ビニャ マイポ(生産者)

ビニャ マイポ カベルネソーヴィニヨン メルロ 得価,低価

ビニャとは、スペイン語で「ぶどう畑」という意味。 マイポというのは地名で、チリの先住民マプチェ族の言葉で 「耕された大地」という意味を持っています。 古くから、豊かな恵みを生む土地とも呼ばれていました。 そんな特別な土地を中心に広がる「マイポ ヴァレー」で、 1948年に私たちのワインづくりは始まりました。 手頃な価格で良質な味わいを楽しめるチリワインの中でも、 その代表的な産地として注目を集めているマイポ ヴァレー。 ◆フランスワインと言えば、ボルドー!チリワインと言えば、マイポ!◆ 今では、そう語るワイン通も多くいるとか。 この場所で生まれたワイナリーは数多くあるのですが、 その中で「マイポ」という名前がついているブランドは世界でただひとつ。 ビニャ マイポだけです。ふしぎな名前でありながら、 飲んだ人を満足させる豊かな味わい。そのおいしさは、 今では世界中へと広がっているのです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラル・ヴァレー ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ ◆アルコール度数:14%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:ビニャ マイポ社 ◆テイスティング◆ チリワイン特有の、豊かな果実味。 ぶどうの香りが非常に豊かでありつつ、 口当たりはまろやか。 飲みやすい、ミディアムボディの赤。 赤身のお肉やパスタ、チーズによく合います。

ビニャ マイポ カベルネソーヴィニヨン メルロ 得価,低価 —— 1,000円

ビニャ マイポ(生産者)

ビニャ マイポ カルメネール レセルバ ビトラル 2013 得価,低価

●カルメネール…チリの新しい個性● 「カルメネール」は古くボルドー由来の品種で、 ボルドーではフィロキセラという害虫によってほぼ絶滅しました。 しかしチリでは、フィロキセラ前の 純粋なルーツのまま、今でも栽培されています。 完熟するのに豊富な日照量を必要とするため、 年間300日太陽がふりそそぐチリのぶどう産地で、 その魅力を花開かせました。 「カルメネール」の語源は「カルミネ」=深紅色。 カルメネールのワインに特徴的な濃く美しい深紅の 色調を意味するだけでなく、ぶとうの葉も成熟とともに 赤く色づくことから、この名前になったといわれています。 ●カルメネールの味わい● 自然な甘味のやさしい味わいで、 深みがありながらも渋みを感じさせない、 飲みやすさが特徴です。 「チリらしい個性のあるものが飲みたい」 「ワインが好きで色々な品種を試してみたい」 「ワインの渋みやタンニンが苦手だけど、 赤ワインが好き」という方に特におすすめです。 ビニャとは、スペイン語で「ぶどう畑」という意味。 マイポというのは地名で、チリの先住民マプチェ族の言葉で 「耕された大地」という意味を持っています。 古くから、豊かな恵みを生む土地とも呼ばれていました。 そんな特別な土地を中心に広がる「マイポ ヴァレー」で、 1948年に私たちのワインづくりは始まりました。 手頃な価格で良質な味わいを楽しめるチリワインの中でも、 その代表的な産地として注目を集めているマイポ ヴァレー。 ◆フランスワインと言えば、ボルドー!チリワインと言えば、マイポ!◆ 今では、そう語るワイン通も多くいるとか。 この場所で生まれたワイナリーは数多くあるのですが、 その中で「マイポ」という名前がついているブランドは世界でただひとつ。 ビニャ マイポだけです。ふしぎな名前でありながら、 飲んだ人を満足させる豊かな味わい。そのおいしさは、 今では世界中へと広がっているのです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:ラペル・ヴァレー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カルメネール ◆アルコール度数:14%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:ビニャ マイポ社 ◆テイスティング◆ いまチリで大きく注目されているぶどう品種。 甘いフルーツの香り、バランスに満ちた味わい。

ビニャ マイポ カルメネール レセルバ ビトラル 2013 得価,低価 —— 1,200円

ビニャ マイポ(生産者)

