1本につき個別 分だけ割引 お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス トゥアリータ ペルラートデルボスコ ロッソ 2013 Tua Rita Perlato del Bosco Rosso 全国無料,得価

メーカー希望小売価格 4,000円 が SPECIALPRICE¥3,420円! お得な14.5%OFF! ※1本につき個別送料分だけ割引とは、表示されている送料分が 1本に対して通常の送料から割引となり断然お得です。 ※なお、個別送料分だけ割引サービスはポイントに応じて 変動いたします、また、ポイント8~10倍の期間は 対象外となりますので予めご了承ください。 ※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ~大地を愛し、天に愛され、情熱を注ぐ~ 土いじりをこよなく愛する男が家族と、この土地に出会い♪ いつしかその孤高なる想いは唯一無二のワインを生み出した! ◆イタリアでWSとWAで100点満点を獲得した生産者! トスカーナ州スヴェレートに設立されたトゥア・リータ! ヴィルジリオとリータ夫妻が、全国的に全く無名であった この場所の畑を購入したのは1984年のこと。 1992年に初めて瓶詰めされたワインがリリースされてから 6ヴィンテージ目でワイン・スペクテイター100点を 獲得するという快挙を成し遂げる。 その後がまたすごい、2000年のレディガフィにおいては、 ワイン・アドヴォケイトで100点を獲得! しかしながら、この家族経営の小さな醸造所は評価誌に 左右されず、妥協を許さない果て無き ワインへの追求・挑戦を続ける。 それが今日のトゥア・リータの飛躍を支え、 更なる品質改善を支えている。 本格的にワインを市場にリリースし出してから20年も経たたない、 歴史も経験もなかったトゥア・リータが今の栄光を手に入れたのは、 神秘としか言いようがない。 意外だが、その主人公はワイナリーの名前となった 奥さんのトゥア・リータさんではない。 また、醸造家のステファノ・キオッチョリでも、現在 醸造・栽培の責任者である 娘婿のステファノ・フラスコッラでもない。 この畑を購入したオーナーのヴィルジリオ・ヴィスティである。 まだ10代の頃のヴィルジリオは、将来を夢見てバールで 手伝いや日雇いなどの仕事をこなす日々を過ごしていた。 その後はゲームのディストリビユーターの仕事に就き、 そして若くしてリータさんとの結婚。 ヴィルジリオ20歳、リータ18歳の時だった。 その後、働き者のヴィルジリオは良き伴侶を得るだけでなく、 仕事での成功をおさめるという幸運に恵まれる。 元来全く欲のない男だったが、彼には1つだけ夢があった。 それは「畑仕事」をすること。あの、大地の香りが好きで たまらなかった。広い空の下に広がる大地で行う畑仕事。 それがヴィルジリオの昔からの夢。 将来年金生活に入ったら大好きな 土いじりをしながら暮らしていきたいと考えていた。 そんなある日、仕事で立ち寄ったスヴェレートで 彼の夢を叶えてくれる土地に出会う。 1984年のことだった。ヴィルジリオの故郷から程近い その場所には、少しのブドウとオリーヴや麦などしか 植えていなかった。 順調に仕事をこなす毎日がある反面、彼の胸の中で 膨らんできた昔からの夢が、その土地の購入を決意させる。 ワインの産地として全く無名であったこの場所が、後に 世界レベルのワインを生み出す土地であったことなど、 世間の人は勿論、ヴィルジリオも予期していなかった。 当初、まだゲームの仕事を続けていたヴィルジリオは、 平日は都会で仕事をこなし、 週末を長年の夢であった念願の畑で過ごしていた。 当時この地域で栽培されていたブドウはトスカーナの 地品種である サンジョヴェーゼやトレッビアーノで、 それ程大きい畑ではないが、老後のセカンドライフとして 徐々に仕事を農業にシフトしていきたいと考えていた ヴィルジリオは、それがたまらなく好きだった。 ある日ヴィルジリオが作ったブドウが、そして出来上がった ワインが、常識を超えるレベルであることに気付く。 ◆トゥア・リータペルラート・デル・ボスコ ロッソ [2013] Tua Rita Perlato del Bosco Rosso◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 スヴェレート地区 ◆原産地呼称:トスカーナI.G.T ◆ブドウ品種:サンジョベーゼ100% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14% ◆容量:750ml ◆飲み頃温度:17℃ ◆平均年間生産量:25,000本 ◆醸造・醗酵:ステンレス・タンクにてマセラシオン醗酵 約18日間 22℃からゆっくり上げ、最高温度は28℃まで 主醗酵後、 ステンレス・タンクにてマロ・ラクティック醗酵     ◆熟成:オーク樽熟成 15ヶ月間(225L、1年使用50%、2年使用50%) ◆コメント◆ ブルーベリー、ブラックチェリーの 果実の甘みがあり、非常に滑らかな質感。 チョコレート、杉や胡椒など複雑な香り。 がっしりした骨格だが柔らかく、 上品な酸とふくよかな果実味。 ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!92点を獲得した2013年ヴィンテージ! 1本につき個別 分だけ割引 お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス トゥアリータ ペルラートデルボスコ ロッソ 2013 Tua Rita Perlato del Bosco Rosso 全国無料,得価

