ドメーヌ ドルーアン オレゴン(生産者)

ドメーヌドルーアン オレゴン シャルドネ 2011 赤字超特価,驚きの破格値,HOT

◆「ブルゴーニュが認めたオレゴンの実力」 ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンは、1988年に アメリカ オレゴン州のウィラメットバレーに、ジョゼフ・ドルーアンが 設立したワイナリーです。 ドルーアン・ファミリーの長女ヴェロニクが、ワインメーカーを努め、 本家ブルゴーニュのドルーアンのポリシーを受け継ぎ、異国の地で 素晴らしいワインを造っています。 近年このワインは、ホワイトハウスで各国の要人を迎える晩餐会に 頻繁に登場し、新しいドルーアンワインをオレゴンから世界に披露しています。 ワイン用ぶどうの栽培地域として、オレゴンはピノ・ノアールの栽培に、 特に気候の面で大変適した土地です。 昼間はおだやかで、夜は大変涼しくなる理想的な気候のもとで、 オレゴンのぶどうはその本来の特性を最大限に発揮し、 ワインは卓越したフィネスを持つものになります。 ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンの自社ぶどう畑は、 ポートランドの南西約50kmに位置する、 ウィラメットバレーの「レッド・ヒル」の南側斜面にあります。 現在、125エーカーの農地のうち、85エーカーにぶどう樹が植えられています。 主な品種はピノ・ノアールで、1998年には、1996年ヴィンテージの 「ドメーヌ・ドルーアン・オレゴン・シャルドネ」がリリースされました。 ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンでは、 クローンの選択、植樹密度、土の耕し方まで徹底的にこだわっています。 特筆すべきなのは、全米ではないにしろ、少なくともオレゴンにおいては最高密度の 密集栽培を行っていることで、1エーカーあたり3110本 (1ヘクタールあたり7700本)のぶどう樹を植えています。 目を見張る景観の中に統合されたワイナリーの建物は、 「グラヴィティ・フロー」を徹底的に追求した造りになっており、 地上1階、地下7階の、合計8階層に造られています。 1988年に最初のワインがリリースされると同時に、 ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンのワインは世界中で認められ、 ヴィンテージを重ねる毎にその名声は高まって行きました。 今日、ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンは、 ピノ・ノアールとシャルドネ、 そして少量生産の「ピノ・ノアール・ロレーヌ」をリリースしています。 ヴェロニク・ドルーアン  Veronique Drouhin 『FRENCH SOUL, OREGON SOIL』 オレゴンを国際的なピノ・ノアール産地へと押し上げるきっかけとなり、 今やオレゴンとブルゴーニュを結ぶシンボル的存在の醸造家。 ドルーアン家長女。「ブルゴーニュのコピーを造ろうとは思わない。 でも、シャンボール・ミュジニーが理想的なピノ・ノアールとして頭の中にある。 自分のオレゴンもそこに近づきたいと願っている」 ◆原産国:アメリカ ◆生産地:オレゴン州 ウィラメットバレー ダンディー・ヒルズ ◆格付け:AVAダンディヒル ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆タイプ:白・辛口 ◆飲み頃温度:12-16℃ ◆合う料理:カニ・エビ・牡蛎、チキンなど ◆土壌:火山による火成岩で玄武岩の風化による鉄分、ミネラルを多く含んだ赤茶色の土壌(Jory Loam) ◆発酵:天然酵母。20日前後。フレンチオーク(22-25℃)とステンレスタンク(20℃)それぞれ50%の割合で醗酵 ◆発酵温度:20-25℃ ◆熟成:小樽熟成。新樽はなるべく使用せず、25%を超えることはありません。 ◆産地詳細◆ ワイン用ぶどうの栽培地域として、 オレゴンはピノ・ノアールの栽培に、特に気候の面で大変適した土地です。 昼間はおだやかで、夜は大変涼しくなる理想的な気候のもとで、 オレゴンのぶどうはその本来の特性を最大限に発揮し、 ワインは卓越したフィネスを持つものになります。 ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンの自社ぶどう畑は、 ポートランドの南西約50kmに位置する、ウィラメットバレーの 「レッド・ヒル」の南側斜面にあります。 現在、125エーカーの農地のうち、 85エーカーにぶどう樹が植えられています。 ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンでは、クローンの選択、植樹密度、 土の耕し方まで徹底的にこだわっています。   特筆すべきなのは、全米ではないにしろ、少なくともオレゴンにおいては 最高密度の密集栽培を行っていることで、 1エーカーあたり3110本(1ヘクタールあたり7700本)の ぶどう樹を植えています。 レッドヒルの標高は、コートドニュイとほぼ同じ260mで、 気候もブルゴーニュと同じリージョン1です。 ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆生産者:ヴェロニク・ドルーアン ◆コメント◆ シャルドネの品種特性とオレゴンのテロワールを表現するため、 新樽比率を25%以下に抑え、8ヶ月間ステンレスタンクと フレンチオークでそれぞれ熟成。“酸のきれいなシャブリ”と “穏やかなムルソー”のふたつのスタイルを絶妙にアッサンブラージュしています。 アーモンドや蜂蜜を想わせる味わいが口中に溢れ、 フレッシュで長い余韻が感じられます。 ◆受賞・ポイント歴◆ ◇ロバート・パーカー オンライン 90ポイント獲得!(ヴィンテージ 2009) ◆ロバート・パーカー オンライン 91ポイント獲得!(ヴィンテージ 2008) ◇ワインスペクテーター 88ポイント獲得!(ヴィンテージ 2003) ◆ワインエンスージアスト 92ポイント獲得!(ヴィンテージ 2000)