ビニャ マイポ ソーヴィニヨンブラン シャルドネ 得価,低価

ビニャとは、スペイン語で「ぶどう畑」という意味。 マイポというのは地名で、チリの先住民マプチェ族の言葉で 「耕された大地」という意味を持っています。 古くから、豊かな恵みを生む土地とも呼ばれていました。 そんな特別な土地を中心に広がる「マイポ ヴァレー」で、 1948年に私たちのワインづくりは始まりました。 手頃な価格で良質な味わいを楽しめるチリワインの中でも、 その代表的な産地として注目を集めているマイポ ヴァレー。 ◆フランスワインと言えば、ボルドー!チリワインと言えば、マイポ!◆ 今では、そう語るワイン通も多くいるとか。 この場所で生まれたワイナリーは数多くあるのですが、 その中で「マイポ」という名前がついているブランドは世界でただひとつ。 ビニャ マイポだけです。ふしぎな名前でありながら、 飲んだ人を満足させる豊かな味わい。そのおいしさは、 今では世界中へと広がっているのです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラル・ヴァレー ◆タイプ:白・やや辛口 ◆ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ ◆アルコール度数:14%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:ビニャ マイポ社 ◆テイスティング◆ チリの太陽をいっぱいに浴びた ぶどうから生まれました。 その香りは、桃や柑橘系のフルーツを連想させます。 爽やかな酸味があり、やや辛口で、 魚介類を使った料理に合う白ワインです。

ビニャ マイポ ソーヴィニヨンブラン シャルドネ 得価,低価 —— 1,000円

ビニャ マイポ(生産者)

ビニャ マイポ ソーヴィニヨンブラン レセルバ ビトラル 白 得価,低価

ビニャとは、スペイン語で「ぶどう畑」という意味。 マイポというのは地名で、チリの先住民マプチェ族の言葉で 「耕された大地」という意味を持っています。 古くから、豊かな恵みを生む土地とも呼ばれていました。 そんな特別な土地を中心に広がる「マイポ ヴァレー」で、 1948年に私たちのワインづくりは始まりました。 手頃な価格で良質な味わいを楽しめるチリワインの中でも、 その代表的な産地として注目を集めているマイポ ヴァレー。 ◆フランスワインと言えば、ボルドー!チリワインと言えば、マイポ!◆ 今では、そう語るワイン通も多くいるとか。 この場所で生まれたワイナリーは数多くあるのですが、 その中で「マイポ」という名前がついているブランドは世界でただひとつ。 ビニャ マイポだけです。ふしぎな名前でありながら、 飲んだ人を満足させる豊かな味わい。そのおいしさは、 今では世界中へと広がっているのです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:カサブランカ・ヴァレー ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン ◆アルコール度数:14%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:ビニャ マイポ社 ◆テイスティング◆ 爽やかさと程よい酸味の白ワインを生む品種。 柑橘系の香りが広がって、フレッシュな味わい。

ビニャ マイポ ソーヴィニヨンブラン レセルバ ビトラル 白 得価,低価 —— 1,200円

ビニャ マイポ(生産者)

ビニャ マイポ バラエタル カベルネソーヴィニヨン 得価,低価

ビニャとは、スペイン語で「ぶどう畑」という意味。 マイポというのは地名で、チリの先住民マプチェ族の言葉で 「耕された大地」という意味を持っています。 古くから、豊かな恵みを生む土地とも呼ばれていました。 そんな特別な土地を中心に広がる「マイポ ヴァレー」で、 1948年に私たちのワインづくりは始まりました。 手頃な価格で良質な味わいを楽しめるチリワインの中でも、 その代表的な産地として注目を集めているマイポ ヴァレー。 ◆フランスワインと言えば、ボルドー!チリワインと言えば、マイポ!◆ 今では、そう語るワイン通も多くいるとか。 この場所で生まれたワイナリーは数多くあるのですが、 その中で「マイポ」という名前がついているブランドは世界でただひとつ。 ビニャ マイポだけです。ふしぎな名前でありながら、 飲んだ人を満足させる豊かな味わい。そのおいしさは、 今では世界中へと広がっているのです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラル・ヴァレー ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン ◆アルコール度数:14%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:ビニャ マイポ社 ◆テイスティング◆ プラムやブラックベリーを思わせる香り。 しっかりとしたコク。ほどよいタンニンが 心地よく広がる赤ワインです。 赤身のお肉や、ラム、パスタ、 パエリア、チーズなどの料理に。

