ミゲルトーレス チリ サンタディグナ カベルネソーヴィニヨン 2012 赤字超特価,本物保証

※トーレスワインが輸入元三国ワイン様からエノテカ様に移行となります。 ※大変申し訳ございませんが販売休止とさせていただきます。 「名門トーレス家が造る、チリのプレステージワイン」 「ミゲル・トーレス チリ」は、スペインのバルセロナ近郊に、 個人所有としては生産量世界一を誇るワイナリーを持つ、 名門トーレス家により1979年に設立された、チリのワイナリーです。 チリの優れた品質のぶどうとトーレスの最新技術の融合により 生み出された「ミゲル・トーレス チリ」は 世界の有名レストランでも高く評価され、 チリのプレステージワインとして広く認識されています。 ●チリワインの歴史における重要な3日間● ●1548年 チリへの最初の植樹(フランシスコ・デ・カラヴァンテス) ●1851年 フランス原産種の導入(シルベストーレオチョガヴィア) ●1979年 最新鋭技術の導入(ミゲル A. トーレス) ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラルバレー ◆格付:D.O.セントラルバレー ◆タイプ:赤・ミディアムボディ・スティルワイン ◆ふどう品種:カベルネ・ソーヴィニヨン ◆アルコール度数:14% ◆容量:750ml ◆栓(クロージャー):コルク ◆土壌:わずかに粘土の混ざった花崗岩土壌 ◆栽培:コルドン・ロワイヤル ◆発酵:23日間、ステンレススチールタンク100% ◆発酵温度:15度 ◆熟成:ステンレススチールタンク ◆産地詳細◆ チリは、南米の背骨と呼ばれるアンデス山脈に沿って 南北に細長く伸びる国です。ワイン用ぶどうの栽培に適した地域は、 南北ともに緯度30~50度に限られていますが、 南北に細長い国土を持つチリでは、 この適した範囲が1400kmも続いていることになります。 ぶどう栽培の中心地であるチリ中央部は、昼と夜の温度差が大きく、 冬に雨が集中し、春から夏にかけて長く乾燥した気候が続くという、 ぶどうの生育には最適の気候に恵まれています。   また、主要なワイン生産国の中でも、ぶどうに付く害虫(フィロキセラ)が 発生していない、数少ない国の一つと言われており、 そのおかげでチリのぶどう樹は接ぎ木の必要もなく、 ワインの品質の良さは昔から高い評価を受けていました。 「マンソ・デ・ヴェラスコ」のぶどう畑のように、 樹齢100年を超えるぶどう樹を持つことができるのもこのためです。  チリのセントラルバレーは、暖かいフンボルト海流と、 万年雪をたたえるアンデスからの風のおりなす、ドラマチックな 気温変化があり、夏は最高低気温差が20度にもなる土地です。   ここで育つぶどうは、繊細かつアロマティックなものになるため、 ぶどうの生育には最適の気候に恵まれています。   ◆飲み頃温度:16~20℃ ◆合う料理・チーズ:しょう油味の家庭料理や焼き鳥など ◆生産者:ミゲル・トーレス・マクサセック ◆コメント◆ 色は濃厚で、力強いフルーティーな アロマ、威厳のある味わい。 エレガントなボディとなめらかなタンニン、 そしてほのかな樽の香りは、ボトルの中で時間をかけ、 確実に熟成していくことを保証しています。 ■■受賞・ポイント歴■■ ◆Prix Excellence CIVART Challenge International du Vin2000 金メダル獲得!(ヴィンテージ 1998) ◆First prize Wine of the Year Competition2002 Finland(ヴィンテージ 2000) ◆モンデュアル・ブリュッセル国際コンクール2003 金メダル獲得!(ヴィンテージ 2001) ◆チャレンジ・インターナショナル・デュ・ヴァン2003 金メダル獲得!(ヴィンテージ 2001) ◆デキャンター ワールド・ワイン・アワード2009 金メダル獲得!(ヴィンテージ 2007) ◆ムンダス・ヴィニ2010 金メダル獲得!(ヴィンテージ 2008) ミゲルトーレス チリ サンタディグナ カベルネソーヴィニヨン 2012 赤字超特価,本物保証

ビニャ マイポ カベルネソーヴィニヨン メルロ 得価,低価

ビニャとは、スペイン語で「ぶどう畑」という意味。 マイポというのは地名で、チリの先住民マプチェ族の言葉で 「耕された大地」という意味を持っています。 古くから、豊かな恵みを生む土地とも呼ばれていました。 そんな特別な土地を中心に広がる「マイポ ヴァレー」で、 1948年に私たちのワインづくりは始まりました。 手頃な価格で良質な味わいを楽しめるチリワインの中でも、 その代表的な産地として注目を集めているマイポ ヴァレー。 ◆フランスワインと言えば、ボルドー!チリワインと言えば、マイポ!◆ 今では、そう語るワイン通も多くいるとか。 この場所で生まれたワイナリーは数多くあるのですが、 その中で「マイポ」という名前がついているブランドは世界でただひとつ。 ビニャ マイポだけです。ふしぎな名前でありながら、 飲んだ人を満足させる豊かな味わい。そのおいしさは、 今では世界中へと広がっているのです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラル・ヴァレー ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ ◆アルコール度数:14%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:ビニャ マイポ社 ◆テイスティング◆ チリワイン特有の、豊かな果実味。 ぶどうの香りが非常に豊かでありつつ、 口当たりはまろやか。 飲みやすい、ミディアムボディの赤。 赤身のお肉やパスタ、チーズによく合います。 ビニャ マイポ カベルネソーヴィニヨン メルロ 得価,低価

ラポストール カサ メルロー 2012 人気SALE,定番人気

◆チリの大地とフレンチエレガンスの結晶◆ 世界的に有名なリキュール、グラン マルニエの創設者の曾孫、 アレクサンドラ マルニエ氏。 ラポストールは、チリのコルチャグアの地に 1994年ラポストールを設立しました。 世界的なワイン コンサルタント、ミッシェル ロランの監修のもと、 マルニエ家に代々伝わるフランスのワイン造りの経験と伝統、 チリの完璧なテロワールを活かした、 妥協のない品質を追及した世界に通用するワインを造っています。 樹齢が古く、しかも接木を必要としない健全な葡萄の樹と 理想的な気候が生み出すワインは、ワールドクラスの完成された味わいです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:コルチャグア・ヴァレー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:メルロー ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ラポストール ◆テイスティング◆ 新鮮なプラムの様な果実味と 黒胡椒のスパイシーなアロマが、 食欲をそそるさわやかな酸味と、 みずみずしいタンニンによって強調される、 骨格のしっかりしたワインです。 ラポストール カサ メルロー 2012 人気SALE,定番人気

サンライズ メルロー 2014 高品質,安い

1883年、スペインの名門貴族コンチャ家のドン・メルチョー氏が、 世界有数のワイン銘醸地ボルドーからぶどう苗をチリへ持ち込み、 ぶどう栽培に最適な気候を持つマイポ・ヴァレーにぶどう畑を開拓し、 コンチャ・イ・トロの基礎を築きました。 家族経営から始まった事業は急速な成長を遂げ、品質面においても 自信を深めた同社は、本格的に輸出事業へ取り組むため、 1923年にはサンチャゴの株式市場に上場し、さらに規模を拡大。 1933年にはヨーロッパへの初の輸出ワインを ロッテルダム港へ荷揚げしました。 こうして世界への第一歩は踏み出されたのです。 1970年代以降、品質本位のポリシーに基づく路線を目指し、 1980年代には早くも全ての醸造システムに新技術を 取り入れてワイナリーの近代化に努めました。 チリ最高級の呼び名の高いワイン「ドン・メルチョー」の 初ヴィンテージは1987年。 この「ドン・メルチョー」は、 豪華客船クイーンエリザベス2世号のワインリストに オンメニューされるなど、同社の品質の高さを裏付けるように、 確固たる地位も築きました。 また、 1997年「シャトー ムートン・ロートシルト」で 有名なボルドーのバロン・フィリップ・ド・ロートシルト家 とのジョイント・ベンチャーを開始。 この提携によって1998年9月に「アルマヴィヴァ」が 発表されるや世界中で大絶賛。 1999年ワインスペクテーター誌がおこなった 世界18,000人の読者による人気投票では、 「南米のベストワイナリー」に選ばれています。 ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラル・ヴァレー、ラペル・ヴァレー ◆原産地呼称:D.O. ラペル・ヴァレー ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆ブドウ品種:メルロー ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:コンチャ・イ・トロ/Concha y Toro ◆テイスティング◆ 照りのある濃いルビー色。 チェリーなどの赤い果実、プラム、 カカオ、スパイスのアロマが圧倒的です。 なめらかながらしっかりと主張するタンニンと酸が、 エレガントで丸みのあるワインを形成しています。 フィニッシュも長く心地よい赤ワインです。 ■2013ヴィンテージ:2014年ベルリン・ワイン・トロフィー金賞受賞! サンライズ メルロー 2014 高品質,安い