お得な4日間値下げ ジャスト込み込みシャトーラフィットロートシルト 1971 メドック第1級 全国無料,得価

※ワイン造りの職人たち シャトー・ラフィット・ロートシルトやロス・ヴァスコス(チリ) シャトー・オーシエール(フランス)カロ(アルゼンチン)を 要するドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(略語DBR社) ◆◆ワイン造りの職人たち◆◆ <つつましさと高い品質基準> ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(ラフィット、以下DBR)は、 代々優れたワイン造りを受け継いできました。 数世代にわたる一流の職人たちが、数世紀をかけて 潜在能力の高い土壌を探し出し、最高のものをという信条を掲げて、 努力してきました。 *DBRの全チームは、以下の2つの原則に基づいて行動しています。 ◆◆謙虚な気持ちで学ぶこと◆◆ 土壌を最高の状態にするのは時間のかかる作業です。 品質の優れたワインは、たゆまぬ労苦により生み出されるものなのです。 ◆◆高い品質基準を実現すること◆◆ 最善の生産プロセスを採用することで品質に細心の注意を払い、 常にそのプロセスの改善に努めることで、高品質を実現します。 ■ワイン・アドヴォケイト過去ヴィンテージ評価■ ■2013年ヴィンテージ89点獲得! ■2012年ヴィンテージ95点獲得! ■2011年ヴィンテージ93点獲得! ■2010年ヴィンテージ98点獲得! ■2009年ヴィンテージ99点獲得! ■2008年ヴィンテージ98点獲得! ■2007年ヴィンテージ94点獲得! ■2006年ヴィンテージ97点獲得! ■2005年ヴィンテージ96点獲得! ■2004年ヴィンテージ95点獲得! ■2003年ヴィンテージ100点満点獲得! ■2002年ヴィンテージ94点獲得! ■2001年ヴィンテージ94点獲得! ■2000年ヴィンテージ98点獲得! ■1999年ヴィンテージ95点獲得! ■1998年ヴィンテージ98点獲得! ■1997年ヴィンテージ92点獲得! ■1996年ヴィンテージ100点満点獲得! ■1995年ヴィンテージ95点獲得! ■1994年ヴィンテージ90点獲得! ■1993年ヴィンテージ88点獲得! ボルドーで最も有名なシャトーであり、ワインの ラフィット・ロートシルトは、エレガントで小ぶりで シンプルなラベルとともに、その名は富や格式、 歴史、敬意、そして特筆に値する 長寿の代名詞となっている。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用 シャトー・ラフィット・ロートシルト(Château Lafite-Rothschild)は、 オー・メドック地区ポーイヤック村にある著名なボルドーワインのシャトーの名称、 および同シャトーが生産する赤ワインの銘柄の名称である。 現在メドックに4つある第1級格付けワインの中で、 シャトー・ラフィット・ロートシルトはしばしばその筆頭に挙げられる。 日本で知られている「ロートシルト」の名は「ロスチャイルド」の ドイツ語風の読みであり、フランス語での発音は異なる。 日本ソムリエ協会では「ロッチルド」もしくは「ロートシルト」とルビを振っている。 他に「ロスシルド」などと表記されることもある。 ◆ルビ(英語:ruby)とは、文章内の任意の文字に対し、 ふりがなや説明や異なる読み方といった役割の文字を より小さな文字で、通常縦書きの際は文字の右側、 横書きの際は文字の上側に記されるものである。 ただしシャトー・ラフィット・ロートシルトの運営主体である DBR社では「ロートシルト」という日本語表記を採用している。 なお、シャトー・ムートン・ロートシルトは、 ロスチャイルド家の別の系統の一族が所有している。 ◆王のワイン◆ 「ラフィット」という呼び名は中世の農園の名称として14世紀の文献に登場する。 ポーイヤック村の中で一番小高い丘に位置していたことから、古いガスゴーニュ語で 「小高いところ」を意味する「La Hite」(ラ・イット)が転じてラフィットと 名づけられたという。 ブドウの作付けは中世から行われていたが、17世紀に セギュール家がシャトー・ラフィットの所有者となり転機が訪れた。 1670年代から80年代にかけて、ジャック・ド・セギュールがブドウ畑を広げ、 ワインの生産を本格化させた。 ジャックの相続人アレキサンドルは1695年にシャトー・ラトゥールの女性相続人と 結婚し、息子のセギュール侯爵ニコラ・アレキサンドルをもうけた。 ラフィット、ラトゥール、カロン・セギュールなどの広大な農園を相続した セギュール侯爵は、ワインの生産技術の改良に力を注ぐとともにヨーロッパ各国の 上流階級へ販路を広げ、ほどなく「葡萄園の王子」とあだ名されるようになった。 当時ボルドーワインの需要の中心地は、歴史的経緯もあってイギリスであった。 ワイン好きの首相ロバート・ウォルポールは3か月ごとにラフィット1樽、 つまり普通サイズのワイン瓶300本分を空けていたという。 一方、フランスの宮廷ではギュイエンヌ(ボルドーの旧州名)は田舎という イメージがあり、専らブルゴーニュワインが愛飲されていた。 1760年、ルイ15世の愛妾ポンパドゥール夫人は、ワインで王の歓心を買おうと ブルゴーニュのある高名な畑を手に入れようとしたが、コンティ公に競り負けてしまう。 この畑は後にロマネ・コンティと呼ばれるのだが、顛末を見ていたギュイエンヌ総督の リシュリュー男爵マレシャル(リシュリュー枢機卿の縁者)が、代わりにラフィットを ポンパドゥール夫人に勧め、大いに気に入った夫人はヴェルサイユ宮殿の 晩餐会で必ず飲むようになった。 これをきっかけにボルドーワインが宮廷で脚光を浴び、 中でもラフィットは「王のワイン」という名声を得ることになった。 フランス革命前夜、ラフィットの名声は既に揺るぎのないものとなっていた。 当時ヴェルサイユにアメリカ合衆国大使として赴任していた トーマス・ジェファーソンはアメリカ大陸でのワイン造りを思い立ち、 1787年5月にラフィットを含む主要なボルドーワインを調査して回った。 ジェファーソンもまたラフィットに魅せられ、生涯の愛好者となった。 ◆シャトー・ラフィット・ロートシルト [1971] Château Lafite-Rothschild◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ◆村名:ポーイヤック村 ◆格付け:AC ポーイヤック メドック 第1級 ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロー20%、カベルネ・フラン5%、 プティ・ヴェルド5% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆畑面積:100.0ha ◆植樹密度:7,500本/ha ◆平均収量:48hl/ha ◆育成:発酵とマセレーションはステンレスと木製のタンクで18~24日間 ◆熟成:オークの新樽で16~20ヶ月 清澄は行うが、濾過はしない。 ◆平均樹齢:45年 ◆年間生産平均本数:約21万本(ラフィット)、約28万本(カリュアド) ◆セカンドラベル:カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト ◆生産者:ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(略語DBR社) ◆輸入元:JSRトレーディング株式会社様 ◆テイスティング◆ カベルネ・ソーヴィニヨンを主体にブレンドさせます。 優美で繊細、そして芳醇な味わいは、まさにメドック1級の風格。 長い期間の熟成を経て、その実力を大きく花開かせます。 カベルネ・ソーヴィニョンの比率が高いことで、 タンニンの強いフルボディのワインとなるが、 その味わいは酸味と渋味のバランスが程よく、 品格を感じさせるものとなっている。 ◆パーカー氏ボルドー第4版コメント◆ ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸(ぼんよう)だったが、 1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、 忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における 価格に恥じない生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを 手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 ◆ボルドー第4版ラフィット古いヴィンテージ◆ 1959年(100点、最終試飲年月:2002年3月)は、 まぎれもなく最も最大なラフィット・ロートシルトだ。 十分な飲み頃に近づいているのだが、いまだに2000年、 1996年、1986年、1982年のようなヴィンテージが 同じくらいの高みに達することができるかわからないほどである。 非常に香り高いブーケは花、黒トリュフ、西洋杉、鉛筆、 赤系果実を思わせ、私が試飲したことのある最も力強い、 凝縮したラフィットの1つだ。 ミディアムボディからフルボディで、ビロードのような 舌触りをしており、豊かで、純粋で、この偉大なシャトーが あったらどうなるかという生の証拠だ。 若々しいワインで、あと30年強は持ちこたえるはずである。 1953年には2度100点をつけたし、別の機会にもほとんど 完ぺきの99点をつけている。何人家の老大家によると、 十分な飲み頃になってからほとんど30年近くもたつそうだ。 ミネラル、鉛筆、西洋杉、スパイスの並はずれたラフィット らしい芳香がある。ビロードのような舌触りをしており、 すばらしくまろやかで、甘いがそれでいて 十分に輪郭がはっきりしているし、バランスもとれている。 ただし、今日では低温のセラーからの、あまり頻繁に 転売されていないワインだと保証されていない限り、 マグナム以上の瓶で購入するのが最良だ。 ■リシュリュー元帥(1755年) 「ラフィットには魂が宿っています。 優美で寛大で、柔和な魂です。 ラフィットは大地を夢へと変化させます。 ラフィットはハーモニー、自然と人とのハーモニー。 つまり、優秀なヴィニュロン無くしては、 何も生まれてきません」。 ■エリック・ド・ロートシルト男爵 1855年、万国博覧会を機会に制定された、 かの有名な格付け。 シャトー・ラフィット・ロートシルトは、 格付け第一級の認定を得ています。 奇跡のフィネスを持った『王のワイン』 幻の1971年ヴィンテージ♪ ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP優良!84点獲得!1971年ヴィンテージ! お得な4日間値下げ ジャスト込み込みシャトーラフィットロートシルト 1971 メドック第1級 全国無料,得価

お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス シャトーロックルメイン 2011 Ch acirc;teau Roque Le Mayne 全国無料,得価