ドメーヌドルーアン オレゴン シャルドネ 2011 赤字超特価,驚きの破格値,HOT —— 5,600円

ドメーヌ ドルーアン オレゴン(生産者)

ドメーヌドルーアン オレゴン ピノノアール ロレーヌ 2011 赤字超特価,驚きの破格値,HOT

◆「ブルゴーニュが認めたオレゴンの実力」 ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンは、1988年に アメリカ オレゴン州のウィラメットバレーに、ジョゼフ・ドルーアンが 設立したワイナリーです。 ドルーアン・ファミリーの長女ヴェロニクが、ワインメーカーを努め、 本家ブルゴーニュのドルーアンのポリシーを受け継ぎ、異国の地で 素晴らしいワインを造っています。 近年このワインは、ホワイトハウスで各国の要人を迎える晩餐会に 頻繁に登場し、新しいドルーアンワインをオレゴンから世界に披露しています。 ワイン用ぶどうの栽培地域として、オレゴンはピノ・ノアールの栽培に、 特に気候の面で大変適した土地です。 昼間はおだやかで、夜は大変涼しくなる理想的な気候のもとで、 オレゴンのぶどうはその本来の特性を最大限に発揮し、 ワインは卓越したフィネスを持つものになります。 ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンの自社ぶどう畑は、 ポートランドの南西約50kmに位置する、 ウィラメットバレーの「レッド・ヒル」の南側斜面にあります。 現在、125エーカーの農地のうち、85エーカーにぶどう樹が植えられています。 主な品種はピノ・ノアールで、1998年には、1996年ヴィンテージの 「ドメーヌ・ドルーアン・オレゴン・シャルドネ」がリリースされました。 ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンでは、 クローンの選択、植樹密度、土の耕し方まで徹底的にこだわっています。 特筆すべきなのは、全米ではないにしろ、少なくともオレゴンにおいては最高密度の 密集栽培を行っていることで、1エーカーあたり3110本 (1ヘクタールあたり7700本)のぶどう樹を植えています。 目を見張る景観の中に統合されたワイナリーの建物は、 「グラヴィティ・フロー」を徹底的に追求した造りになっており、 地上1階、地下7階の、合計8階層に造られています。 1988年に最初のワインがリリースされると同時に、 ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンのワインは世界中で認められ、 ヴィンテージを重ねる毎にその名声は高まって行きました。 今日、ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンは、 ピノ・ノアールとシャルドネ、 そして少量生産の「ピノ・ノアール・ロレーヌ」をリリースしています。 ヴェロニク・ドルーアン  Veronique Drouhin 『FRENCH SOUL, OREGON SOIL』 オレゴンを国際的なピノ・ノアール産地へと押し上げるきっかけとなり、 今やオレゴンとブルゴーニュを結ぶシンボル的存在の醸造家。 ドルーアン家長女。「ブルゴーニュのコピーを造ろうとは思わない。 でも、シャンボール・ミュジニーが理想的なピノ・ノアールとして頭の中にある。 