アルマヴィヴァ 2012 ALMAVIVA 数量限定,お買い得

◆南米チリの理想的なテロワールから生まれた「アルマヴィヴァ」◆ 「アルマヴィヴァ」は、「バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド」が、 南米チリの豊かな自然に、テロワール(土壌や天候等のぶどうの栽培環境)としての 恵まれた可能性を見出し、コンチャ・イ・トロ社との提携で誕生させた フランコ=チリアン・ワインです。 アルマヴィヴァは、 ボルドー第1級シャトーのムートン・ロートシルト(ロスチャイルド)を 運営するバロン・フィリップ・ド・ロートシルトとチリの大手ワイナリー、 コンチャ・イ・トロが共同で生産するワインです。 1996年の最初のヴィンテージが 市場で高い評価を得て一躍有名になりました。 現在では、最高級のチリワインとしてのその地位を不動のものとしています。 その名前は、モーツファルトがオペラ化した事で一躍有名になった戯曲 “フィガロの結婚”の出演者アルマヴィヴァ伯爵に由来しています。 ラベルにあるAlmavivaの字は、 原作者であるフランス人カロン・ド・ボーマルシェが残した肉筆を使用しています。 また、ラベルにある不思議なデザインは、独自の宇宙観を持っていたチリの先住民族 マプチュ族が儀式の際に使用する太鼓に残されている模様で、地球と宇宙を表しています。 アルマヴィヴァは、チリのサンティアゴ南東部にある マイポ・ヴァレーのプエンテ・アルトに85haの葡萄畑を所有しています。 マイポ・ヴァレーは夏季には乾燥し昼夜の温度差も大きく、 冬季は温暖で雨が多いことから、葡萄栽培に適しており、 また、その中でもプエンテ・アルトはマイポ河が運んだ礫が 土壌となっている為水捌けが良く、カベルネ・ソーヴィニョンにとって 理想的な栽培環境として有名です。 殆ど雨の降らない夏には灌漑の必要があり、 地下に張り巡らした灌漑システムから、適量を供給しています。 20%程度使用されているカルメネール種は 元々ボルドーが原産の葡萄ですが、19世紀後半にボルドー葡萄の大半を死滅させた フィロキセラ病の大流行によってボルドーでは全滅してしまった品種です。 ◆アルマヴィヴァ [2012] ALMAVIVA◆ ◆原産国:チリ ◆生産地:マイポ・ヴァレー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネソーヴィニヨン67%、カルメネール25%、カベルネ・フラン5%、メルロー2%、プティ・ヴェルド1% ◆アルコール度数:14% ◆容量:750ml ◆生産者:バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社&コンチャ・イ・トロ社 ◆熟成:フレンチ樽(新樽比率100%)で18ヶ月熟成 果実味が凝縮されたすばらしいヴィンテージにしあがっています。 ◆テイスティング◆ 深みのあるルビー色。 赤い果実やチョコレート、カシスを思わせる 卓越した香りが、フレンチオーク樽のバニラ香と よく調和し融合しています。 またワインが持つ複雑味とフィネスが際立っています。 本格的なフルボディで、口に含むと、熟成感と洗練された タンニンが傑出して感じられ、ワインに濃縮感を与え、 独特な均衡とフィネスをもたらしています。 そして、その味わいと香りの複雑さが口中に長く余韻を残します。 その優美さは、ボルドーの1級シャトーにも引けをとりません。 ◆◇◆Accolades◆◇◆ ■Almaviva 1996■ ◆Robert Parker, ★92 Points★ ◆Wine Spectator May 1999, ★91 Points★ ■Almaviva 1997■ ◆Robert Parker, 91Points ◆Wine Spectator Dec 2000, ★91 Points★ ◆Wine Challenge UK, ★Gold Medal★ ■Almaviva 1998■ ◆Wine Spectator Jan 2001, ★90 Points★ ◆Descorchados 2001 (Chile), ★Best Ultra Premium Chilean Wine★ ■Almaviva 1999■ ◆Robert Parker, ★90 Points★ ◆Wine Spectator Sept 2001, ★92 Points★ ■Almaviva 2000■ ◆Wine Spectator Oct 2002, ★91 Points★ ■Almaviva 2001■ ◆Robert Parker, ★92 Points★ ◆Wine Spectator April 2004, ★95 Points★ ■Almaviva 2002■ ◆Robert Parker, ★93 Points★ ◆Wine Spectator Dec 2005, ★93 Points★ ◆Guia de Vinos de Chile Nov 2005, ★Best Chilean Wine★ ■Almaviva 2003■ ◆Robert Parker, ★95 Points★ ◆Wine Spectator May 2006, ★95 Points★ ◆Guía de Vinos de Chile 2008, ★Best Premium Chilean Wine★ ■Almaviva 2004■ ◆Robert Parker, ★93 Points★ ◆Wine Spectator, May 2007, ★93 Points★ ■Almaviva 2005■ ◆Wine Spectator, ★95 Points★ ◆Robert Parker, ★95 Points★ ■Almaviva 2006■ ◆Wine Spectator, ★93 Points★ ◆Robert Parker, ★92 Points★ アルマヴィヴァ 2012 ALMAVIVA 数量限定,お買い得

セーニャ 2011 SENA 100%新品,最新作

カリフォルニアのロバート・モンダヴィと エラスリス社5代目当主エデュアルド・チャドウィックにより誕生し、 「品質(CALI)+土壌(TERRA)」から名づけられた「カリテラ」。 チリの伝統と大地への愛情、 そして自然環境を尊重しながら、質の高いワイン造りを行います。 ラベルのシンボルはカリテラ・エステートのぶどうの樹。 コルチャグア・ヴァレーにある自社畑を中心に、 一本一本丁寧に育てたぶどうの樹から生まれたプレミアムチリワインです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:アコンカグア・ヴァレー ◆格付け:D.O.アコンカグア・ヴァレー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン59%、カルメネール21%、メルロー12%、プティ・ヴェルド4%、カベルネ・フラン4% ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆飲み頃温度:18~20℃ ◆合う料理:肉料理全般(ビーフステーキ、鴨のロースト) ◆生産者:エラスリス家&ロバート・モンダヴィ社 ◆テロワール◆ セーニャはアコンカグアヴァレの西端に位置している。 太平洋の海岸から41キロ離れた場所。 アコンカグアは雨の多い冬と、成長期に雨の降らない 気候からワイン栽培に非常に適した土地だとされ、 さらにそのアコンカグアの中から、エラスリスとモンダヴィの チームが特定のミクロクリマを識別し、セーニャを選定、選択した。 ヒルサイドのビニャードの中腹にある850エーカーの葡萄園は、 理想的な北東向の勾配で、崩積土は水はけのよい砂利、 岩、ローム層を含んでいる。標高290メートル~500メートル。 ◆醸造・熟成◆ 早朝に12kgケースで収穫。 選定テーブルを2回通し、健全な葡萄のみを使う。 品種別にステンレスタンク発酵を行い、 一日約3回のポンピングオーバーを行いながら、 エキスの抽出を行う。 その後フレンチーオークの新樽で22か月熟成。 マロラクティック発酵および清澄は熟成中に完了。 ◆コメント◆ エラスリスのエデュアルド・チャドウィックと 米国のロバート・モンダヴィの情熱が生み出した チリのスーパープレミアムワイン”セーニャ”。 「きわだつ卓越した印」「シグナチャー(署名)」の スペイン語に由来する名前のとおり、チリ・アコンカグアの テロワールを見事に表現するこのワインは 世界のグランヴァンにも勝る評価を獲得しています。 ボルドー品種(カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー)に チリ固有品種カルメネールをブレンド。 2005年よりヴィオデナミ農法を導入しています。 ◆テイスティング◆ 濃い色調を湛え、リッチで凝縮感のある 複雑で豊かな香りとエレガントな味わい、 構成のしっかりしたスーパープレミアムワインです。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター92点獲得! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 94点獲得!2011年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!95点を獲得した2011年ヴィンテージ! セーニャ 2011 SENA 100%新品,最新作

アルマヴィヴァ 2011 ALMAVIVA 数量限定,お買い得

アッサンブラージュ【wine0518】 ◆南米チリの理想的なテロワールから生まれた「アルマヴィヴァ」◆ 「アルマヴィヴァ」は、「バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド」が、 南米チリの豊かな自然に、テロワール(土壌や天候等のぶどうの栽培環境)としての 恵まれた可能性を見出し、コンチャ・イ・トロ社との提携で誕生させた フランコ=チリアン・ワインです。 アルマヴィヴァは、 ボルドー第1級シャトーのムートン・ロートシルト(ロスチャイルド)を 運営するバロン・フィリップ・ド・ロートシルトとチリの大手ワイナリー、 コンチャ・イ・トロが共同で生産するワインです。 1996年の最初のヴィンテージが 市場で高い評価を得て一躍有名になりました。 現在では、最高級のチリワインとしてのその地位を不動のものとしています。 その名前は、モーツファルトがオペラ化した事で一躍有名になった戯曲 “フィガロの結婚”の出演者アルマヴィヴァ伯爵に由来しています。 ラベルにあるAlmavivaの字は、 原作者であるフランス人カロン・ド・ボーマルシェが残した肉筆を使用しています。 また、ラベルにある不思議なデザインは、独自の宇宙観を持っていたチリの先住民族 マプチュ族が儀式の際に使用する太鼓に残されている模様で、地球と宇宙を表しています。 アルマヴィヴァは、チリのサンティアゴ南東部にある マイポ・ヴァレーのプエンテ・アルトに85haの葡萄畑を所有しています。 マイポ・ヴァレーは夏季には乾燥し昼夜の温度差も大きく、 冬季は温暖で雨が多いことから、葡萄栽培に適しており、 また、その中でもプエンテ・アルトはマイポ河が運んだ礫が 土壌となっている為水捌けが良く、カベルネ・ソーヴィニョンにとって 理想的な栽培環境として有名です。 殆ど雨の降らない夏には灌漑の必要があり、 地下に張り巡らした灌漑システムから、適量を供給しています。 20%程度使用されているカルメネール種は 元々ボルドーが原産の葡萄ですが、19世紀後半にボルドー葡萄の大半を死滅させた フィロキセラ病の大流行によってボルドーでは全滅してしまった品種です。 ◆アルマヴィヴァ [2011] ALMAVIVA◆ ◆原産国:チリ ◆生産地:マイポ・ヴァレー ※チリ マイポ・ヴァレー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネソーヴィニヨン67%、カルメネール25%、カベルネ・フラン5%、メルロー2%、プティ・ヴェルド1% ◆アルコール度数:15% ◆容量:750ml ◆生産者:バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社&コンチャ・イ・トロ社 ◆熟成:フレンチ樽(新樽比率100%)で18ヶ月熟成 果実味が凝縮されたすばらしいヴィンテージにしあがっています。 ◆テイスティング◆ 深みのあるルビー色。 赤い果実やチョコレート、カシスを思わせる 卓越した香りが、フレンチオーク樽のバニラ香と よく調和し融合しています。 またワインが持つ複雑味とフィネスが際立っています。 本格的なフルボディで、口に含むと、熟成感と洗練された タンニンが傑出して感じられ、ワインに濃縮感を与え、 独特な均衡とフィネスをもたらしています。 そして、その味わいと香りの複雑さが口中に長く余韻を残します。 その優美さは、ボルドーの1級シャトーにも引けをとりません。 ◆◇◆Accolades◆◇◆ ■Almaviva 1996■ ◆Robert Parker, ★92 Points★ ◆Wine Spectator May 1999, ★91 Points★ ■Almaviva 1997■ ◆Robert Parker, 91Points ◆Wine Spectator Dec 2000, ★91 Points★ ◆Wine Challenge UK, ★Gold Medal★ ■Almaviva 1998■ ◆Wine Spectator Jan 2001, ★90 Points★ ◆Descorchados 2001 (Chile), ★Best Ultra Premium Chilean Wine★ ■Almaviva 1999■ ◆Robert Parker, ★90 Points★ ◆Wine Spectator Sept 2001, ★92 Points★ ■Almaviva 2000■ ◆Wine Spectator Oct 2002, ★91 Points★ ■Almaviva 2001■ ◆Robert Parker, ★92 Points★ ◆Wine Spectator April 2004, ★95 Points★ ■Almaviva 2002■ ◆Robert Parker, ★93 Points★ ◆Wine Spectator Dec 2005, ★93 Points★ ◆Guia de Vinos de Chile Nov 2005, ★Best Chilean Wine★ ■Almaviva 2003■ ◆Robert Parker, ★95 Points★ ◆Wine Spectator May 2006, ★95 Points★ ◆Guía de Vinos de Chile 2008, ★Best Premium Chilean Wine★ ■Almaviva 2004■ ◆Robert Parker, ★93 Points★ ◆Wine Spectator, May 2007, ★93 Points★ ■Almaviva 2005■ ◆Wine Spectator, ★95 Points★ ◆Robert Parker, ★95 Points★ ■Almaviva 2006■ ◆Wine Spectator, ★93 Points★ ◆Robert Parker, ★92 Points★ ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ザ・ワイン・アドヴォケイト■高得点! PP傑出の93点を獲得した2011年ヴィンテージ! アルマヴィヴァ 2011 ALMAVIVA 数量限定,お買い得