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■驚きの10年連続金賞受賞!を誇るボルドー生産者■ ■10年連続金賞受賞という偉業を成し遂げたメイナール氏■ コート・ド・カスティヨンで安定した品質を 造り続けているジャン・フランソワ・メイナール氏。 とても堅実な印象を受ける彼ですが、自身のワイン、 シャトー・ロック・ル・メインで10年連続金賞受賞という 偉業を成し遂げています。 彼のワイン造りへの真摯な姿勢が評価されています。 メルロー主体ながら非常にボディの厚い頼れるワイン! コート地区のコストパフォーマンスの高さバッチリワイン! 近年、コート地区のコストパフォーマンスの高いワインに 注目が集まっています。 その中でもコート・ド・カスティヨンは格別です! そんなコート・ド・カスティヨンの中でも安定した味わいの シャトー“ロック・ル・メイン”を中心に、 複数のコストパフォーマンスに優れたシャトーを持つ生産者です。 カスティヨンでは25haの畑の内、14haでロック・ル・メイン、 11haでシャトー・ラ・ボレが造られます。ルック・ル・メインの 数々の受賞歴からも、その本格的な味わいはお墨付きです! ※オーナー醸造家:ジャン・フランソワ・メイナール氏 ●ロック・ル・メインは10年連続金賞受賞の金賞常連シャトー! ■最近の主な受賞歴■ ■2002年ヴィンテージ■   パリ農業コンクール2004金賞受賞! ■2003年ヴィンテージ■   パリ農業コンクール2005金賞受賞! ■2004年ヴィンテージ■ ボルドー・アキテーヌコンクール2005金賞受賞! ■2005年ヴィンテージ■   パリ農業コンクール2007金賞受賞! ■2006年ヴィンテージ■   コンクール・モンディアル・ブリュッセル2008金賞受賞! ■2007年ヴィンテージ■   パリ農業コンクール2009金賞受賞! ■2008年ヴィンテージ■   ギド・アシェット2012ツ星&クー・ド・クール! ■2009年ヴィンテージ■   パリ農業コンクール2009金賞受賞! ■2010年ヴィンテージ■ パリ農業コンクール2012金賞受賞! ■2011年ヴィンテージ■ ボルドー・アキテーヌ・ワイン・コンクール2012金賞受賞! ◆シャトー・ロック・ル・メイン [2011] Château Roque Le Mayne◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 コート・ド・カスティヨン地区 ◆原産地呼称:A.O.C.コート・ド・ボルドー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:メルロー80%、カベルネ ソーヴィニヨン15%、マルベック5% ◆アルコール度数:13.86% ◆容量:750ml ◆飲み頃温度:17℃ ◆樹齢:25年以上 ◆土壌:粘土石灰質 ◆栽培面積:14ha ◆収量:45hl/ha ◆年間生産量:65,000本 ◆醗酵:ステンレスタンク、マセラシオンは4~5ヶ月 ◆マロラクティック醗酵:樽 ◆熟成:オーク樽熟成12ヶ月(新樽比率35%、フレンチオーク) ◆輸入元:株式会社モトックス様 ◆テイスティング◆ 赤果実やプルーンの香りとバニラのような トーストされた樽香がよく調和したアロマです。 果実味があり、バランスのとれたボディをしており、 余韻が長く、熟成のポテンシャルを感じるワインです。 2007年ヴィンテージまで 10年連続で金賞を受賞していたロック・ル・メイン。 2008年は、ギド・アシェットで2つ星、人気は鰻のぼり! 近年ではバランスに優れた良年として知られる 2011年もアキテーヌ2012で金賞を受賞しました。 お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス シャトーロックルメイン 2011 Ch acirc;teau Roque Le Mayne 全国無料,得価

お得な5日間スペシャルプライス シャペルドポタンサック 2006 Chapelle de Potensac 全国無料,得価

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■Robert Parker Comments■ 格付けされていないシャトーのいくつかが生産する 秀逸なワインこそ、消費者にとって、いわば思いがけない おいしい授かりものとも言えるワインなのである。 ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Chapelle de Potensac 2014年ヴィンテージ PP (83~85)点獲得!若い 2012年ヴィンテージ WA (82~84)点獲得! 2010年ヴィンテージ WA 85点獲得!若い 2008年ヴィンテージ WA (82~84)点獲得!落ちている ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ■レオヴィル・ラスカーズのスタッフが手掛ける、 格付けシャトー並みの品質を持つ実力派ワイン■ 現在ポタンサックには格付けがありません。 元々はブルジョワ級のシャトーでしたが、 2003年にはブルジョワ・エクセブショネル級に 昇格しました。 しかし、2009年にはブルジョワ級の申請を 行わず辞退しています。 実はポタンサックは、 シャトー・レオヴィル・ラスカーズのオーナー、ドゥロン家の所有。 ワイン造りはレオヴィル・ラスカーズのスタッフが行っており、 醸造コンサルタントにはミッシェル・ロラン氏を招き入れています。 以前から、品質の高いシャトーとして知られていましたが、 近年ではソシアンド・マレなどとともに、格付け外のワインの中で 確固としたクオリティを確立し、 格付けシャトーと同等以上の扱いを受けています。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著 1970年大半ばから、ポタンサックは、ミッシェル・ドロンと (2000年からは)その息子ジャン=ユベール(サン=ジュリアンの 名高いレオヴィル=ラス・カーズとポムロールのヌナンの所有者 でもある)のひらめきある力強い指導力のもとで、 明らかに格付けワイン並みの品質のワインをつくり上げてきた。 この広大な畑は、サン=ティザンの近くに位置し、メドックの この地区に見られる品質のレベルをはるかに超えたワインを 産出しており、これはドロン家の人々とメートル・ド・シェ (醸造責任者)ミッシェル・ロランの努力の賜物である。 ここのワインは、ドロンのワインの特徴である豊かさと、 カシスとベリーのような個性を持ち、優れた骨組みがあり、 すばらしい純粋さと、バランス、そして驚異的な熟成の 可能性を示している。 メドック北部のこの地域がこのような品質のワインを生産する ことはまれだが、ドロン家は一貫して、ポサンサックでこれを やり遂げている。 ドロンはまた、ポタンサックのセカンド・ラベルに相当する 一群の畑をほかに所有している。数年前までポサンサックは いくぶん通向けのワインだったが、もはやそうではない。 だが、このワインは、熱心なボルドーの愛好家なら、 ためさなければ、おかしいとさえ言える、 高品質なワインである。 探すべきヴィンテージには、2001年、2000年、1998年、 1996年、1995年などがある。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から掲載文引用 ◆シャペル・ド・ポタンサック [2006] Chapelle de Potensac◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 メドック地区 オルドナック村 ◆原産地呼称:AOCメドック セカンドワイン ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:メルロー57%、カベルネ・ソーヴィニョン43%、 ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆畑面積:57ha ◆平均樹齢:30年 ◆植樹密度:8,000本 ◆平均収量:55hl/ha ◆醸造:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレスとコンクリートのタンクで15~18日間。 ◆熟成:新樽10~15%で12~16ヶ月。清澄はするが、濾過はしない。 ◆飲み頃の続く期間:4~12年 ◆所有者:ドウロン家/Delon ◆輸入元:株式会社モトックス様 ※ラムチョップグリル ◆輸入元コメント◆ レオヴィル・ラス・カーズのオーナードウロン家が 所有のシャトー・ポタンサックのセカンドラベル。 渋みと酸味のバランスがとても良いワインです。 ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中14.5点獲得!2006年ヴィンテージ! ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 81点獲得!2006年! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家86点獲得!2006年ヴィンテージ! お得な5日間スペシャルプライス シャペルドポタンサック 2006 Chapelle de Potensac 全国無料,得価

お得な5日間↓値下げ↓ 豪華ギフト箱入り数量エディションドン ペリニヨン by ジェフクーンズ 2004 WS95点獲得 Champagne Dom Perignon Jeff Koons Limited Edition 全国無料,得価