自分のオレゴンもそこに近づきたいと願っている」 ◆原産国:アメリカ ◆生産地:オレゴン州 ウィラメットバレー ダンディー・ヒルズ ◆格付け:AVAダンディー・ヒルズ ◆ブドウ品種:ピノ・ノアール ◆タイプ:赤・フルボディ ◆飲み頃温度:18-20℃ ◆合う料理:鴨のリンゴソース、七面鳥のグリル ◆土壌:火山による火成岩で玄武岩の風化による鉄分、ミネラルを多く含んだ赤茶色の土壌(Jory Loam) ◆発酵:天然酵母。ステンレスタンク醗酵で15日-16日。 ◆発酵温度:25-32℃ ◆熟成:フレンチオークの小樽で熟成され、新樽率は20%以下。 ◆その他:ボトリング後、さらに19-20ヶ月熟成。 ◆産地詳細◆ ワイン用ぶどうの栽培地域として、 オレゴンはピノ・ノアールの栽培に、特に気候の面で大変適した土地です。 昼間はおだやかで、夜は大変涼しくなる理想的な気候のもとで、 オレゴンのぶどうはその本来の特性を最大限に発揮し、 ワインは卓越したフィネスを持つものになります。 ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンの自社ぶどう畑は、 ポートランドの南西約50kmに位置する、ウィラメットバレーの 「レッド・ヒル」の南側斜面にあります。 現在、125エーカーの農地のうち、 85エーカーにぶどう樹が植えられています。 ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンでは、クローンの選択、植樹密度、 土の耕し方まで徹底的にこだわっています。   特筆すべきなのは、全米ではないにしろ、少なくともオレゴンにおいては 最高密度の密集栽培を行っていることで、 1エーカーあたり3110本(1ヘクタールあたり7700本)の ぶどう樹を植えています。 レッドヒルの標高は、コートドニュイとほぼ同じ260mで、 気候もブルゴーニュと同じリージョン1です。 ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆生産者:ヴェロニク・ドルーアン ◆コメント◆ ヴェロニクの長女“ロレーヌ”の名を冠した このワインは、畑を32の区画に分け、全て別々に醸造し熟成。 1年以上熟成しながら、それぞれのワインをテイスティングし、 厳選された100個の樽をブレンド。さらに4ヶ月間樽熟成と 20ヶ月の瓶熟成を経てリリースされる、 究極にこだわり抜いた“オレゴン最高峰ワイン!” ◆受賞・ポイント歴◆ ◇ワインスペクテーター 2012年12月15日号 92ポイント獲得!(ヴィンテージ 2009) ◆ワインエンスージアスト オンライン 2011年3月 91ポイント獲得!(ヴィンテージ 2007) ◇デキャンター2012年 3月号 4つ星 16.5ポイント獲得!(ヴィンテージ 2007) ◆ワインスペクテーター2012年2月1日 91ポイント獲得!(ヴィンテージ 2008) ◇ロバート・パーカー オンライン 92ポイント獲得!(ヴィンテージ 2008) ◆ロバート・パーカー オンライン 91ポイント獲得!(ヴィンテージ 2007) ◇ワインスペクテーター 2009.12.31、2010.01.15 合併号 91ポイント獲得!(ヴィンテージ 2006) ◆媒体掲載◆ ◇Wine Spectator 89point獲得!(2006.8.31)(ヴィンテージ 2003) ◆Wine Spectator 90point獲得!(2006.5.15)(ヴィンテージ 2002) ◇Wine Advocate(Robert Parker)91point獲得!(#143 Oct2002)(ヴィンテージ 2000)

ドメーヌドルーアン オレゴン ピノノアール ロレーヌ 2011 赤字超特価,驚きの破格値,HOT —— 7,700円

ドメーヌ ドルーアン オレゴン(生産者)