ビニャ マイポ バラエタル カベルネソーヴィニヨン 得価,低価 —— 1,200円

ビニャ マイポ(生産者)

ビニャ マイポ バラエタル カルメネール 得価,低価

●カルメネール…チリの新しい個性● 「カルメネール」は古くボルドー由来の品種で、 ボルドーではフィロキセラという害虫によってほぼ絶滅しました。 しかしチリでは、フィロキセラ前の 純粋なルーツのまま、今でも栽培されています。 完熟するのに豊富な日照量を必要とするため、 年間300日太陽がふりそそぐチリのぶどう産地で、 その魅力を花開かせました。 「カルメネール」の語源は「カルミネ」=深紅色。 カルメネールのワインに特徴的な濃く美しい深紅の 色調を意味するだけでなく、ぶとうの葉も成熟とともに 赤く色づくことから、この名前になったといわれています。 ●カルメネールの味わい● 自然な甘味のやさしい味わいで、 深みがありながらも渋みを感じさせない、 飲みやすさが特徴です。 「チリらしい個性のあるものが飲みたい」 「ワインが好きで色々な品種を試してみたい」 「ワインの渋みやタンニンが苦手だけど、 赤ワインが好き」という方に特におすすめです。 ビニャとは、スペイン語で「ぶどう畑」という意味。 マイポというのは地名で、チリの先住民マプチェ族の言葉で 「耕された大地」という意味を持っています。 古くから、豊かな恵みを生む土地とも呼ばれていました。 そんな特別な土地を中心に広がる「マイポ ヴァレー」で、 1948年に私たちのワインづくりは始まりました。 手頃な価格で良質な味わいを楽しめるチリワインの中でも、 その代表的な産地として注目を集めているマイポ ヴァレー。 ◆フランスワインと言えば、ボルドー!チリワインと言えば、マイポ!◆ 今では、そう語るワイン通も多くいるとか。 この場所で生まれたワイナリーは数多くあるのですが、 その中で「マイポ」という名前がついているブランドは世界でただひとつ。 ビニャ マイポだけです。ふしぎな名前でありながら、 飲んだ人を満足させる豊かな味わい。そのおいしさは、 今では世界中へと広がっているのです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:マウレ・ヴァレー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カルメネール ◆アルコール度数:14%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:ビニャ マイポ社 ◆テイスティング◆ 今、チリで注目の品種。 よく熟した果実を思わせる、凝縮感のある赤です。 黒胡椒のようなスパイシーな香りで、 ほどよいタンニンが広がります。 ポークリブ、濃厚なチーズ、 パテなど幅広い料理に良く合います。

ビニャ マイポ バラエタル カルメネール 得価,低価 —— 1,200円

ビニャ マイポ(生産者)

ビニャ マイポ バラエタル シャルドネ 得価,低価

ビニャとは、スペイン語で「ぶどう畑」という意味。 マイポというのは地名で、チリの先住民マプチェ族の言葉で 「耕された大地」という意味を持っています。 古くから、豊かな恵みを生む土地とも呼ばれていました。 そんな特別な土地を中心に広がる「マイポ ヴァレー」で、 1948年に私たちのワインづくりは始まりました。 手頃な価格で良質な味わいを楽しめるチリワインの中でも、 その代表的な産地として注目を集めているマイポ ヴァレー。 ◆フランスワインと言えば、ボルドー!チリワインと言えば、マイポ!◆ 今では、そう語るワイン通も多くいるとか。 この場所で生まれたワイナリーは数多くあるのですが、 その中で「マイポ」という名前がついているブランドは世界でただひとつ。 ビニャ マイポだけです。ふしぎな名前でありながら、 飲んだ人を満足させる豊かな味わい。そのおいしさは、 今では世界中へと広がっているのです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラル・ヴァレー ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:14%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:ビニャ マイポ社 ◆テイスティング◆ りんごやトロピカルフルーツを思わせる、 みずみずしく甘やかな香り。 ほのかな酸味で、 爽快感が広がる辛口の白ワインです。 クリーミーなソースを使った魚介類の料理に最適。