送料無料 ▲PAGE TOP ドンペリニヨンとジェフ・クーンズのコラボレーションは、 「ドンペリニヨンbyジェフ・クーンズ」に引き継がれます。 ジェフ・クーンズはドンペリニヨンロゼのために バルーン・ヴィーナス を作った後、この創造物を転置し、 バルーン・ヴィーナス の色と形からインスピレーションを得て、 ドンペリニヨンの象徴的なボトルと ギフトボックスに新たな解釈を加えました。 この限定エディションは、創造する力やコラボレーションへの 絶対的な信念に基づいた、実り多きコラボレーションの 究極の表現です。 「創造的であるということは、可能性を押し広げようとする 姿勢にある」と、ジェフ・クーンズは言います。 ギフトボックスの中には、並外れた遊び心とエネルギーを たたえた、ふたつのヴィンテージが収められています。 エレガントで燦然としたドンペリニヨン2004年ヴィンテージ、 そして生き生きとして魅惑的、 掟破りなドンペリニヨンロゼ2003年ヴィンテージです。 ※ニューヨーク・ブロードウェイ在中のアーティスト ジェフ・クーンズ氏 ■□■ギフトボックス■□■ ドンペリニヨン2004年ヴィンテージと ドンペリニヨンロゼ2003年の両方のギフトボックスに、 ジェフ・クーンズ自身が外装と内装に自身のデザインを 施したものです。 外装には、ダークな背景にワインの色と マッチした バルーン・ヴィーナス が浮かび上がります。 ロゼのパッケージにはピンク、ブラン(白)には イエローの バルーン・ヴィーナス が再現されています。 ジェフ・クーンズのスタジオが バルーン・ヴィーナス の 滑らかな表面に映り込み、 アーティスト自身の創造のエネルギーを表現しています。 このイメージには、 ジェフ・クーンズのサインが添えられています。 バルーン・ヴィーナス を360度ぐるりと再現したボックスの 外装に、このオブジェの際立った存在感が漂っています。 ボックスが開くと、ボトルが現れます。 そのデザインは、透明カラーコーティングを施された 高クロムステンレススチール製の バルーン・ヴィーナス の、玉虫色の内装を模しています。 ボトルは バルーン・ヴィーナス・フォー・ドンペリニヨン の 場合と同様に、その実体が拡張されるかのように、象徴的な ドンペリニヨンのボトルが噴出する形で姿を現します。 ◆◆ボトル◆◆ ボトルはボックスと似て、フォイルの色がポップなひねりを 加えており、ドンペリニヨンブランとロゼのいずれも、 色彩とダークなボトルの間にある緊張感を表しています。 ボトルは、フォイルやボックスと同じカラーレイアウトの、 メタリックなシールド(盾)を抱いています。 ラベルはシールドの彩色された表面を引き立て、 遊び心にあふれながら神秘的な魅力を強調しています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:シャンパーニュ ◆ブドウ品種:シャルドネ、ピノ・ノワール ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ドンペリニヨンbyジェフ・クーンズ ■アントニオ・ガローニ氏■ ◆2004年ヴィンテージの評価とコメント◆ ドン ペリニヨン2004年ヴィンテージ。 その味わいはミネラル感に導かれ、エレガントかつ独特です。 これは張り詰めた緊張感を持ち、焦点が定まった ドン ペリニヨンのスタイルを表わすものであり、 より荒々しさのある2002年と2003年のヴィンテージとかけ離れています。 ■リシャール・ジェフロワ氏■ ◆2004年ヴィンテージの評価とコメント◆ 2004年ヴィンテージはドン ペリニヨンの調和、 ストリームライン、そして特別な包み込むような個性を持っています。 「クラシシズムを高める全てがそこに表現されています」と、 リシャール・ジェフロワは言います。 もし時間とともに、ドン ペリニヨン2004年ヴィンテージが 奥へと貫くような深みや強さを増したなら、逆説的になりますが、 自らの一貫性や本質を強め、その極めて、 優美なニュアンスを拡大させることになります。 2004 Champagne Dom Perignon Jeff Koons Limited Edition ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテーター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテーター95点獲得! 2004年ヴィンテージ♪ お得な5日間↓値下げ↓ 豪華ギフト箱入り数量エディションドン ペリニヨン by ジェフクーンズ 2004 WS95点獲得 Champagne Dom Perignon Jeff Koons Limited Edition 全国無料,得価

お得な4日間クール代 オーパス ワン 2010年2011年2010年 豪華3本セット 全国無料,得価

■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Opus One 2010年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 95点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 93+点獲得!若い 2005年ヴィンテージ PP 95点獲得!若い 2004年ヴィンテージ WA 96点獲得! 2003年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2002年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2001年ヴィンテージ WA 90点獲得!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 84点獲得! 1999年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1998年ヴィンテージ WA 86点獲得!落ちている 1997年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 94点獲得!早めに 1995年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1994年ヴィンテージ WA 92点獲得!早めに 1993年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1992年ヴィンテージ WA 92点獲得! 1991年ヴィンテージ WA 92点獲得!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 90点獲得!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 91点獲得!落ちている 1987年ヴィンテージ WA 93点獲得!落ちている 1986年ヴィンテージ WA 91点獲得! 1985年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1984年ヴィンテージ WA 87点獲得! 1982年ヴィンテージ WA 86点獲得! 1981年ヴィンテージ WA 78点獲得! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ 5大シャトーのひとつシャトー・ムートン・ロスシルドを所有。 その歴史は1922年、バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルドがこのシャトーの 魅力・美しさにすべてを注ぐことを決意したことにより始まりました。 [伝統と革新]を基盤に、幅広いビジネスを展開しています。 オーパス・ワン・ワイナリー (Opus One Winery) は、 カリフォルニア州ナパ郡にあるワイナリーである。 ワイナリーは、シャトー・ムートン・ロートシルトのフィリップ・ド・ロッチルト男爵 (Baron Philippe de Rothschild) とロバート・モンダヴィの間で カベルネ・ソーヴィニヨンに基づく一つのボルドー風のブレンドをつくる 合弁事業として1978年に設立された。 オーパス・ワン・ワイナリーは、オークビル (Oakville) の、 ロバート・モンダヴィ・ワイナリーからカリフォルニア州道29号線を横切った所に位置する。 このワイナリー・ベンチャーの立ち上げは、ワイン産業の一大ニュースであった。 ド・ロッチルトの動きは、急成長するナパ・ワインに一層の格を与えた。 ◆オーパス ワン [2011] Opus One◆ ◆原産国:アメリカ ◆生産地:カリフォルニア ナパヴァレー ◆産地AVA:オークヴィル ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニョン71%、メルロー11%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド9%、マルベック1% ◆アルコール度数:14% ◆容量:750ml ◆スキンコンタクト:17日(フランス語でマセラシオン・ぺリキュレールと呼ばれる醸造方法) ◆樽熟成:フランス産オークの新樽で18ヶ月間 ◆生産者:ロスシルド&モンダヴィ ◆2011年ヴィンテージ情報◆ 2011年のヴィンテージは 開花のあった6月に季節外れの雨が降り、 着果が妨げられました。不順な雨と低い気温の 影響で花ぶるいが発生し、各房の果実が小さくなり 数も減りましたが、果実の凝縮度は上がりました。 9月22日に始まった収穫は、10月25日に終了しました。 明るく赤い果実、ベイリーフ、カシスのフレッシュな アロマを呈したオーパスワンは、紅茶と白胡椒の ニュアンスがわずかに感じられます。 まろやかなタンニンとクリーミーなテクスチャーは、 フレッシュなチェリーとブラックチョコレートの風味を包みんでいます。 この洗練された、熟成の可能性を秘めるワインは、 サテンのような滑らかなフィニッシュと同時に、 きめの細かいタンニンがかすかに感じられます。 ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 88点獲得!2011年ヴィンテージ! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター89点獲得! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー90点獲得! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点92点獲得!2011年! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!92点を獲得した2011年ヴィンテージ! ◆オーパス ワン [2010] Opus One◆ ◆原産国:アメリカ ◆生産地:カリフォルニア ナパヴァレー ◆産地AVA:オークヴィル ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニョン84%、メルロー5.5%、カベルネ・フラン5.5%、マルベック1%、プティ・ヴェルド4% ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ロスシルド&モンダヴィ ◆テイスティング◆ 濃いガーネットの色調で、 凝縮した黒すぐり、ブラックチェリーの味わいに、 ヴァニラやコーヒーのニュアンスがあります。 まろやかさとしなやかさが共存し、 余韻にはシルクのようになめらかなタンニンが感じられます。 ◆2010年ヴィンテージは、 世界的な需要が拡大し、今までは日本での販売が大半でしたが、 日本への割り当てる輸入量が極端に少なくなってきており、 ワイナリーからの出荷価格も上がっており、入手困難で確保が難しくなっております。 是非ともお早目のご購入をお勧めいたします。 ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP過去最高評価!格別!96点を獲得! ※PP過去最高評価!格別!96点獲得ヴィンテージ! ◆2010年ヴィンテージ情報◆ 2010年のヴィンテージは季節外れの低気温、 タイミングの悪い降雨、そして驚くほど晴天で暑い日々と、 生育期が極めて困難な年であったことが長く記憶に刻まれるでしょう。 収穫直前に襲った猛暑の際は、葡萄樹に十分に葉を残していたために、 果実を日焼けから守ることができました。 9月23日に始まった収穫は、10月23日に終了しました。 ブラックベリー、バラの花びら、チョコレート、 エスプレッソを思わせるアロマに、深みのある果実と土系の ニュアンスが引き立っています。 そしてまろやかでベルベットのようなタンニンは、 かすかなミネラル感とともに、シルキーなテクスチャーの中に包み込まれています。 濃色な果実の風味は、すばらしく融合された酸によって高められ、 酸とタンニンのバランスのよさは、 このワインの長い成熟のポテンシャルを約束しています。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター92点獲得! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 94点獲得!2010年ヴィンテージ! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー95点獲得! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!96点を獲得した2010年ヴィンテージ! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点97点獲得!2010年! お得な4日間クール代 オーパス ワン 2010年2011年2010年 豪華3本セット 全国無料,得価