カリテラ レセルヴァカルメネール 2013 100%新品,最新作

●カルメネール…チリの新しい個性● 「カルメネール」は古くボルドー由来の品種で、 ボルドーではフィロキセラという害虫によってほぼ絶滅しました。 しかしチリでは、フィロキセラ前の 純粋なルーツのまま、今でも栽培されています。 完熟するのに豊富な日照量を必要とするため、 年間300日太陽がふりそそぐチリのぶどう産地で、 その魅力を花開かせました。 「カルメネール」の語源は「カルミネ」=深紅色。 カルメネールのワインに特徴的な濃く美しい深紅の 色調を意味するだけでなく、ぶとうの葉も成熟とともに 赤く色づくことから、この名前になったといわれています。 ●カルメネールの味わい● 自然な甘味のやさしい味わいで、 深みがありながらも渋みを感じさせない、 飲みやすさが特徴です。 「チリらしい個性のあるものが飲みたい」 「ワインが好きで色々な品種を試してみたい」 「ワインの渋みやタンニンが苦手だけど、 赤ワインが好き」という方に特におすすめです。 エラスリスのエデュアルド・チャドウィックと 米国のロバート・モンダヴィの情熱が生み出した チリのスーパープレミアムワイン”セーニャ”。 チリ・アコンカグアのテロワールを見事に表現するこのワインは 世界のグランヴァンにも勝る評価を獲得しています。 ボルドー品種(カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー)に チリ固有品種カルメネールをブレンド。 2005年よりヴィオデナミ農法を導入しています。 ◆原産国:チリ ◆生産地:コルチャグア・ヴァレー ◆ぶどう品種:カルメネール ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆生産者:カリテラ ◆コメント◆ “大地の品質”という名のチリワイン。 自社畑だから一本一本を最良の方法で育て、 丁寧に収穫したぶどうをワインにしました。 チリ固有の品種、「カルメネール」のフルーティな味わいと、 スパイシーな風味をお楽しみいただけるバランスのとれたワインです。 カリテラ レセルヴァカルメネール 2013 100%新品,最新作

ミゲルトーレス チリ ディアスデヴェラーノ 2014 赤字超特価,本物保証

※トーレスワインが輸入元三国ワイン様からエノテカ様に移行となります。 ※大変申し訳ございませんが販売休止とさせていただきます。 「名門トーレス家が造る、チリのプレステージワイン」 「ミゲル・トーレス チリ」は、スペインのバルセロナ近郊に、 個人所有としては生産量世界一を誇るワイナリーを持つ、 名門トーレス家により1979年に設立された、チリのワイナリーです。 チリの優れた品質のぶどうとトーレスの最新技術の融合により 生み出された「ミゲル・トーレス チリ」は 世界の有名レストランでも高く評価され、 チリのプレステージワインとして広く認識されています。 ●チリワインの歴史における重要な3日間● ●1548年 チリへの最初の植樹(フランシスコ・デ・カラヴァンテス) ●1851年 フランス原産種の導入(シルベストーレオチョガヴィア) ●1979年 最新鋭技術の導入(ミゲル A. トーレス) ◆原産国:チリ ◆生産地:イタタバレー ◆格付:D.O.イタタバレー ◆タイプ:白・やや辛口・スティルワイン ◆ふどう品種:ミュスカ(100%) ◆アルコール度数:11.5% ◆容量:750ml ◆栓(クロージャー):スクリュー ◆土壌:わずかに粘土の混ざった花崗岩土壌 ◆栽培:コルドン・ロワイヤル ◆発酵:23日間、ステンレススチールタンク100% ◆発酵温度:15度 ◆熟成:ステンレススチールタンク ◆産地詳細◆ チリは、南米の背骨と呼ばれるアンデス山脈に沿って 南北に細長く伸びる国です。ワイン用ぶどうの栽培に適した地域は、 南北ともに緯度30~50度に限られていますが、 南北に細長い国土を持つチリでは、 この適した範囲が1400kmも続いていることになります。 ぶどう栽培の中心地であるチリ中央部は、昼と夜の温度差が大きく、 冬に雨が集中し、春から夏にかけて長く乾燥した気候が続くという、 ぶどうの生育には最適の気候に恵まれています。   また、主要なワイン生産国の中でも、ぶどうに付く害虫(フィロキセラ)が 発生していない、数少ない国の一つと言われており、 そのおかげでチリのぶどう樹は接ぎ木の必要もなく、 ワインの品質の良さは昔から高い評価を受けていました。 「マンソ・デ・ヴェラスコ」のぶどう畑のように、 樹齢100年を超えるぶどう樹を持つことができるのもこのためです。 ◆飲み頃温度:10~12℃ ◆合う料理・チーズ:アペリティフとして、海老のチリソース、アサリのワイン蒸し、タコのガリシア風 ◆生産者:ミゲル・トーレス・マクサセック ◆コメント◆ 白い花やマスカットの魅惑的なアロマが印象的。 味わいにもフレッシュでフルーティーなマスカットの風味が広がり、 やわらかな酸と後味にはかすかな苦みが全体を引き締めています。 やや辛口の口当たりの良い白ワインです。 ミゲルトーレス チリ ディアスデヴェラーノ 2014 赤字超特価,本物保証

タクン レセルヴァ シャルドネ 2013 100%新品,最新作

エラスリスのエデュアルド・チャドウィックと 米国のロバート・モンダヴィの情熱が生み出した チリのスーパープレミアムワイン”セーニャ”。 チリ・アコンカグアのテロワールを見事に表現するこのワインは 世界のグランヴァンにも勝る評価を獲得しています。 ボルドー品種(カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー)に チリ固有品種カルメネールをブレンド。 2005年よりヴィオデナミ農法を導入しています。 ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラル・ヴァレー ◆ぶどう品種:シャルドネ ◆タイプ:白・辛口 ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆生産者:カリテラ ◆コメント◆ タクンとは南米マプチェ民族の言葉で 「エクリプス(月食・日食)」を意味します。 人々にとって月や太陽の満ち欠けが大切な祭り日であり、 ワインで祝ったといういわれにちなんで名づけられました。 爽やかなシトラスの香りにトロピカルフルーツの果実味が感じられ、 豊かでバランスのよい味わいをお楽しみいただけます。 タクン レセルヴァ シャルドネ 2013 100%新品,最新作

カッシェロデルディアブロ メルロー 2014 高品質,安い

■カッシェロ・デル・ディアブロは豊かなチリの畑から選ばれた ブドウで造られたプレミアムワイン。それぞれがブドウの品種の 特徴を充分に、そしてエレガントに表現しています。 カッシェロ・デル・ディアブロは、主要な醸造用ブドウ品種の 魅力とチリの大地の豊かさをお届けする、 12品目に渡るプレミアム・ブランドです。 コンチャ・イ・トロ社のワインに反映されている 「最高のワインを生み出すための情熱」は、 その歴史やチリの風土なくしては、語れません。 19世紀、スペインのコンチャ侯爵家は、ヨーロッパの人たちが 飲む高級ワインをチリで造ろうと、「新大陸」で 理想の土地を探し、ヨーロッパを超えるワインを造るという 夢に賭けたのです。 コンチャ家の情熱を担ってチリへやってきた人物こそ ドン・メルチョー氏、現在のコンチャ・イ・トロ社を起こした人物でした。 当初からの世界品質をめざすという高い理想を 実現可能にしたのが、チリの気候と風土。 太平洋近くまで山裾が迫ったアンデス山脈のおかげで、 チリのぶどう畑では病害虫の恐れが少なく、 過去ヨーロッパ全土のぶどう樹に壊滅的な打撃を与えた害虫 フィロキセラの難も受けませんでした。 そして晴天率の高い地中海型気候。これらはぶどうにとって、 ヨーロッパの各国がうらやむような理想的な条件でした。 ぶどう栽培に理想的な環境のチリに、コンチャ・イ・トロが 自社で保有する畑面積は、合計すると7,000ヘクタール以上で、 現在も拡大し続けています。 高品質ワインを造る条件と、それは良質なぶどうと優れた醸造技術。 この哲学に基づいてコンチャ・イ・トロ社では、栽培部門と 醸造部門が協力して、ぶどう品種ごとに最適な立地条件の畑を選択し、 畑を小さな区画に分け、畑の中にさらに畑をつくる“マッピング” という革新的なシステムを導入して、極めて良質のぶどうを生産しています。 しかも、ここでぶどう畑の管理・栽培にあたっているのは 計1,000人ものエキスパート・チーム。 こうして収穫された高品質のぶどうを伝統的な製法に従って処理し、 優秀なワインメーカー達が、世界的に定評のあるワインを生み出しています。 これら優れた栽培技術、醸造技術の融合によって、 コンチャ・イ・トロ社は、熱い情熱により生み出された 世界トップ水準のワインを、世界中のお客様へ届けているのです。 カッシェロ・デル・ディアブロは、 その昔、貯蔵してあったワインのあまりのおいしさから 盗みのみが絶えなかったため、創立者ドン・メルチョー氏が 『この蔵には悪魔が棲んでいる』という噂を流し、 その美酒を守ったという、『悪魔の蔵』の伝説を持つワイン。 デビルズ・コレクションは、カッシェロの畑でその年最高の 区画のブドウのみをブレンドして造った、 ワンランク上のプレミアム・ブレンドワインです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラル・ヴァレー、ラペル・ヴァレー ◆原産地呼称:D.O. ラペル・ヴァレー ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆ブドウ品種:メルロー ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:コンチャ・イ・トロ/Concha y Toro ◆テイスティング◆ 赤みの強い紫色。チェリーのアロマの中に リコリス、そこにアメリカンオーク樽由来のほのか ヴァニラやトフィーのような香りが溶け合います。 口当たりはなめらかで上品なフィニッシュ。 新鮮な黒い果実がこのワインのバランスを整えています。 ■2013ヴィンテージ:2014年インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション(IWSC)銀賞受賞! カッシェロデルディアブロ メルロー 2014 高品質,安い