ビニャ マイポ バラエタル シャルドネ 得価,低価 —— 1,200円

ビニャ マイポ(生産者)

ビニャ マイポ バラエタル ソーヴィニヨンブラン 得価,低価

ビニャとは、スペイン語で「ぶどう畑」という意味。 マイポというのは地名で、チリの先住民マプチェ族の言葉で 「耕された大地」という意味を持っています。 古くから、豊かな恵みを生む土地とも呼ばれていました。 そんな特別な土地を中心に広がる「マイポ ヴァレー」で、 1948年に私たちのワインづくりは始まりました。 手頃な価格で良質な味わいを楽しめるチリワインの中でも、 その代表的な産地として注目を集めているマイポ ヴァレー。 ◆フランスワインと言えば、ボルドー!チリワインと言えば、マイポ!◆ 今では、そう語るワイン通も多くいるとか。 この場所で生まれたワイナリーは数多くあるのですが、 その中で「マイポ」という名前がついているブランドは世界でただひとつ。 ビニャ マイポだけです。ふしぎな名前でありながら、 飲んだ人を満足させる豊かな味わい。そのおいしさは、 今では世界中へと広がっているのです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラル・ヴァレー ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン ◆アルコール度数:14%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:ビニャ マイポ社 ◆テイスティング◆ 桃やりんごを思わせる、 フルーティーですっきりとした香り。 柑橘系フルーツのような爽やかな酸味も感じられます。 魚介類を使った前菜など、さっぱりとした味わいの料理と。

ビニャ マイポ バラエタル ソーヴィニヨンブラン 得価,低価 —— 1,200円

ビニャ マイポ(生産者)

ビニャ マイポ メルロ レセルバ ビトラル 2013 得価,低価

ビニャとは、スペイン語で「ぶどう畑」という意味。 マイポというのは地名で、チリの先住民マプチェ族の言葉で 「耕された大地」という意味を持っています。 古くから、豊かな恵みを生む土地とも呼ばれていました。 そんな特別な土地を中心に広がる「マイポ ヴァレー」で、 1948年に私たちのワインづくりは始まりました。 手頃な価格で良質な味わいを楽しめるチリワインの中でも、 その代表的な産地として注目を集めているマイポ ヴァレー。 ◆フランスワインと言えば、ボルドー!チリワインと言えば、マイポ!◆ 今では、そう語るワイン通も多くいるとか。 この場所で生まれたワイナリーは数多くあるのですが、 その中で「マイポ」という名前がついているブランドは世界でただひとつ。 ビニャ マイポだけです。ふしぎな名前でありながら、 飲んだ人を満足させる豊かな味わい。そのおいしさは、 今では世界中へと広がっているのです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:ラペル・ヴァレー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:メルロ ◆アルコール度数:14%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:ビニャ マイポ社 ◆テイスティング◆ 世界各国で広く栽培されているぶどう品種です。 魅惑的な果実の香りと、豊かで上質なタンニン。

ビニャ マイポ メルロ レセルバ ビトラル 2013 得価,低価 —— 1,200円

ビニャ マイポ(生産者)