お得な スペシャルプライス ガバルダ ウノ 2012 Gabarda 1 全国無料,得価

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ◆カリニェナの野ばら!ガバルダ◆ ボデガス ガバルダは、 アラゴンの州都サラゴサの南45kmに位置します。 ボデガス イグナシオ マリンが、以前ここで ワイン造りをしていたボデガス ロマブランカから、 畑や醸造設備をそのまま引継ぎワイン造りをしています。 イグナシオ マリン家は、カリニェナで屈指の家族経営の生産者で、 その歴史は1903年まで遡ることが出来ます。 創始者であるイグナシオ マリンの時代から、代々引き継いできた 技術と経験を、新たなプロジェクトとなるボデガス ガバルダでの 葡萄栽培からワインの醸造までに生かしています。 95haからなる葡萄畑は、大陸性の影響を受けた乾燥した気候で、 冬は寒く、夏は非常に暑く、降雨量が少ないのが特徴です。 土壌は、粘土と石灰質で非常に水はけがよく、葡萄の栽培に適しています。 葡萄品種は、テンプラニーリョ、ガルナッチャ、シラー、 メルロ、シャルドネ等を栽培しています。 畑の管理の重要性を重んじ、自然環境に配慮しながら、 現代的な栽培技術を取り入れています。 この場所には大昔から、“Gabarda” (ガバルダ、野バラの意味)が 自生していたことから、畑はGabardosa = 野バラの土地と呼ばれ、 そこから出来るワインをGabardaと名付け、ラベルにも描かれています。 ◆ガバルダ ウノ [2012] Gabarda 1◆ ◆原産国:スペイン ◆生産地:北部カリニェナ ◆原産地呼称:D.O.CARINENA ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆ブドウ品種:ガルナッチャ、シラー ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆醗酵:ステンレスタンク ◆生産者:ボデガス ガバルダ ◆インポーターコメント◆ ガルナッチャが主体、シラーが少しブレンドされています。 葡萄は気温の低い夜の間に収穫します。 発酵前に、8℃に保ちながら、 5日間コールドマセラシオンを行った後、 それぞれのアロマの特徴を損なわないように、 品種ごとに分けステンレスタンクで発酵を行います。 濃いチェリーレッド、やわらかいミルキーな香りと花の香り。 口に含むと濃厚な果実味が感じられます。 ガルナッチャの持つしっかりとした骨格と シラーのシルクのような滑らかさを併せ持つ たいへんバランスのよいワインです。 BODEGAS GABARDA CARINENA 2012 Gabarda uno お得な スペシャルプライス ガバルダ ウノ 2012 Gabarda 1 全国無料,得価

クール代 お得な5日間↓バッチリ値下げ↓ オーパス ワン 2010 豪華綺麗な木箱3本セット 全国無料,得価

■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Opus One 2012年ヴィンテージ PP 96点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 97点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 93+点獲得!若い 2005年ヴィンテージ PP 95+点獲得!若い 2004年ヴィンテージ WA 96点獲得! 2003年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2002年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2001年ヴィンテージ WA 90点獲得!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 84点獲得! 1999年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1998年ヴィンテージ WA 86点獲得!落ちている 1997年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 94点獲得!早めに 1995年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1994年ヴィンテージ WA 92点獲得!早めに 1993年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1992年ヴィンテージ WA 92点獲得! 1991年ヴィンテージ WA 92点獲得!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 90点獲得!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 91点獲得!落ちている 1987年ヴィンテージ WA 93点獲得!落ちている 1986年ヴィンテージ WA 91点獲得! 1985年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1984年ヴィンテージ WA 87点獲得! 1982年ヴィンテージ WA 86点獲得! 1981年ヴィンテージ WA 78点獲得! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ 5大シャトーのひとつシャトー・ムートン・ロスシルドを所有。 その歴史は1922年、バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルドがこのシャトーの 魅力・美しさにすべてを注ぐことを決意したことにより始まりました。 [伝統と革新]を基盤に、幅広いビジネスを展開しています。 オーパス・ワン・ワイナリー (Opus One Winery) は、 カリフォルニア州ナパ郡にあるワイナリーである。 ワイナリーは、シャトー・ムートン・ロートシルトのフィリップ・ド・ロッチルト男爵 (Baron Philippe de Rothschild) とロバート・モンダヴィの間で カベルネ・ソーヴィニヨンに基づく一つのボルドー風のブレンドをつくる 合弁事業として1978年に設立された。 オーパス・ワン・ワイナリーは、オークビル (Oakville) の、 ロバート・モンダヴィ・ワイナリーからカリフォルニア州道29号線を横切った所に位置する。 このワイナリー・ベンチャーの立ち上げは、ワイン産業の一大ニュースであった。 ド・ロッチルトの動きは、急成長するナパ・ワインに一層の格を与えた。 カリフォルニア・ワイン ラベルにはモンダヴィとド・ロッチルト男爵2人の横顔とサイン(ラベル下)が 連なって書かれている。 オーパスワン(Opus One)とは音楽用語で 「作品番号1番」の意味で、『一本のワインは交響曲、一杯のグラスワインは メロディのようなものだ』という考えからド・ロッチルト男爵が命名したものである。 ◆ジョイントベンチャー バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社とロバート・モンダヴィ社の 提携によって誕生したカリフォルニア最良の赤ワインのひとつ。 積極果敢なジョイントベンチャー バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社は、伝統的なワインづくりを頑なに守り続ける一方で、 数々のジョイントベンチャーにより、新しい銘酒を世に送り出す進歩的な挑戦者でもあります。 例えば、カリフォルニアワインの父と称されるロバート・モンダヴィ社と、1979年に共同で生産を 開始した「オーパス・ワン」は、今日、カリフォルニア産最良の赤ワインのひとつとして 知られる存在になりました。 これ以外にも南米チリのコンチャ・イ・トロ社との提携で生まれたフランコ=チリワン・ワイン 「アルマヴィヴァ」や、南仏ラングドック地方のヴィニュロン・ドゥ・シュール・ダルク社と設立した バロナーク社により誕生した「バロナーク」は、各々数量限定の高級ワインとして高い評価を得ています。 ◆オーパス ワン [2010] Opus One◆ ◆原産国:アメリカ ◆生産地:カリフォルニア ナパヴァレー ◆産地AVA:オークヴィル ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニョン84%、メルロー5.5%、カベルネ・フラン5.5%、マルベック1%、プティ・ヴェルド4% ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ロスシルド&モンダヴィ ◆輸入元:株式会社レイフォード様 ◆テイスティング◆ 濃いガーネットの色調で、 凝縮した黒すぐり、ブラックチェリーの味わいに、 ヴァニラやコーヒーのニュアンスがあります。 まろやかさとしなやかさが共存し、 余韻にはシルクのようになめらかなタンニンが感じられます。 ◆2010年ヴィンテージは、 世界的な需要が拡大し、今までは日本での販売が大半でしたが、 日本への割り当てる輸入量が極端に少なくなってきており、 ワイナリーからの出荷価格も上がっており、入手困難で確保が難しくなっております。 是非ともお早目のご購入をお勧めいたします。 ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP過去最高評価!格別!96点を獲得! ※PP過去最高評価!格別!96点獲得ヴィンテージ! ◆2010年ヴィンテージ情報◆ 2010年のヴィンテージは季節外れの低気温、 タイミングの悪い降雨、そして驚くほど晴天で暑い日々と、 生育期が極めて困難な年であったことが長く記憶に刻まれるでしょう。 収穫直前に襲った猛暑の際は、葡萄樹に十分に葉を残していたために、 果実を日焼けから守ることができました。 9月23日に始まった収穫は、10月23日に終了しました。 ブラックベリー、バラの花びら、チョコレート、 エスプレッソを思わせるアロマに、深みのある果実と土系の ニュアンスが引き立っています。 そしてまろやかでベルベットのようなタンニンは、 かすかなミネラル感とともに、シルキーなテクスチャーの中に包み込まれています。 濃色な果実の風味は、すばらしく融合された酸によって高められ、 酸とタンニンのバランスのよさは、 このワインの長い成熟のポテンシャルを約束しています。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター92点獲得! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 94点獲得!2010年ヴィンテージ! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー95点獲得! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!96点を獲得した2010年ヴィンテージ! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点97点獲得!2010年! クール代 お得な5日間↓バッチリ値下げ↓ オーパス ワン 2010 豪華綺麗な木箱3本セット 全国無料,得価

