのプレステージワインとして広く認識されています。 ●チリワインの歴史における重要な3日間● ●1548年 チリへの最初の植樹(フランシスコ・デ・カラヴァンテス) ●1851年 フランス原産種の導入(シルベストーレオチョガヴィア) ●1979年 最新鋭技術の導入(ミゲル A. トーレス) ◆原産国:チリ ◆生産地:クリコバレー ◆格付:D.O.クリコバレー ◆タイプ:白・辛口・スパークリングワイン ◆ふどう品種:ピノ・ノワール100% ◆アルコール度数:12% ◆容量:750ml ◆栓(クロージャー):コルク ◆産地詳細◆ チリは、南米の背骨と呼ばれるアンデス山脈に沿って 南北に細長く伸びる国です。ワイン用ぶどうの栽培に適した地域は、 南北ともに緯度30~50度に限られていますが、 南北に細長い国土を持つチリでは、 この適した範囲が1400kmも続いていることになります。 ぶどう栽培の中心地であるチリ中央部は、昼と夜の温度差が大きく、 冬に雨が集中し、春から夏にかけて長く乾燥した気候が続くという、 ぶどうの生育には最適の気候に恵まれています。   また、主要なワイン生産国の中でも、ぶどうに付く害虫(フィロキセラ)が 発生していない、数少ない国の一つと言われており、 そのおかげでチリのぶどう樹は接ぎ木の必要もなく、 ワインの品質の良さは昔から高い評価を受けていました。 「マンソ・デ・ヴェラスコ」のぶどう畑のように、 樹齢100年を超えるぶどう樹を持つことができるのもこのためです。 ◆飲み頃温度:8-10℃ ◆合う料理・チーズ:シーフードカクテルやサラダ、またはアペリティフとして お祝いなどの華やかなシーンにも最適です。 ◆生産者:ミゲル・トーレス・マクサセック ◆コメント◆ 瓶内二次発酵のシャンパン製法で造られた 『ブリュット』はピノ・ノワール100%の“ブラン・ド・ノワール”! 輝きのある淡いゴールドにきめ細かな泡、 魅惑的でフレッシュなフローラルのアロマ。 ピノ・ノワールに由来するしっかりとした骨格と シルクのような舌触りが心地よいスパークリングワインです。 ◆受賞・ポイント歴◆ ◆国際スパークリングワインコンクール (エフェルヴェセンス・デュ・モンド)2012 金賞受賞!(ヴィンテージ 2008) ◆国際スパークリングワインコンクール (エフェルヴェセンス・デュ・モンド)2009 銀賞受賞!

ミゲルトーレス チリ 数量 コルディエラ ブリュット ピノノワール 箱入り 超激得,新品 —— 2,200円

その他の国のスパークリング

ミゲルトーレス チリ 数量 サンタディグナ エステラードロゼ 超激得,新品

※トーレスワインが輸入元三国ワイン様からエノテカ様に移行となります。 ※大変申し訳ございませんが販売休止とさせていただきます。 「名門トーレス家が造る、チリのプレステージワイン」 「ミゲル・トーレス チリ」は、スペインのバルセロナ近郊に、 個人所有としては生産量世界一を誇るワイナリーを持つ、 名門トーレス家により1979年に設立された、チリのワイナリーです。 チリの優れた品質のぶどうとトーレスの最新技術の融合により 生み出された「ミゲル・トーレス チリ」は 世界の有名レストランでも高く評価され、 チリのプレステージワインとして広く認識されています。 ●チリワインの歴史における重要な3日間● ●1548年 チリへの最初の植樹(フランシスコ・デ・カラヴァンテス) ●1851年 フランス原産種の導入(シルベストーレオチョガヴィア) ●1979年 最新鋭技術の導入(ミゲル A. トーレス) ◆原産国:チリ ◆生産地:マウレバレー ◆格付:D.O.マウレバレー ◆タイプ:ロゼ・辛口・スパークリングワイン ◆ふどう品種:パイス100% ■珍しいふどう品種セパージュ■ チリに最初に持ち込まれたワイン用葡萄はパイスと呼ばれています。 別名、ミッショネーラとも呼ばれ、スペイン入植者 (ミッショネーロス)が持ち込んだのでこう呼ばれています。 400年前にチリのマウレ地方に栽培された後、 全国のカトリック教の宣教活動に必要であったことから 全土に植え付けられ、今ではチリのすべての ワイン生産地での栽培が確認されています。 ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆栓(クロージャー):コルク ◆発酵:1回目:21日、2回目:40日 ◆発酵温度:1回目:18℃、2回目:12℃ ◆産地詳細・誕生秘話◆ 需要激減で悩む、約50,000軒のパイス栽培農家を 救うための試みとして2008年より、トーレスの醸造チーム、 地元のタルカ大学、チリ政府が共同で研究。 3年がかり研究の結果、高品質のスパークリングワインが 出来ることがわかり、開発されました。 商品名「エステラード」はスペイン語で星を意味する「Estrella」に 由来した造語で、星のようにきらきらと輝く、 スパークリングワインに名付けられました。 エステラード・ロゼはチリの伝統品種、パイス復興の期待の新星なのです。 ◆飲み頃温度:6-8℃ ◆合う料理・チーズ:アペリティフとして または華やかなお祝いの場にふさわしい味わいです。 ◆生産者:ミゲル・トーレス・マクサセック ◆コメント◆ ラズベリーやレッドカラントを想わせる赤果実、 シトラスの爽やかなアロマ。後味のピンクグレープフルーツのような わずかな苦味が全体を引き締めています。 きめ細やか泡立ちが長く続く、 フレッシュでいきいきとしたスパークリングワインです。 ◆受賞・ポイント歴◆ ◆ワインエンスージアスト誌 エディターズチョイス ◆GUIA DESCORCHADOS 2012 ベスト チリアン スパークリングワイン

ミゲルトーレス チリ 数量 サンタディグナ エステラードロゼ 超激得,新品 —— 2,100円