コンチャイトロ フロンテラ カベルネソーヴィニヨン 375ml ハーフ 2本 高品質,安い

1883年、スペインの名門貴族コンチャ家のドン・メルチョー氏が、 世界有数のワイン銘醸地ボルドーからぶどう苗をチリへ持ち込み、 ぶどう栽培に最適な気候を持つマイポ・ヴァレーにぶどう畑を開拓し、 コンチャ・イ・トロの基礎を築きました。 家族経営から始まった事業は急速な成長を遂げ、品質面においても 自信を深めた同社は、本格的に輸出事業へ取り組むため、 1923年にはサンチャゴの株式市場に上場し、さらに規模を拡大。 1933年にはヨーロッパへの初の輸出ワインを ロッテルダム港へ荷揚げしました。 こうして世界への第一歩は踏み出されたのです。 1970年代以降、品質本位のポリシーに基づく路線を目指し、 1980年代には早くも全ての醸造システムに新技術を 取り入れてワイナリーの近代化に努めました。 チリ最高級の呼び名の高いワイン「ドン・メルチョー」の 初ヴィンテージは1987年。 この「ドン・メルチョー」は、 豪華客船クイーンエリザベス2世号のワインリストに オンメニューされるなど、同社の品質の高さを裏付けるように、 確固たる地位も築きました。 また、 1997年「シャトー ムートン・ロートシルト」で 有名なボルドーのバロン・フィリップ・ド・ロートシルト家 とのジョイント・ベンチャーを開始。 この提携によって1998年9月に「アルマヴィヴァ」が 発表されるや世界中で大絶賛。 1999年ワインスペクテーター誌がおこなった 世界18,000人の読者による人気投票では、 「南米のベストワイナリー」に選ばれています。 ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラル・ヴァレー ◆原産地呼称:D.O. セントラル・ヴァレー ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン ◆アルコール度数:12% ◆容量:375ml ハーフ 2本 ◆生産者:コンチャ・イ・トロ/Concha y Toro ◆テイスティング◆ ベリー系のフレッシュな黒い果実、 ミントと若干の青みを感じるアロマ。 口中はさわやかでいきいきとした酸味、 きめ細やかで熟したタンニン、そしてカベルネらしい 骨格があり、その全てがバランスよく溶け合っているために、 飲み疲れしないワインです。長く心地よい余韻をお楽しみ下さい。 ■2014年ベルリン・ワイン・トロフィー金賞受賞! コンチャイトロ フロンテラ カベルネソーヴィニヨン 375ml ハーフ 2本 高品質,安い

120 シェントベインテ オーガニックカルメネール お得,定番

2000ヘクタール以上の自社ぶどう畑を所有し、 レセルバ以上のワインに関しては全て自社ぶどうのみを 使用した製造を行っているチリ最大規模ワイナリーの1つです。 旗艦ブランドの120(シェント・ベインテ)はチリ建国の 歴史的エピソードにその語源を持ちます。スペインとの チリ独立戦争の際に、120人の兵士が、後にサンタ・リタ社の ワイナリーとなるワイン・セラーに立て篭もったという伝説が元になっています。 サンタ・リタ社名の由来は、15世紀のイタリアで「枯れた葡萄」を 蘇らせたという奇跡の逸話をもつキリスト教の聖者「サンタ・リタ」という女性です。 ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラル・ヴァレー又はマイポ・ヴァレー ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆ブドウ品種:カルメネール ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆飲み頃温度:14~16℃ ◆合う料理:焼肉、焼鳥(タレ)、ポークソテー ◆生産者:サンタ・リタ/Santa Rita ◆コメント◆ カシスやイチゴなど熟した果実、 ヴァニラやシナモン、黒胡椒などが感じられます。 あふれる果実味、しっかりとしたタンニンと バランスに優れた有機ワインです。 120 シェントベインテ オーガニックカルメネール お得,定番

カリテラ レセルヴァメルロー 2013 100%新品,最新作

エラスリスのエデュアルド・チャドウィックと 米国のロバート・モンダヴィの情熱が生み出した チリのスーパープレミアムワイン”セーニャ”。 チリ・アコンカグアのテロワールを見事に表現するこのワインは 世界のグランヴァンにも勝る評価を獲得しています。 ボルドー品種(カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー)に チリ固有品種カルメネールをブレンド。 2005年よりヴィオデナミ農法を導入しています。 ◆原産国:チリ ◆生産地:コルチャグア・ヴァレー ◆ぶどう品種:メルロー ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆生産者:カリテラ ◆コメント◆ “大地の品質”という名のチリワイン。 自社畑だから一本一本を最良の方法で育て、 丁寧に収穫したぶどうをワインにしました。 赤いチェリーや熟したプラムの豊かな果実味と、 やさしいタンニンを持つまろやかな味わいが心地よく広がります。 カリテラ レセルヴァメルロー 2013 100%新品,最新作

120 シェントベインテ ソーヴィニヨンブラン お得,定番

2000ヘクタール以上の自社ぶどう畑を所有し、 レセルバ以上のワインに関しては全て自社ぶどうのみを 使用した製造を行っているチリ最大規模ワイナリーの1つです。 旗艦ブランドの120(シェント・ベインテ)はチリ建国の 歴史的エピソードにその語源を持ちます。スペインとの チリ独立戦争の際に、120人の兵士が、後にサンタ・リタ社の ワイナリーとなるワイン・セラーに立て篭もったという伝説が元になっています。 サンタ・リタ社名の由来は、15世紀のイタリアで「枯れた葡萄」を 蘇らせたという奇跡の逸話をもつキリスト教の聖者「サンタ・リタ」という女性です。 ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラル・ヴァレー又はマイポ・ヴァレー ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆飲み頃温度:9~11℃ ◆合う料理:食前酒として、シーフード、パスタ、鶏肉料理 ◆生産者:サンタ・リタ/Santa Rita ◆コメント◆ ソーヴィニヨン・ブラン特有の ハーブの香りと共に、柑橘果実やピーチの フルーティーなアロマが感じられます。 フレッシュな味わいと余韻がより一層引き立っています。 120 シェントベインテ ソーヴィニヨンブラン お得,定番

コンチャイトロ フロンテラ カベルネソーヴィニヨン 1500ml マグナム 高品質,安い

1883年、スペインの名門貴族コンチャ家のドン・メルチョー氏が、 世界有数のワイン銘醸地ボルドーからぶどう苗をチリへ持ち込み、 ぶどう栽培に最適な気候を持つマイポ・ヴァレーにぶどう畑を開拓し、 コンチャ・イ・トロの基礎を築きました。 家族経営から始まった事業は急速な成長を遂げ、品質面においても 自信を深めた同社は、本格的に輸出事業へ取り組むため、 1923年にはサンチャゴの株式市場に上場し、さらに規模を拡大。 1933年にはヨーロッパへの初の輸出ワインを ロッテルダム港へ荷揚げしました。 こうして世界への第一歩は踏み出されたのです。 1970年代以降、品質本位のポリシーに基づく路線を目指し、 1980年代には早くも全ての醸造システムに新技術を 取り入れてワイナリーの近代化に努めました。 チリ最高級の呼び名の高いワイン「ドン・メルチョー」の 初ヴィンテージは1987年。 この「ドン・メルチョー」は、 豪華客船クイーンエリザベス2世号のワインリストに オンメニューされるなど、同社の品質の高さを裏付けるように、 確固たる地位も築きました。 また、 1997年「シャトー ムートン・ロートシルト」で 有名なボルドーのバロン・フィリップ・ド・ロートシルト家 とのジョイント・ベンチャーを開始。 この提携によって1998年9月に「アルマヴィヴァ」が 発表されるや世界中で大絶賛。 1999年ワインスペクテーター誌がおこなった 世界18,000人の読者による人気投票では、 「南米のベストワイナリー」に選ばれています。 ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラル・ヴァレー ◆原産地呼称:D.O. セントラル・ヴァレー ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン ◆アルコール度数:12% ◆容量:1500ml マグナム ◆生産者:コンチャ・イ・トロ/Concha y Toro ◆テイスティング◆ ベリー系のフレッシュな黒い果実、 ミントと若干の青みを感じるアロマ。 口中はさわやかでいきいきとした酸味、 きめ細やかで熟したタンニン、そしてカベルネらしい 骨格があり、その全てがバランスよく溶け合っているために、 飲み疲れしないワインです。長く心地よい余韻をお楽しみ下さい。 ■2014年ベルリン・ワイン・トロフィー金賞受賞! コンチャイトロ フロンテラ カベルネソーヴィニヨン 1500ml マグナム 高品質,安い