5日間↓バッチリ値下げ↓ エル プンティード 2010 1500ml マグナム 箱入VINEDOS DE PAGANOS EL PUNTIDO MAGNUM 全国無料,得価

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ EL PUNTIDO 2011年ヴィンテージ 91+点獲得! 2010年ヴィンテージ PP 93点獲得! 2009年ヴィンテージ PP 92点獲得! 2008年ヴィンテージ PP 91~93点獲得! 2007年ヴィンテージ PP 93点獲得! 2006年ヴィンテージ PP 94点獲得!VP 85点! 2005年ヴィンテージ PP 94点獲得!VP 92点! 2004年ヴィンテージ PP 90点獲得!VP 95点! 2003年ヴィンテージ PP 94点獲得!VP 87点! 2002年ヴィンテージ PP 92点獲得!VP 76点! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓でワインを 楽しんでいただけると幸いでございます♪ ◆ボデガ・イ・ヴィニェードス・デ・パガノス この畑から収穫された葡萄はシエラ・カンタブリアの ワインとして醸造されておりました。 しかしこの25haから産み出される葡萄のポテンシャルに気づいた マルコス・エグレンがクリュ(単一畑)ワインとしてリリースする事を決断。 2001ヴィンテージに初めて瓶詰めされました。 サンテミリオンでは中世の時代、家を建てるために地中の石灰岩を 掘っていましたが、Vinedos de Paganosも、ワイナリーを作るために 6年の歳月をかけて石灰岩を掘りました。 マルコスの父、ギエルモが30年前に植え、その後葡萄の樹齢が 成熟期に入ってくる頃、子供達は醸造・熟成に最良のコンディションを 造るべく岩を掘り始め、ワイナリーは2004年に完成。 現在はオフィス機能もこのパガノスに集約され、エグレン家の主幹となっております。 El Puntidoの畑はそのワイナリー(石灰岩)の真上に位置し 葡萄はその石灰岩に根を伸ばしミネラル分を吸収します。 そして、そのミネラルを多く含んだ果実味を引き出すべく 6~8℃の低温浸漬を行います。 エグレン家が手掛けるヌマンシアやアマンシオ等と比べると 果実味の主張はやや控えめで、ミネラルや酸の硬質なニュアンスが 表現されたワインに仕上がっております。 ◆『ベスト・ワイナリー』を受賞!◆ 2007年1月15~18日にマドリッドで開催された フュージョンVインターナショナル・サミット・ガストロノミーにて 「スペインの素晴らしい11のワイナリー」が選びだされ、 その11ワイナリーの中からエグレン・ファミリーが 『ベスト・ワイナリー』 を受賞!しました。 ◆エル プンティード [2010] 1500ml マグナム VINEDOS DE PAGANOS EL PUNTIDO MAGNUM◆ ◆原産国:スペイン ◆生産地:リオハ地方 ◆原産地呼称:D.O.Ca. RIOJA ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:テンプラニーリョ100% ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:1,500ml・マグナム ◆畑の標高:600m ◆収量:27.9hl/ha ◆樹齢:40年  ◆醸造◆ 厳しい選果後、手作業にて除梗。更に選果台にて選果。 5日間6℃にて低温浸漬。ステンレスタンクにて8日間発酵。 最初の数日は日に2-3度のピジャージュ。その後は1日1回のピジャージュ。 新フレンチオークバリック100%にてマロラクティック発酵を行い、 同バリックにて16ヶ月熟成。熟成期間中は4か月毎に澱引き。 ◆生産者:ビニェードス・デ・パガノス(ラ・ファミリア・エグレン)(エグレン家) ◆テイスティング◆ 黒い果実やカカオ、なめし皮や 鉄を思わせるミネラルのアロマ。 滑らかな酸の存在感が濃厚な果実味を 包み込みスタイリッシュな印象。 更に口の中では香りで感じた 鉄のニュアンスがより強く感じられます。 ※スペインの新聞エル・ムンドのワインセクション(ワインスコアリングスケール) ■エル・ムンドヴィーノワインセクション■ Elmundovino.com 20点中16点獲得!2010年! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター91点獲得! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー93点獲得! ※オーストリアワインガイド・ファルスタッフマガジン ■Falstaff Wine Guide■ Falstaffjobs.com 94点獲得!2010年ヴィンテージ! ※スペインで最も権威あるスペインワインガイド ■ギア・ペニン GUIA PENIN■ Guiapenin.com 96点獲得!2010年ヴィンテージ! ※ワインの品質や文化の普及を促進するためのスペインワインガイド ■ギア・プロエンサ GUIA PROENSA■ Proensa.com 98点獲得!2010年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!93点獲得!2010年ヴィンテージ! 5日間↓バッチリ値下げ↓ エル プンティード 2010 1500ml マグナム 箱入VINEDOS DE PAGANOS EL PUNTIDO MAGNUM 全国無料,得価