ドメーヌドルーアン オレゴン ピノノワール 2012 赤字超特価,驚きの破格値,HOT

◆「ブルゴーニュが認めたオレゴンの実力」 ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンは、1988年に アメリカ オレゴン州のウィラメットバレーに、ジョゼフ・ドルーアンが 設立したワイナリーです。 ドルーアン・ファミリーの長女ヴェロニクが、ワインメーカーを努め、 本家ブルゴーニュのドルーアンのポリシーを受け継ぎ、異国の地で 素晴らしいワインを造っています。 近年このワインは、ホワイトハウスで各国の要人を迎える晩餐会に 頻繁に登場し、新しいドルーアンワインをオレゴンから世界に披露しています。 ワイン用ぶどうの栽培地域として、オレゴンはピノ・ノアールの栽培に、 特に気候の面で大変適した土地です。 昼間はおだやかで、夜は大変涼しくなる理想的な気候のもとで、 オレゴンのぶどうはその本来の特性を最大限に発揮し、 ワインは卓越したフィネスを持つものになります。 ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンの自社ぶどう畑は、 ポートランドの南西約50kmに位置する、 ウィラメットバレーの「レッド・ヒル」の南側斜面にあります。 現在、125エーカーの農地のうち、85エーカーにぶどう樹が植えられています。 主な品種はピノ・ノアールで、1998年には、1996年ヴィンテージの 「ドメーヌ・ドルーアン・オレゴン・シャルドネ」がリリースされました。 ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンでは、 クローンの選択、植樹密度、土の耕し方まで徹底的にこだわっています。 特筆すべきなのは、全米ではないにしろ、少なくともオレゴンにおいては最高密度の 密集栽培を行っていることで、1エーカーあたり3110本 (1ヘクタールあたり7700本)のぶどう樹を植えています。 目を見張る景観の中に統合されたワイナリーの建物は、 「グラヴィティ・フロー」を徹底的に追求した造りになっており、 地上1階、地下7階の、合計8階層に造られています。 1988年に最初のワインがリリースされると同時に、 ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンのワインは世界中で認められ、 ヴィンテージを重ねる毎にその名声は高まって行きました。 今日、ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンは、 ピノ・ノアールとシャルドネ、 そして少量生産の「ピノ・ノアール・ロレーヌ」をリリースしています。 ヴェロニク・ドルーアン  Veronique Drouhin 『FRENCH SOUL, OREGON SOIL』 オレゴンを国際的なピノ・ノアール産地へと押し上げるきっかけとなり、 今やオレゴンとブルゴーニュを結ぶシンボル的存在の醸造家。 ドルーアン家長女。「ブルゴーニュのコピーを造ろうとは思わない。 でも、シャンボール・ミュジニーが理想的なピノ・ノアールとして頭の中にある。 自分のオレゴンもそこに近づきたいと願っている」 ◆原産国:アメリカ ◆生産地:オレゴン州 ウィラメットバレー ◆格付け:AVAウィラメットバレー ◆ブドウ品種:ピノ・ノアール ◆タイプ:赤・フルボディ ◆飲み頃温度:18-20℃ ◆合う料理:チキンやビーフの煮込み ◆土壌:火山による火成岩で玄武岩の風化による鉄分、ミネラルを多く含んだ赤茶色の土壌(Jory Loam) ◆発酵:天然酵母。ステンレスタンク醗酵で15日-16日。 ◆発酵温度:20-25℃ ◆熟成:フレンチオークの小樽で熟成され、新樽率は20%以下。 ◆産地詳細◆ ワイン用ぶどうの栽培地域として、 オレゴンはピノ・ノアールの栽培に、特に気候の面で大変適した土地です。 昼間はおだやかで、夜は大変涼しくなる理想的な気候のもとで、 オレゴンのぶどうはその本来の特性を最大限に発揮し、 ワインは卓越したフィネスを持つものになります。 ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンの自社ぶどう畑は、 ポートランドの南西約50kmに位置する、ウィラメットバレーの 「レッド・ヒル」の南側斜面にあります。 現在、125エーカーの農地のうち、 85エーカーにぶどう樹が植えられています。 ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンでは、クローンの選択、植樹密度、 土の耕し方まで徹底的にこだわっています。   特筆すべきなのは、全米ではないにしろ、少なくともオレゴンにおいては 最高密度の密集栽培を行っていることで、 1エーカーあたり3110本(1ヘクタールあたり7700本)の ぶどう樹を植えています。 レッドヒルの標高は、コートドニュイとほぼ同じ260mで、 気候もブルゴーニュと同じリージョン1です。 ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆生産者:ヴェロニク・ドルーアン ◆コメント◆ ブルゴーニュとは異なる表現力を持っていますが、 そのエレガントさはコート・ド・ニュイの ピノ・ノアールを想わせます。 ブラックベリーやブラックチェリー、フレッシュなハーブ、 コーヒーを想わせるような香り、アタックはソフトで、 大変長い余韻が楽しめます。新樽を20%含む フランソワ・フレール社のフレンチオークで、12~15ヶ月熟成。 ■■受賞・ポイント歴■■ ◆ロバート・パーカー オンライン 90ポイント獲得!(ヴィンテージ 2009) ◆ロバート・パーカー オンライン 91ポイント獲得!(ヴィンテージ 2008) ◆ワインスペクテーター 90ポイント獲得!(2006.5.15)(ヴィンテージ 2002) ◆デキャンター 5ツ星獲得!(ヴィンテージ 1998)

ドメーヌドルーアン オレゴン ピノノワール 2012 赤字超特価,驚きの破格値,HOT —— 5,600円