ミゲルトーレス チリ ラスムラス カベルネソーヴィニヨン 2012 赤字超特価,本物保証

※トーレスワインが輸入元三国ワイン様からエノテカ様に移行となります。 ※大変申し訳ございませんが販売休止とさせていただきます。 「名門トーレス家が造る、チリのプレステージワイン」 「ミゲル・トーレス チリ」は、スペインのバルセロナ近郊に、 個人所有としては生産量世界一を誇るワイナリーを持つ、 名門トーレス家により1979年に設立された、チリのワイナリーです。 チリの優れた品質のぶどうとトーレスの最新技術の融合により 生み出された「ミゲル・トーレス チリ」は 世界の有名レストランでも高く評価され、 チリのプレステージワインとして広く認識されています。 ●チリワインの歴史における重要な3日間● ●1548年 チリへの最初の植樹(フランシスコ・デ・カラヴァンテス) ●1851年 フランス原産種の導入(シルベストーレオチョガヴィア) ●1979年 最新鋭技術の導入(ミゲル A. トーレス) ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラルバレー ◆格付:D.O.セントラルバレー ◆タイプ:赤・ミディアムボディ・スティルワイン ◆ふどう品種:カベルネ・ソーヴィニヨン ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆栓(クロージャー):スクリュー ◆農法:オーガニック(IMO認定) ◆発酵:マロラクティック発酵、8日 ◆発酵温度:28℃ ◆熟成:フレンチオーク ◆産地詳細◆ チリは、南米の背骨と呼ばれるアンデス山脈に沿って 南北に細長く伸びる国です。ワイン用ぶどうの栽培に適した地域は、 南北ともに緯度30~50度に限られていますが、 南北に細長い国土を持つチリでは、 この適した範囲が1400kmも続いていることになります。 ぶどう栽培の中心地であるチリ中央部は、昼と夜の温度差が大きく、 冬に雨が集中し、春から夏にかけて長く乾燥した気候が続くという、 ぶどうの生育には最適の気候に恵まれています。   また、主要なワイン生産国の中でも、ぶどうに付く害虫(フィロキセラ)が 発生していない、数少ない国の一つと言われており、 そのおかげでチリのぶどう樹は接ぎ木の必要もなく、 ワインの品質の良さは昔から高い評価を受けていました。 「マンソ・デ・ヴェラスコ」のぶどう畑のように、 樹齢100年を超えるぶどう樹を持つことができるのもこのためです。 ◆飲み頃温度:16-18℃ ◆合う料理・チーズ:ステーキ、ミックスグリル、ミートパイ ◆生産者:ミゲル・トーレス・マクサセック ◆コメント◆ ブルーベリーやカシスなどの濃いベリーのアロマに、 ほのかにスパイシーな香りがアクセントになっています。 口当たりは滑らかで、凝縮された果実の味わいと まろやかなタンニンが口中に広がり、心地良い余韻が長く続きます。 ◆受賞・ポイント歴◆ ◆ムンダス・ヴィニ 2010 Germany 金メダル獲得!(ヴィンテージ 2008) ◆ワインエンスージアスト2010年9月号ベストバイ(ヴィンテージ 2008) ミゲルトーレス チリ ラスムラス カベルネソーヴィニヨン 2012 赤字超特価,本物保証

アルボレダ カベルネソーヴィニヨン 2013 100%新品,最新作

エラスリスのエデュアルド・チャドウィックと 米国のロバート・モンダヴィの情熱が生み出した チリのスーパープレミアムワイン”セーニャ”。 チリ・アコンカグアのテロワールを見事に表現する このワインは世界のグランヴァンにも勝る評価を獲得しています。 ボルドー品種(カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー)に チリ固有品種カルメネールをブレンド。2005年より ヴィオデナミ農法を導入しています。 ”世界最高級のカベルネの産地”として名を馳せるアコンカグア・ヴァレー。 130年前までは不毛の地と呼ばれたこの土地を見出し、 ワイン造りを推し進めてきたのが名門エラスリスです。 「アルボレダ」はアコンカグア・ヴァレーを中心とした 自社の単一畑ぶどうを使用。収穫量を抑え、凝縮した味わいの果実を 丁寧に手摘みして、オーク樽でじっくり熟成させたフルボディのワインです。 この豊かなテロワールを生かしたワイン造りは高く評価され、 「アルボレダ」は世界で最も権威あるとされるロンドンのIWSCにて ベスト・チリワイン・プロデューサー2006に、さらにIWCでは ワイナリー・オブ・ザ・イヤー2006の栄誉に輝きました。 「アルボレダ」の特徴的なペンタゴンラベルに描かれるのは、 ヴィンヤードに残された天然の木立(こだち)。 ネーミングの由来もここからきています。 ■受賞歴:IWSCにて チリワイン・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー2006を受賞! ◆原産国:チリ ◆生産地:アコンカグア・ヴァレー ◆格付け:D.O.アコンカグア・ヴァレー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆飲み頃温度:16~20℃ ◆合う料理:赤身肉の料理(和牛ステーキ、合鴨ロースト、牛肉の鉄板焼き) ◆ブランド名:アルボレダ ◆テイスティング◆ プラムやチェリーなどの赤い果実の香りに スパイスやチョコレートなどのエレガントな ニュアンスが加わります。 芳醇でしっかりした味わいのワインです。 アルボレダ カベルネソーヴィニヨン 2013 100%新品,最新作

ミゲルトーレス チリ 数量 コルディエラ シャルドネ 2012 赤字超特価,本物保証

※トーレスワインが輸入元三国ワイン様からエノテカ様に移行となります。 ※大変申し訳ございませんが販売休止とさせていただきます。 「名門トーレス家が造る、チリのプレステージワイン」 「ミゲル・トーレス チリ」は、スペインのバルセロナ近郊に、 個人所有としては生産量世界一を誇るワイナリーを持つ、 名門トーレス家により1979年に設立された、チリのワイナリーです。 チリの優れた品質のぶどうとトーレスの最新技術の融合により 生み出された「ミゲル・トーレス チリ」は 世界の有名レストランでも高く評価され、 チリのプレステージワインとして広く認識されています。 ●チリワインの歴史における重要な3日間● ●1548年 チリへの最初の植樹(フランシスコ・デ・カラヴァンテス) ●1851年 フランス原産種の導入(シルベストーレオチョガヴィア) ●1979年 最新鋭技術の導入(ミゲル A. トーレス) ◆原産国:チリ ◆生産地:リマリバレー ◆格付:D.O.リマリバレー ◆タイプ:白・辛口・スティルワイン ◆ふどう品種:シャルドネ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆発酵:18日 ◆発酵温度:18℃ ◆熟成:54%ヌヴェール産フレンチオーク、46%ステンレスタンク ◆産地詳細◆ チリは、南米の背骨と呼ばれるアンデス山脈に沿って 南北に細長く伸びる国です。ワイン用ぶどうの栽培に適した地域は、 南北ともに緯度30~50度に限られていますが、 南北に細長い国土を持つチリでは、 この適した範囲が1400kmも続いていることになります。 ぶどう栽培の中心地であるチリ中央部は、昼と夜の温度差が大きく、 冬に雨が集中し、春から夏にかけて長く乾燥した気候が続くという、 ぶどうの生育には最適の気候に恵まれています。   また、主要なワイン生産国の中でも、ぶどうに付く害虫(フィロキセラ)が 発生していない、数少ない国の一つと言われており、 そのおかげでチリのぶどう樹は接ぎ木の必要もなく、 ワインの品質の良さは昔から高い評価を受けていました。 「マンソ・デ・ヴェラスコ」のぶどう畑のように、 樹齢100年を超えるぶどう樹を持つことができるのもこのためです。 ◆飲み頃温度:8-14℃ ◆合う料理・チーズ:キャビア、スモークサーモン、シーフードプラッター、マスのムニエル ◆生産者:ミゲル・トーレス・マクサセック ◆コメント◆ 異なる特性を持つ単一ぶどう畑から収穫される、 3つのタイプのシャルドネに、香り高いヴィオニエをブレンド。 美しいスタイルを持ち、熟したフルーツのアロマと エレガントな酸味、そして長い余韻が感じられます。 ◆受賞・ポイント歴◆ ◆ソムリエワインアワード 2012 銅賞獲得!(ヴィンテージ 2011) ◆ワインズ オブ チリ コンペティション 金賞獲得!ベストホワイトワイン 2009(ヴィンテージ 2007) ◆チャレンジ・インターナショナル・デュ・ヴァン 2005 金メダル獲得!(ヴィンテージ 2003) ◆Cata d Or Hyatt 2002 金メダル獲得!(ヴィンテージ 2001) ◆ジャパン・ワイン・チャレンジ 2001 2冠達成!(ベストチリ、ゴールドメダル)(ヴィンテージ 2000) ◆Concurso Nacional de Vinos de Chile 2001 金メダル獲得!(ヴィンテージ 2000) ◆ワインズ オブ チリ コンペティション 金賞獲得!(ヴィンテージ 2007) ミゲルトーレス チリ 数量 コルディエラ シャルドネ 2012 赤字超特価,本物保証

アルボレダ カルメネール 2012 100%新品,最新作

●カルメネール…チリの新しい個性● 「カルメネール」は古くボルドー由来の品種で、 ボルドーではフィロキセラという害虫によってほぼ絶滅しました。 しかしチリでは、フィロキセラ前の 純粋なルーツのまま、今でも栽培されています。 完熟するのに豊富な日照量を必要とするため、 年間300日太陽がふりそそぐチリのぶどう産地で、 その魅力を花開かせました。 「カルメネール」の語源は「カルミネ」=深紅色。 カルメネールのワインに特徴的な濃く美しい深紅の 色調を意味するだけでなく、ぶとうの葉も成熟とともに 赤く色づくことから、この名前になったといわれています。 ●カルメネールの味わい● 自然な甘味のやさしい味わいで、 深みがありながらも渋みを感じさせない、 飲みやすさが特徴です。 「チリらしい個性のあるものが飲みたい」 「ワインが好きで色々な品種を試してみたい」 「ワインの渋みやタンニンが苦手だけど、 赤ワインが好き」という方に特におすすめです。 エラスリスのエデュアルド・チャドウィックと 米国のロバート・モンダヴィの情熱が生み出した チリのスーパープレミアムワイン”セーニャ”。 チリ・アコンカグアのテロワールを見事に表現する このワインは世界のグランヴァンにも勝る評価を獲得しています。 ボルドー品種(カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー)に チリ固有品種カルメネールをブレンド。2005年より ヴィオデナミ農法を導入しています。 ”世界最高級のカベルネの産地”として名を馳せるアコンカグア・ヴァレー。 130年前までは不毛の地と呼ばれたこの土地を見出し、 ワイン造りを推し進めてきたのが名門エラスリスです。 「アルボレダ」はアコンカグア・ヴァレーを中心とした 自社の単一畑ぶどうを使用。収穫量を抑え、凝縮した味わいの果実を 丁寧に手摘みして、オーク樽でじっくり熟成させたフルボディのワインです。 この豊かなテロワールを生かしたワイン造りは高く評価され、 「アルボレダ」は世界で最も権威あるとされるロンドンのIWSCにて ベスト・チリワイン・プロデューサー2006に、さらにIWCでは ワイナリー・オブ・ザ・イヤー2006の栄誉に輝きました。 「アルボレダ」の特徴的なペンタゴンラベルに描かれるのは、 ヴィンヤードに残された天然の木立(こだち)。 ネーミングの由来もここからきています。 ■受賞歴:IWSCにて チリワイン・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー2006を受賞! ◆原産国:チリ ◆生産地:アコンカグア・ヴァレー ◆格付け:D.O.アコンカグア・ヴァレー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カルメネール ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆飲み頃温度:16~20℃ ◆合う料理:赤身肉の料理(牛肉の赤ワイン煮込み、八角を効かせた豚の角煮) ◆ブランド名:アルボレダ ◆テイスティング◆ クローヴやシナモン、紅茶などの 複雑な香りと豊かな果実味が調和し、 ヴァニラやカカオのフレーヴァーが 余韻をエレガントに仕上げます。 アルボレダ カルメネール 2012 100%新品,最新作