お得な4日間スペシャルプライス ムーランドシトラン 2006 Moulins de Citran 全国無料,得価

メーカー希望小売価格 2,900円 が 2,350円!輸入元取扱い終了! お得な19%OFF! ※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 1932年にクリュ・ブルジョワとして格付けされたこのシャトーは 1235年にその歴史をマルゴー村とムーリス村のほぼ中間に 位置するアヴァンサン村で刻み始めました。 600年にわたり、ドニッサン侯爵家の領地でしたが、 その後、1832年にボワイエ・クローゼル家がその領地を取得し、 第二次世界大戦後、ネゴシアンを営むミアイユ家がシャトーを 買い取り、ワインの品質向上に情熱を注ぎました。 1987年、日本の「東高ハウス」がその美しい館や庭園に魅入られ 買収し、ラベルを変更したり、畑の整備、発酵室や樽熟成庫の増築、 独自設計のステンレス・タンクやターブル・ド・トリ(選果台)の導入、 収穫時の選果、区画や樹齢による小ロットの醸造などの大規模な 資本注入を行い、一大改革を押し進めました。 その後1996年、ボルドーネゴシアンであるタイヤングループの傘下となり、 また、コンサルタントにミッシェル・ロラン氏を迎え、 トップ クリュ・ブルジョワとして高い酒質のワインを造り続けています。 現在、シャトー・シトランは総面積90ヘクタールに及ぶ畑を持ち、 年間、約54万本を生産しています。 ◆ムーラン・ド・シトラン [2006] Moulins de Citran◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー ◆地区:オー・メドック ◆原産地呼称:A.O.C.オー・メドック ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 58%、メルロー 42% ◆醸造・熟成 熟成:オーク樽にて12ヶ月 ◆年間生産量:200,000本 ◆タイプ:赤・フルボディ ◆飲み頃温度:16℃ ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆コメント◆ シャトー・シトランのセカンド・ワイン。 シャトー・シトランよりは幾分ライトな味わいですが、 十分複雑なコクと豊かな果実味を持つ 芳醇な赤ワインに仕上げられています。 ムーラン(水車、風車)の名前は、 畑の近くに水車と風車があることから名付けられています。 シトランは、マルゴーとムーリの間、アヴァンサン村にあります。 1987年にオーナーが変り、品質が向上しました。 お得な4日間スペシャルプライス ムーランドシトラン 2006 Moulins de Citran 全国無料,得価

本日のオススメ フェッラーリドゥミセック 全国無料,得価

※2014年4月、問屋様にて競合い(ライバル会社)が間に入り、 仕入れ値のかけ率を大きく上げられてしまい値上げをせざるを得ない状況です。 正規品ですのでワインの仕入れの中で一番高い業者様になります。 7年間強、運営してまいりましたが、このルートだけは、ほぼ赤字でした。 何とぞご理解とご協力をお願い申し上げます。 ◆◆価格改定のお知らせ◆◆ すでに報道等でご承知の事と存じますが、 昨今の急激な円安の進行と、生産者出荷価格の上昇により、 現行価格の維持が困難な商品が出てきております。 つきましては、誠に心苦しくはありますが、5月1日より 一部商品の販売価格の改定を行うことになりましたのでお知らせ申し上げます。 又、定価が変わった輸入ワインなども御座います。 何とぞご理解とご協力を賜りご寛容くださいますよう御願い申し上げます。 尚、今後円高になった際には、値下げをさせて頂きます。 ◆INTRODUCTION/ワイナリー紹介◆ フェッラーリスプマンテは、発売以来国境を越えて世界の五つの大陸に 輸出されています。スプマンテ事業の参入がもっとも難しいとされる フランスでも愛飲されているきわめて稀なスプマンテ。 パリの有名なナイトスポットである“リド”で、シャンパンリストの中に ただひとつ載っているスプマンテとしても有名です。 またフェッラーリは、 イタリアの大統領官邸をはじめ、国外のイタリア大使館の公式晩餐会の 食卓でも必ずサーヴされるスプマンテとしても有名です。 レーガンからゴルバチョフ、ブッシュ、エリザベス女王、ムバラク、ミッテラン、 クリントン、そしてジェノバサミットでの小泉首相まで、 世界のリーダーたちがこのフェッラーリで乾杯をしてきました。 ◆HISTORY/歴史◆ スプマンテ造りの先駆者 フェッラーリ社は、ジュリオ・フェッラーリが 1902年にイタリアのトレンティーノで 「メトッド・クラシコ(クラシカル・メソッド=シャンパーニュと 同じ瓶内二次発酵による製法)」による スプマンテを造りはじめた時に起源を発します。 ジュリオ・フェッラーリは「メトッド・クラシコ」で造るイタリアのスプマンテの パイオニアのひとりというだけでなく、フランスから持ち込んだ シャルドネを用いて初めてスプマンテを 造った生産者でした。 ドイツのガイゼンハイム、フランスでも醸造を学んだ後、 シャンパーニュの生産者のもとで研修をしたフェッラーリは、 醸造機器もすべてシャンパーニュから学び、かの地と同じ品種、 同じ製法でスプマンテを造りはじめました。 その後ジュリオ・フェッラーリが設立したワイナリーは、 1952年に現在のオーナーであるルネッリ・ファミリーに引き継がれました。 当主のブルーノ・ルネッリの3人の息子たち フランコ、ジーノ、マウロは、スプマンテ造りを自らの天命と信じた ジュリオ・フェッラーリの製品造りの信条を充分に理解し、維持、 発展させていくことになります。 トレンティーノの優れたぶどう畑からとれる高品質なぶどうと、 古い製法のルールに 厳格なほどに忠実なこと。それがジュリオ・フェッラーリの信条でした。 ルネッリ・ファミリーが製品づくりのうえでもっとも大切にしていること、 それは彼らが造りだす製品が常に最高の品質を誇ること、 そしてトレントの土地への忠実な信頼。 その価値観に従って造りだされる「フェッラーリスプマンテ」は、 今ではイタリアを代表する伝説的な製品となっています。 ◆2つのフェッラーリのコラボレーションがスタート◆ スプマンテ「フェッラーリ」は スーパーカー「フェッラーリ」のオーナーたちから成る「フェッラーリ・クラブ・イタリア」と コラボレーション契約を結び、 この後のクラブの様々な活動をサポートすることになりました。 その皮切りとも言えるのが2005年9月1日、ミラノにオープンした 「フェッラーリ・ストア」のオープニング・セレモニー。 このショップはフェッラーリの世界へ向けたショーウィンドーとも言えるもの。 当日はミハエル・シューマッハやルーベンス・バリチェッロもお祝いに駆けつけ、 多くのファンたちとフェッラーリで乾杯。 また、9月にイタリア モンツァで開催された「F1グランプリ」では、 ゴール前に設営されたフェッラーリ・パドックでもスプマンテ・フェッラーリが 用意され、訪れた多くのVIPたちを歓迎しました。 ◆Academy Party 2005 in Hollywood◆ ハリウッドで2005年のアカデミー賞の 受賞を祝うパーティーがエルトン・ジョンによって開催されました。 集まった多くのセレブリティーが祝杯を上げたのもフェラーリ。 ◆16回目の「トレ・ビッキエーリ」受賞◆ 2006年10月、 フェッラーリ(Giulio Ferrari Riserva del Fondatore 1997)は 今年もイタリアのワインにとって最も栄誉のある賞! 「トレ・ビッキエーリ」受賞の栄誉に輝きました。 これにより、受賞は通算16回目。 ◆フェッラーリ・ドゥミ・セック Ferarri Demi Sec◆ ◆VINTAGE:*** ◆格付け:Trento DOC ◆生産地域:トレント周辺の丘陵地帯、ヴァル・ダディジェ、 ヴァル・ディ・チェンブラ、ヴァッレ・ディラーギ(標高300-700m) ◆ぶどう品種:シャルドネ100% ◆アルコール度数:12.5% VOL 750ml ◆色:白 ◆ボディ:ミディアムボディ ◆適温:7-8℃ ◆料理:やや甘口の味わいのため、デザートに良く合う。 ◆製造方法 9月初旬に手摘みにて収穫。 温度管理されたステンレスタンクで自社培養酵母を 使用し、12日間発酵(発酵温度20℃)。 長期間にわたる熟成。 ◆テイスティングノート◆ シャンパーニュ(メトッド・クラシコ)方式で つくられたスパークリングワイン。 緑がかった麦わら色、 生き生きとした繊細な泡は豊富で長く持続する、 フレッシュな香り、熟れたゴールデン・デリシャス・リンゴや 野の花の濃い香り、ほのかにイーストを感じさせるフレーヴァー。 クリーンで調和のとれた味わい。 熟したフルーツの風味が心地よい。やや甘口。 本日のオススメ フェッラーリドゥミセック 全国無料,得価