ビニャ マイポ レセルバ ビトラル カベルネソーヴィニヨン 赤 得価,低価

ビニャとは、スペイン語で「ぶどう畑」という意味。 マイポというのは地名で、チリの先住民マプチェ族の言葉で 「耕された大地」という意味を持っています。 古くから、豊かな恵みを生む土地とも呼ばれていました。 そんな特別な土地を中心に広がる「マイポ ヴァレー」で、 1948年に私たちのワインづくりは始まりました。 手頃な価格で良質な味わいを楽しめるチリワインの中でも、 その代表的な産地として注目を集めているマイポ ヴァレー。 ◆フランスワインと言えば、ボルドー!チリワインと言えば、マイポ!◆ 今では、そう語るワイン通も多くいるとか。 この場所で生まれたワイナリーは数多くあるのですが、 その中で「マイポ」という名前がついているブランドは世界でただひとつ。 ビニャ マイポだけです。ふしぎな名前でありながら、 飲んだ人を満足させる豊かな味わい。そのおいしさは、 今では世界中へと広がっているのです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:マイポ・ヴァレー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン ◆アルコール度数:14%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:ビニャ マイポ社 ◆テイスティング◆ チェリー、ブラックカシス、 熟したプラムなどの果実を思わせる深い香り。 ほどよい樽香とタンニンを感じる、 口当たりのよい赤ワインです。 赤身の肉や、ラム、パスタ、パエリア、チーズなどの料理に。

ビニャ マイポ レセルバ ビトラル カベルネソーヴィニヨン 赤 得価,低価 —— 1,200円

ビニャ マイポ(生産者)

ビニャ マイポ レセルバ ビトラル シャルドネ 白 得価,低価

ビニャとは、スペイン語で「ぶどう畑」という意味。 マイポというのは地名で、チリの先住民マプチェ族の言葉で 「耕された大地」という意味を持っています。 古くから、豊かな恵みを生む土地とも呼ばれていました。 そんな特別な土地を中心に広がる「マイポ ヴァレー」で、 1948年に私たちのワインづくりは始まりました。 手頃な価格で良質な味わいを楽しめるチリワインの中でも、 その代表的な産地として注目を集めているマイポ ヴァレー。 ◆フランスワインと言えば、ボルドー!チリワインと言えば、マイポ!◆ 今では、そう語るワイン通も多くいるとか。 この場所で生まれたワイナリーは数多くあるのですが、 その中で「マイポ」という名前がついているブランドは世界でただひとつ。 ビニャ マイポだけです。ふしぎな名前でありながら、 飲んだ人を満足させる豊かな味わい。そのおいしさは、 今では世界中へと広がっているのです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:カサブランカ・ヴァレー及びリマリ・ヴァレー ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:14%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:ビニャ マイポ社 ◆テイスティング◆ パイナップルやトロピカルフルーツの風味を感じる、 フレッシュな白ワイン。微かな樽香が広がります。 サーモンや、牡蠣、海老、イカなどの魚介類。 チーズ、クリームソースと合わせた白身魚などに。

ビニャ マイポ レセルバ ビトラル シャルドネ 白 得価,低価 —— 1,200円

ビニャ マイポ(生産者)

ビニャ マイポ レセルバ ビトラル シラー 2013 得価,低価

ビニャとは、スペイン語で「ぶどう畑」という意味。 マイポというのは地名で、チリの先住民マプチェ族の言葉で 「耕された大地」という意味を持っています。 古くから、豊かな恵みを生む土地とも呼ばれていました。 そんな特別な土地を中心に広がる「マイポ ヴァレー」で、 1948年に私たちのワインづくりは始まりました。 手頃な価格で良質な味わいを楽しめるチリワインの中でも、 その代表的な産地として注目を集めているマイポ ヴァレー。 ◆フランスワインと言えば、ボルドー!チリワインと言えば、マイポ!◆ 今では、そう語るワイン通も多くいるとか。 この場所で生まれたワイナリーは数多くあるのですが、 その中で「マイポ」という名前がついているブランドは世界でただひとつ。 ビニャ マイポだけです。ふしぎな名前でありながら、 飲んだ人を満足させる豊かな味わい。そのおいしさは、 今では世界中へと広がっているのです。 ◆原産国:チリ ◆生産地:ラペル・ヴァレー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:シラー ◆アルコール度数:14%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:ビニャ マイポ社 ◆テイスティング◆ ビニャ マイポ社の主力品種、 シラー種を使用しました。 熟したプラムを思わせる香りに加え、柔らかな タンニンとしっかりとした味わいのバランスの良さが特長です。

ビニャ マイポ レセルバ ビトラル シラー 2013 得価,低価 —— 1,200円