ミゲルトーレス チリ 数量 コルディエラ カリニャン 2009 赤字超特価,本物保証

※トーレスワインが輸入元三国ワイン様からエノテカ様に移行となります。 ※大変申し訳ございませんが販売休止とさせていただきます。 「名門トーレス家が造る、チリのプレステージワイン」 「ミゲル・トーレス チリ」は、スペインのバルセロナ近郊に、 個人所有としては生産量世界一を誇るワイナリーを持つ、 名門トーレス家により1979年に設立された、チリのワイナリーです。 チリの優れた品質のぶどうとトーレスの最新技術の融合により 生み出された「ミゲル・トーレス チリ」は 世界の有名レストランでも高く評価され、 チリのプレステージワインとして広く認識されています。 ●チリワインの歴史における重要な3日間● ●1548年 チリへの最初の植樹(フランシスコ・デ・カラヴァンテス) ●1851年 フランス原産種の導入(シルベストーレオチョガヴィア) ●1979年 最新鋭技術の導入(ミゲル A. トーレス) ◆原産国:チリ ◆生産地:マウレバレー ◆格付:D.O.マウレバレー ◆タイプ:赤・フルボディ・スティルワイン ◆ふどう品種:カリニャン ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆発酵:7日 ◆発酵温度:26℃ ◆熟成:フレンチオーク新樽30%、2年樽70% ◆産地詳細◆ チリは、南米の背骨と呼ばれる アンデス山脈に沿って南北に細長く伸びる国です。 ワイン用ぶどうの栽培に適した地域は、南北ともに 緯度30-50度に限られていますが、 南北に細長い国土を持つチリでは、この適した範囲が 1400kmも続いていることになります。   ぶどう栽培の中心地であるチリ中央部は、昼と夜の温度差が大きく、 冬に雨が集中し、春から夏にかけて長く乾燥した気候が続くという、 ぶどうの生育には最適の気候に恵まれています。 また、主要なワイン生産国の中でも、 ぶどうに付く害虫(フィロキセラ)が発生していません。 ◆飲み頃温度:16-20℃ ◆合う料理・チーズ:香りの強めのチーズや、パテ、鴨のコンフィ、ローストビーフ、ラム、フォアグラなど ◆生産者:ミゲル・トーレス・マクサセック ◆コメント◆ スペイン語で「山脈」という意味を持つコルディエラは、 アンデス山脈近くの標高の高い渓谷のカリニャンの古木、 シラー、メルロー、それぞれの品種が持つ特徴を活かした 力強く、長い余韻のワインです。 ◆受賞・ポイント歴◆ ◆ワインエンスージアスト誌 90ポイント獲得!(ヴィンテージ 2009) ◆デキャンターワールドワインアワード2011(チリ)銅賞獲得!(ヴィンテージ 2008) ◆スティーブン・タンザー IWC(International Wine Cellar)(ヴィンテージ 2008) ◆チャレンジ インターナショナル デュ ヴァン 2001 ◆Gold Medal Japan International Wine Challenge 2001(ヴィンテージ 1999) ◆Gold Medal Thessaloniki International Wine Competition Greece 2004(ヴィンテージ 2000) ミゲルトーレス チリ 数量 コルディエラ カリニャン 2009 赤字超特価,本物保証

カッシェロデルディアブロ デビルズコレクション レッド 2014 高品質,安い

■カッシェロ・デル・ディアブロは豊かなチリの畑から選ばれた ブドウで造られたプレミアムワイン。それぞれがブドウの品種の 特徴を充分に、そしてエレガントに表現しています。 カッシェロ・デル・ディアブロは、主要な醸造用ブドウ品種の 魅力とチリの大地の豊かさをお届けする、 12品目に渡るプレミアム・ブランドです。 コンチャ・イ・トロ社のワインに反映されている 「最高のワインを生み出すための情熱」は、 その歴史やチリの風土なくしては、語れません。 19世紀、スペインのコンチャ侯爵家は、ヨーロッパの人たちが 飲む高級ワインをチリで造ろうと、「新大陸」で 理想の土地を探し、ヨーロッパを超えるワインを造るという 夢に賭けたのです。 コンチャ家の情熱を担ってチリへやってきた人物こそ ドン・メルチョー氏、現在のコンチャ・イ・トロ社を起こした人物でした。 当初からの世界品質をめざすという高い理想を 実現可能にしたのが、チリの気候と風土。 太平洋近くまで山裾が迫ったアンデス山脈のおかげで、 チリのぶどう畑では病害虫の恐れが少なく、 過去ヨーロッパ全土のぶどう樹に壊滅的な打撃を与えた害虫 フィロキセラの難も受けませんでした。 そして晴天率の高い地中海型気候。これらはぶどうにとって、 ヨーロッパの各国がうらやむような理想的な条件でした。 ぶどう栽培に理想的な環境のチリに、コンチャ・イ・トロが 自社で保有する畑面積は、合計すると7,000ヘクタール以上で、 現在も拡大し続けています。 高品質ワインを造る条件と、それは良質なぶどうと優れた醸造技術。 この哲学に基づいてコンチャ・イ・トロ社では、栽培部門と 醸造部門が協力して、ぶどう品種ごとに最適な立地条件の畑を選択し、 畑を小さな区画に分け、畑の中にさらに畑をつくる“マッピング” という革新的なシステムを導入して、極めて良質のぶどうを生産しています。 しかも、ここでぶどう畑の管理・栽培にあたっているのは 計1,000人ものエキスパート・チーム。 こうして収穫された高品質のぶどうを伝統的な製法に従って処理し、 優秀なワインメーカー達が、世界的に定評のあるワインを生み出しています。 これら優れた栽培技術、醸造技術の融合によって、 コンチャ・イ・トロ社は、熱い情熱により生み出された 世界トップ水準のワインを、世界中のお客様へ届けているのです。 カッシェロ・デル・ディアブロは、 その昔、貯蔵してあったワインのあまりのおいしさから 盗みのみが絶えなかったため、創立者ドン・メルチョー氏が 『この蔵には悪魔が棲んでいる』という噂を流し、 その美酒を守ったという、『悪魔の蔵』の伝説を持つワイン。 デビルズ・コレクションは、カッシェロの畑でその年最高の 区画のブドウのみをブレンドして造った、 ワンランク上のプレミアム・ブレンドワインです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:ラペル・ヴァレー、マイポ・ヴァレー ◆原産地呼称:D.O. ラペル・ヴァレー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆土壌:川岸、丘陵を構成する棚と麓に関連した土壌 ◆熟成:フレンチとアメリカンのオーク樽で9ヶ月 ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆食事との相性:赤みの肉はもちろん、ジビエにもよく合います。 ◆生産者:コンチャ・イ・トロ/Concha y Toro ◆テイスティング◆ 深く濃い紫色。熟したブラックベリーや 黒スグリの濃縮した香りと、チョコレートや杉の香り。 口中一杯に広がる、柔らかく甘いタンニン。 強い香りといきいきとした酸が、 最後まで心地よいバランスを保ちます。 熟した果実感とエレガンスが、 グラスの中で同居するワインです。 ■2013ヴィンテージ:2014年インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション(IWSC)銀賞受賞! ■2014ヴィンテージ:2015年インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)銀賞受賞! カッシェロデルディアブロ デビルズコレクション レッド 2014 高品質,安い

ビニャ マイポ ソーヴィニヨンブラン レセルバ ビトラル 白 得価,低価

ビニャとは、スペイン語で「ぶどう畑」という意味。 マイポというのは地名で、チリの先住民マプチェ族の言葉で 「耕された大地」という意味を持っています。 古くから、豊かな恵みを生む土地とも呼ばれていました。 そんな特別な土地を中心に広がる「マイポ ヴァレー」で、 1948年に私たちのワインづくりは始まりました。 手頃な価格で良質な味わいを楽しめるチリワインの中でも、 その代表的な産地として注目を集めているマイポ ヴァレー。 ◆フランスワインと言えば、ボルドー!チリワインと言えば、マイポ!◆ 今では、そう語るワイン通も多くいるとか。 この場所で生まれたワイナリーは数多くあるのですが、 その中で「マイポ」という名前がついているブランドは世界でただひとつ。 ビニャ マイポだけです。ふしぎな名前でありながら、 飲んだ人を満足させる豊かな味わい。そのおいしさは、 今では世界中へと広がっているのです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:カサブランカ・ヴァレー ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン ◆アルコール度数:14%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:ビニャ マイポ社 ◆テイスティング◆ 爽やかさと程よい酸味の白ワインを生む品種。 柑橘系の香りが広がって、フレッシュな味わい。 ビニャ マイポ ソーヴィニヨンブラン レセルバ ビトラル 白 得価,低価

カッシェロデルディアブロ シャルドネ 2015 高品質,安い

■カッシェロ・デル・ディアブロは豊かなチリの畑から選ばれた ブドウで造られたプレミアムワイン。それぞれがブドウの品種の 特徴を充分に、そしてエレガントに表現しています。 カッシェロ・デル・ディアブロは、主要な醸造用ブドウ品種の 魅力とチリの大地の豊かさをお届けする、 12品目に渡るプレミアム・ブランドです。 コンチャ・イ・トロ社のワインに反映されている 「最高のワインを生み出すための情熱」は、 その歴史やチリの風土なくしては、語れません。 19世紀、スペインのコンチャ侯爵家は、ヨーロッパの人たちが 飲む高級ワインをチリで造ろうと、「新大陸」で 理想の土地を探し、ヨーロッパを超えるワインを造るという 夢に賭けたのです。 コンチャ家の情熱を担ってチリへやってきた人物こそ ドン・メルチョー氏、現在のコンチャ・イ・トロ社を起こした人物でした。 当初からの世界品質をめざすという高い理想を 実現可能にしたのが、チリの気候と風土。 太平洋近くまで山裾が迫ったアンデス山脈のおかげで、 チリのぶどう畑では病害虫の恐れが少なく、 過去ヨーロッパ全土のぶどう樹に壊滅的な打撃を与えた害虫 フィロキセラの難も受けませんでした。 そして晴天率の高い地中海型気候。これらはぶどうにとって、 ヨーロッパの各国がうらやむような理想的な条件でした。 ぶどう栽培に理想的な環境のチリに、コンチャ・イ・トロが 自社で保有する畑面積は、合計すると7,000ヘクタール以上で、 現在も拡大し続けています。 高品質ワインを造る条件と、それは良質なぶどうと優れた醸造技術。 この哲学に基づいてコンチャ・イ・トロ社では、栽培部門と 醸造部門が協力して、ぶどう品種ごとに最適な立地条件の畑を選択し、 畑を小さな区画に分け、畑の中にさらに畑をつくる“マッピング” という革新的なシステムを導入して、極めて良質のぶどうを生産しています。 しかも、ここでぶどう畑の管理・栽培にあたっているのは 計1,000人ものエキスパート・チーム。 こうして収穫された高品質のぶどうを伝統的な製法に従って処理し、 優秀なワインメーカー達が、世界的に定評のあるワインを生み出しています。 これら優れた栽培技術、醸造技術の融合によって、 コンチャ・イ・トロ社は、熱い情熱により生み出された 世界トップ水準のワインを、世界中のお客様へ届けているのです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:アコンカグア カサブランカ・ヴァレー ◆原産地呼称:D.O. カサブランカ・ヴァレー ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:コンチャ・イ・トロ/Concha y Toro ◆テイスティング◆ ゴールドの輝きのある青みがかったグリーンイエロー。 果実らしさが存分に見られるフレッシュな始まりで パイナップルやモモのアロマにフレンチオーク由来の ヘーゼルナッツが感じられます。 新鮮でいきいきとした酸がバランス良く、 しっかりとした構成のワイン。最後に洋梨や白桃の 繊細なヒントがトースト香とともに見つかります。 ■2013ヴィンテージ:2014年インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)銅賞受賞! ■2011ヴィンテージ:2012年インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション(IWSC)銀賞受賞! カッシェロデルディアブロ シャルドネ 2015 高品質,安い

カリテラレセルヴァシャルドネ 375ml 2本 2014 100%新品,最新作

エラスリスのエデュアルド・チャドウィックと 米国のロバート・モンダヴィの情熱が生み出した チリのスーパープレミアムワイン”セーニャ”。 チリ・アコンカグアのテロワールを見事に表現するこのワインは 世界のグランヴァンにも勝る評価を獲得しています。 ボルドー品種(カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー)に チリ固有品種カルメネールをブレンド。 2005年よりヴィオデナミ農法を導入しています。 ◆原産国:チリ ◆生産地:クリコ・ヴァレー ◆ぶどう品種:シャルドネ ◆タイプ:白・辛口 ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:375ml・2本 ◆生産者:カリテラ ◆コメント◆ “大地の品質”という名のチリワイン。 自社畑だから一本一本を最良の方法で育て、 丁寧に収穫したぶどうをワインにしました。 トロピカル・フルーツやアプリコットのアロマが広がり、 爽やかな酸味と程よいコク、ミネラル感がバランス良く調和しています。 カリテラレセルヴァシャルドネ 375ml 2本 2014 100%新品,最新作

ビニャ マイポ バラエタル ソーヴィニヨンブラン 得価,低価

ビニャとは、スペイン語で「ぶどう畑」という意味。 マイポというのは地名で、チリの先住民マプチェ族の言葉で 「耕された大地」という意味を持っています。 古くから、豊かな恵みを生む土地とも呼ばれていました。 そんな特別な土地を中心に広がる「マイポ ヴァレー」で、 1948年に私たちのワインづくりは始まりました。 手頃な価格で良質な味わいを楽しめるチリワインの中でも、 その代表的な産地として注目を集めているマイポ ヴァレー。 ◆フランスワインと言えば、ボルドー!チリワインと言えば、マイポ!◆ 今では、そう語るワイン通も多くいるとか。 この場所で生まれたワイナリーは数多くあるのですが、 その中で「マイポ」という名前がついているブランドは世界でただひとつ。 ビニャ マイポだけです。ふしぎな名前でありながら、 飲んだ人を満足させる豊かな味わい。そのおいしさは、 今では世界中へと広がっているのです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラル・ヴァレー ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン ◆アルコール度数:14%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:ビニャ マイポ社 ◆テイスティング◆ 桃やりんごを思わせる、 フルーティーですっきりとした香り。 柑橘系フルーツのような爽やかな酸味も感じられます。 魚介類を使った前菜など、さっぱりとした味わいの料理と。 ビニャ マイポ バラエタル ソーヴィニヨンブラン 得価,低価

カッシェロデルディアブロ ピノグリージョ 2014 高品質,安い

■カッシェロ・デル・ディアブロは豊かなチリの畑から選ばれた ブドウで造られたプレミアムワイン。それぞれがブドウの品種の 特徴を充分に、そしてエレガントに表現しています。 カッシェロ・デル・ディアブロは、主要な醸造用ブドウ品種の 魅力とチリの大地の豊かさをお届けする、 12品目に渡るプレミアム・ブランドです。 コンチャ・イ・トロ社のワインに反映されている 「最高のワインを生み出すための情熱」は、 その歴史やチリの風土なくしては、語れません。 19世紀、スペインのコンチャ侯爵家は、ヨーロッパの人たちが 飲む高級ワインをチリで造ろうと、「新大陸」で 理想の土地を探し、ヨーロッパを超えるワインを造るという 夢に賭けたのです。 コンチャ家の情熱を担ってチリへやってきた人物こそ ドン・メルチョー氏、現在のコンチャ・イ・トロ社を起こした人物でした。 当初からの世界品質をめざすという高い理想を 実現可能にしたのが、チリの気候と風土。 太平洋近くまで山裾が迫ったアンデス山脈のおかげで、 チリのぶどう畑では病害虫の恐れが少なく、 過去ヨーロッパ全土のぶどう樹に壊滅的な打撃を与えた害虫 フィロキセラの難も受けませんでした。 そして晴天率の高い地中海型気候。これらはぶどうにとって、 ヨーロッパの各国がうらやむような理想的な条件でした。 ぶどう栽培に理想的な環境のチリに、コンチャ・イ・トロが 自社で保有する畑面積は、合計すると7,000ヘクタール以上で、 現在も拡大し続けています。 高品質ワインを造る条件と、それは良質なぶどうと優れた醸造技術。 この哲学に基づいてコンチャ・イ・トロ社では、栽培部門と 醸造部門が協力して、ぶどう品種ごとに最適な立地条件の畑を選択し、 畑を小さな区画に分け、畑の中にさらに畑をつくる“マッピング” という革新的なシステムを導入して、極めて良質のぶどうを生産しています。 しかも、ここでぶどう畑の管理・栽培にあたっているのは 計1,000人ものエキスパート・チーム。 こうして収穫された高品質のぶどうを伝統的な製法に従って処理し、 優秀なワインメーカー達が、世界的に定評のあるワインを生み出しています。 これら優れた栽培技術、醸造技術の融合によって、 コンチャ・イ・トロ社は、熱い情熱により生み出された 世界トップ水準のワインを、世界中のお客様へ届けているのです。 カッシェロ・デル・ディアブロは、 その昔、貯蔵してあったワインのあまりのおいしさから 盗みのみが絶えなかったため、創立者ドン・メルチョー氏が 『この蔵には悪魔が棲んでいる』という噂を流し、 その美酒を守ったという、『悪魔の蔵』の伝説を持つワイン。 デビルズ・コレクションは、カッシェロの畑でその年最高の 区画のブドウのみをブレンドして造った、 ワンランク上のプレミアム・ブレンドワインです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:コキンボ、リマリ・ヴァレー ◆原産地呼称:D.O. リマリ・ヴァレー ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:ピノ・グリージョ ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:コンチャ・イ・トロ/Concha y Toro ◆テイスティング◆ 色調はクリーンで明るい緑がかった麦わら色。 フレッシュで上品な洋ナシのアロマが感じられます。 しなやかな中にいきいきとした酸が心地よいワインです。 カッシェロデルディアブロ ピノグリージョ 2014 高品質,安い

コンチャイトロ フロンテラ シャルドネ 高品質,安い

1883年、スペインの名門貴族コンチャ家のドン・メルチョー氏が、 世界有数のワイン銘醸地ボルドーからぶどう苗をチリへ持ち込み、 ぶどう栽培に最適な気候を持つマイポ・ヴァレーにぶどう畑を開拓し、 コンチャ・イ・トロの基礎を築きました。 家族経営から始まった事業は急速な成長を遂げ、品質面においても 自信を深めた同社は、本格的に輸出事業へ取り組むため、 1923年にはサンチャゴの株式市場に上場し、さらに規模を拡大。 1933年にはヨーロッパへの初の輸出ワインを ロッテルダム港へ荷揚げしました。 こうして世界への第一歩は踏み出されたのです。 1970年代以降、品質本位のポリシーに基づく路線を目指し、 1980年代には早くも全ての醸造システムに新技術を 取り入れてワイナリーの近代化に努めました。 チリ最高級の呼び名の高いワイン「ドン・メルチョー」の 初ヴィンテージは1987年。 この「ドン・メルチョー」は、 豪華客船クイーンエリザベス2世号のワインリストに オンメニューされるなど、同社の品質の高さを裏付けるように、 確固たる地位も築きました。 また、 1997年「シャトー ムートン・ロートシルト」で 有名なボルドーのバロン・フィリップ・ド・ロートシルト家 とのジョイント・ベンチャーを開始。 この提携によって1998年9月に「アルマヴィヴァ」が 発表されるや世界中で大絶賛。 1999年ワインスペクテーター誌がおこなった 世界18,000人の読者による人気投票では、 「南米のベストワイナリー」に選ばれています。 ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラル・ヴァレー ◆原産地呼称:D.O. セントラル・ヴァレー ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆生産者:コンチャ・イ・トロ/Concha y Toro ◆テイスティング◆ 熟したグレープフルーツ、アプリコット、 トロピカルフルーツ、パイナップル、ナッツ、 白桃、くるみ、ミネラル香と若干のスモーク香等、 複雑で芳醇なアロマ。 口中はふくよかでフレッシュ。 リッチな果実味とクリーンな透明感が同居し、 食マッチがしやすい辛口ワインです。 ■2015年チャレンジ・インターナショナル・デュ・ヴァン(仏)銅賞受賞! ■2014年インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション(IWSC)銅賞受賞! ■2014年インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)銅賞受賞! コンチャイトロ フロンテラ シャルドネ 高品質,安い

ラポストール カサ シャルドネ 2012 人気SALE,定番人気

◆チリの大地とフレンチエレガンスの結晶◆ 世界的に有名なリキュール、グラン マルニエの創設者の曾孫、 アレクサンドラ マルニエ氏。 ラポストールは、チリのコルチャグアの地に 1994年ラポストールを設立しました。 世界的なワイン コンサルタント、ミッシェル ロランの監修のもと、 マルニエ家に代々伝わるフランスのワイン造りの経験と伝統、 チリの完璧なテロワールを活かした、 妥協のない品質を追及した世界に通用するワインを造っています。 樹齢が古く、しかも接木を必要としない健全な葡萄の樹と 理想的な気候が生み出すワインは、ワールドクラスの完成された味わいです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:コルチャグア・ヴァレー ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ100% ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆生産者:ラポストール ◆テイスティング◆ パパイヤやマンゴーのエキゾチックな果実味に、 心地よい酸味とミネラルが絡みあい、 オーク樽熟成に由来するほのかな甘みやスパイスが 複雑な味わいを引き立てています。 ラポストール カサ シャルドネ 2012 人気SALE,定番人気

コンチャイトロ フロンテラ シャルドネ 1500ml マグナム 高品質,安い

1883年、スペインの名門貴族コンチャ家のドン・メルチョー氏が、 世界有数のワイン銘醸地ボルドーからぶどう苗をチリへ持ち込み、 ぶどう栽培に最適な気候を持つマイポ・ヴァレーにぶどう畑を開拓し、 コンチャ・イ・トロの基礎を築きました。 家族経営から始まった事業は急速な成長を遂げ、品質面においても 自信を深めた同社は、本格的に輸出事業へ取り組むため、 1923年にはサンチャゴの株式市場に上場し、さらに規模を拡大。 1933年にはヨーロッパへの初の輸出ワインを ロッテルダム港へ荷揚げしました。 こうして世界への第一歩は踏み出されたのです。 1970年代以降、品質本位のポリシーに基づく路線を目指し、 1980年代には早くも全ての醸造システムに新技術を 取り入れてワイナリーの近代化に努めました。 チリ最高級の呼び名の高いワイン「ドン・メルチョー」の 初ヴィンテージは1987年。 この「ドン・メルチョー」は、 豪華客船クイーンエリザベス2世号のワインリストに オンメニューされるなど、同社の品質の高さを裏付けるように、 確固たる地位も築きました。 また、 1997年「シャトー ムートン・ロートシルト」で 有名なボルドーのバロン・フィリップ・ド・ロートシルト家 とのジョイント・ベンチャーを開始。 この提携によって1998年9月に「アルマヴィヴァ」が 発表されるや世界中で大絶賛。 1999年ワインスペクテーター誌がおこなった 世界18,000人の読者による人気投票では、 「南米のベストワイナリー」に選ばれています。 ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラル・ヴァレー ◆原産地呼称:D.O. セントラル・ヴァレー ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:13% ◆容量:1500ml マグナム ◆生産者:コンチャ・イ・トロ/Concha y Toro ◆テイスティング◆ 熟したグレープフルーツ、アプリコット、 トロピカルフルーツ、パイナップル、ナッツ、 白桃、くるみ、ミネラル香と若干のスモーク香等、 複雑で芳醇なアロマ。 口中はふくよかでフレッシュ。 リッチな果実味とクリーンな透明感が同居し、 食マッチがしやすい辛口ワインです。 ■2015年チャレンジ・インターナショナル・デュ・ヴァン(仏)銅賞受賞! ■2014年インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション(IWSC)銅賞受賞! ■2014年インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)銅賞受賞! コンチャイトロ フロンテラ シャルドネ 1500ml マグナム 高品質,安い

ビニャ マイポ レセルバ ビトラル シラー 2013 得価,低価

ビニャとは、スペイン語で「ぶどう畑」という意味。 マイポというのは地名で、チリの先住民マプチェ族の言葉で 「耕された大地」という意味を持っています。 古くから、豊かな恵みを生む土地とも呼ばれていました。 そんな特別な土地を中心に広がる「マイポ ヴァレー」で、 1948年に私たちのワインづくりは始まりました。 手頃な価格で良質な味わいを楽しめるチリワインの中でも、 その代表的な産地として注目を集めているマイポ ヴァレー。 ◆フランスワインと言えば、ボルドー!チリワインと言えば、マイポ!◆ 今では、そう語るワイン通も多くいるとか。 この場所で生まれたワイナリーは数多くあるのですが、 その中で「マイポ」という名前がついているブランドは世界でただひとつ。 ビニャ マイポだけです。ふしぎな名前でありながら、 飲んだ人を満足させる豊かな味わい。そのおいしさは、 今では世界中へと広がっているのです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:ラペル・ヴァレー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:シラー ◆アルコール度数:14%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:ビニャ マイポ社 ◆テイスティング◆ ビニャ マイポ社の主力品種、 シラー種を使用しました。 熟したプラムを思わせる香りに加え、柔らかな タンニンとしっかりとした味わいのバランスの良さが特長です。 ビニャ マイポ レセルバ ビトラル シラー 2013 得価,低価

カッシェロデルディアブロ カルメネール 2014 高品質,安い

●カルメネール…チリの新しい個性● 「カルメネール」は古くボルドー由来の品種で、 ボルドーではフィロキセラという害虫によってほぼ絶滅しました。 しかしチリでは、フィロキセラ前の 純粋なルーツのまま、今でも栽培されています。 完熟するのに豊富な日照量を必要とするため、 年間300日太陽がふりそそぐチリのぶどう産地で、 その魅力を花開かせました。 「カルメネール」の語源は「カルミネ」=深紅色。 カルメネールのワインに特徴的な濃く美しい深紅の 色調を意味するだけでなく、ぶとうの葉も成熟とともに 赤く色づくことから、この名前になったといわれています。 ●カルメネールの味わい● 自然な甘味のやさしい味わいで、 深みがありながらも渋みを感じさせない、 飲みやすさが特徴です。 「チリらしい個性のあるものが飲みたい」 「ワインが好きで色々な品種を試してみたい」 「ワインの渋みやタンニンが苦手だけど、 赤ワインが好き」という方に特におすすめです。 ■カッシェロ・デル・ディアブロは豊かなチリの畑から選ばれた ブドウで造られたプレミアムワイン。それぞれがブドウの品種の 特徴を充分に、そしてエレガントに表現しています。 カッシェロ・デル・ディアブロは、主要な醸造用ブドウ品種の 魅力とチリの大地の豊かさをお届けする、 12品目に渡るプレミアム・ブランドです。 コンチャ・イ・トロ社のワインに反映されている 「最高のワインを生み出すための情熱」は、 その歴史やチリの風土なくしては、語れません。 19世紀、スペインのコンチャ侯爵家は、ヨーロッパの人たちが 飲む高級ワインをチリで造ろうと、「新大陸」で 理想の土地を探し、ヨーロッパを超えるワインを造るという 夢に賭けたのです。 コンチャ家の情熱を担ってチリへやってきた人物こそ ドン・メルチョー氏、現在のコンチャ・イ・トロ社を起こした人物でした。 当初からの世界品質をめざすという高い理想を 実現可能にしたのが、チリの気候と風土。 太平洋近くまで山裾が迫ったアンデス山脈のおかげで、 チリのぶどう畑では病害虫の恐れが少なく、 過去ヨーロッパ全土のぶどう樹に壊滅的な打撃を与えた害虫 フィロキセラの難も受けませんでした。 そして晴天率の高い地中海型気候。これらはぶどうにとって、 ヨーロッパの各国がうらやむような理想的な条件でした。 ぶどう栽培に理想的な環境のチリに、コンチャ・イ・トロが 自社で保有する畑面積は、合計すると7,000ヘクタール以上で、 現在も拡大し続けています。 高品質ワインを造る条件と、それは良質なぶどうと優れた醸造技術。 この哲学に基づいてコンチャ・イ・トロ社では、栽培部門と 醸造部門が協力して、ぶどう品種ごとに最適な立地条件の畑を選択し、 畑を小さな区画に分け、畑の中にさらに畑をつくる“マッピング” という革新的なシステムを導入して、極めて良質のぶどうを生産しています。 しかも、ここでぶどう畑の管理・栽培にあたっているのは 計1,000人ものエキスパート・チーム。 こうして収穫された高品質のぶどうを伝統的な製法に従って処理し、 優秀なワインメーカー達が、世界的に定評のあるワインを生み出しています。 これら優れた栽培技術、醸造技術の融合によって、 コンチャ・イ・トロ社は、熱い情熱により生み出された 世界トップ水準のワインを、世界中のお客様へ届けているのです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:ラペル・ヴァレー ◆原産地呼称:D.O. ラペル・ヴァレー ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆ブドウ品種:カルメネール ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:コンチャ・イ・トロ/Concha y Toro ◆テイスティング◆ 深く濃い紫色。プラムや黒スグリなどの 芳醇なアロマに、アメリカンオーク由来の ダークチョコレートやコーヒーのような トースト香のヒントが感じられます。 カルメネールらしい、プラム、スパイスの味わいが オーク香に包まれた、なめらかでバランスの良いワインです。 ■2013ヴィンテージ:2014年インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション(IWSC)銅賞受賞! カッシェロデルディアブロ カルメネール 2014 高品質,安い