お得な スペシャルプライス シャトー キャンセット ド ラトゥール 2005 サンテミリオン グランクリュ 全国無料,得価

メーカー希望小売価格 3,500円 が 特別価格!2,920円! お得な16.6%OFF! ※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ◆ジャック ド ラトゥール デュ ファイエ◆ 恵まれた畑とプジョルやブアールのコンサルタント! シャトーがあるのは サン・テミリオンの南のサン・シュルピス・ド・ファレイランで、 この村にはモンブスケやガレージワインのランソランス、 またヴァランドローの畑の一部があります。 ファイエは三代目で、サン・テミリオンの学校で、 畑の耕作と醸造について学びました。 1999年から ベルナール・プジョル(シャトー・パプ・クレマンの元醸造長)と ユベール・ド・ブアール(シャトー・アンジェリュスのオーナー)による コンサルタントを受け、彼らが用意した樽を使い、瓶詰め・販売を任せています。 畑は12ha所有し、9haが サン・テミリオン グラン・クリュ、残りはボルドー シューペリュールです。 ◆シャトー キャンセット ド ラトゥール [2005] Château Canset de la Tour◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 サン・テミリオン地区 ◆格付け:A.O.C.サン・テミリオン グラン・クリュ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:メルロー80%、カベルネ・フラン20% ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆葡萄園面積:9ha ◆平均樹齢:30年 ◆熟成:樽20%、タンク80%、1年間 ◆新樽比率:50% ◆生産者:ジャック ド ラトゥール デュ ファイエ ◆コメント◆ 収穫は手摘みです。 温度調節のもと発酵を行い、 マセラシオン カルボニクもしています。 清澄は卵白で行います。 発酵期間は21日間で、熟成は20%樽(その内50%が新樽)、 残りがタンクで1年間行います。 おちついたカシスの香り。 力強く、口に含んだ途端風味が広がり、 樽香はひかえめです。 ※ギイド・アシェット誌 ■LE GUIDE HACHETTE DE VINS 2009 ギイド・アシェット■ ◆シャトー・キャンセット・ド・ラトゥール 2005年ヴィンテージ1つ星★獲得! ※フランスのアシェット社が1986年から毎年出版するフランスワインガイドブック お得な スペシャルプライス シャトー キャンセット ド ラトゥール 2005 サンテミリオン グランクリュ 全国無料,得価

1本につき個別 分だけ割引 お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス シャトーシトラン 2011 Ch acirc;teau Citran 全国無料,得価

メーカー希望小売価格 3,300円 が SPECIALPRICE¥2,830円! お得な14.3%OFF! ※1本につき個別送料分だけ割引とは、表示されている送料分が 1本に対して通常の送料から割引となり断然お得です。 ※なお、個別送料分だけ割引サービスはポイントに応じて 変動いたします、また、ポイント8~10倍の期間は 対象外となりますので予めご了承ください。 ※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■Robert Parker Comments■ 格付けされていないシャトーのいくつかが生産する 秀逸なワインこそ、消費者にとって、いわば思いがけない おいしい授かりものとも言えるワインなのである。 ◆パーカー氏ボルドー第4版コメント◆ 1855年のジロンド・ワインの格付けに入らなかった シャトーの中から1932年に444のクリュ・ブルジョワ級 シャトーが3つのカテゴリーに分類され、リスト化された。 この格付けを更新しようという取り組みのもと、 新しい格付けが「サンディカ・デ・クリュ・ブルジョワ」 と呼ばれるブルジョワ級シャトーの組合によって1966年に発行された。 ※サンディカ(1978年の組合) 最近の成果は1978年に発行された128シャトーの改訂版リストである。 18のシャトーが「グラン・ブルジョワ・エクセプショネル級」の地位を 与えられ、41が「グラン・ブルジョワ級」の地位を授けられ、 68が「ブルジョワ級」に指定されている。 ■2003年6月に従来の400銘柄から更新され、 計247銘柄へと変わる大改訂が行われた。 ◆クリュ・ブルジョワ・エクセプショネル級(9銘柄) ◆クリュ・ブルジョワ・シュペリュール級(87銘柄) ◆クリュ・ブルジョワ級(151銘柄) この公的な格付けはシャトー側から申請のあったもののみ 審査されるため、ソシアンド=マレ(オー・メドック)のように 申請を行わなかったシャトーは、誰もが品質を認めるもの であっても格付けからは漏れることになります。 ※選外になったからといって かならずしも品質が落ちたとは限りません。 クリュ・ブルジョワ級、トップクラスの実力派ワイン! 濃密な果実味の親しみやすい味わい♪ ■ボルドー第4版パーカー氏コメント■  日本企業による買収から10年(1987年から1997年)で、 このシャトーのワインの品質は急上昇した。 この成功にもかかわらず、シトランは精力的な ジャック・メルローが経営する ソシエテ・ベルナール・タイヤンに売却されてしまった。 セラーの修復、新しい所有者の肩入れ、新樽比率の引き上げ、 選別をより厳密にしたこと(その結果としてセカンド・ワインを 導入したこと)、そして総合的な優れた運営によって、 最近数年間にわたってすばらしいワインを生み出すようになった。 批判すべきところがあるとすれば、新樽の使用率をあげたために、 ワインに唐突で、いぶしたような、ほとんど焦げたような特徴を 与えたことだろうか。 繊細さと微妙さを持つクラレットを好んでいた人たちは、 この派手な力強さには気をそがれてしまう恐れがある。  それでも新しいヴィンテージは10年まではうまく熟成する だろうし、シトランが以前に生産したどのワインにも増して 著しく興味深く、心地よいワインである。 伝統的で暗い感じのシャトー・シトランの瓶から、 新しいデザイナーによる人目を引くラベルのついた ラベルに替わったことで、値段がじりじり上がったことも 指摘しておこう。 ここはブルジョワ級のシャトーでも最上級の1つで ワインはしばしば格付けシャトーをしのぐ。 2000年、1996年、1990年、1989年 といったヴィンテージは最高級である。 ■※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用■ ◆シャトー・シトラン [2011] Château Citran◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ◆格付け:クリュ・ブルジョワ級(2003年の格付けでブルジョワ・シュペリュール級に格上げ) ◆ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン43%、メルロー49%、カベルネ・フラン8% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆飲み頃温度:17℃ ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆畑面積:90.0ha ◆平均樹齢:28年 ◆植樹密度:6,600/ha本 ◆平均収量:43hl/ha ◆育成:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレス槽で24日間。 ◆熟成:オーク樽熟成12~16ヶ月(新樽比率40%)清澄も濾過も行う。 ◆ファーストラベル:シャトー・シトラン(30万本) ◆セカンド・ラベル:ムーランド・シトラン(20万本) ◆飲み頃の続く期間:収穫後6~14年 ◆所有者:SA シャトー・シトラン メルロー家 ◆テイスティング◆ 着実に評価を上げている オー・メドックの人気シャトー! 十分なタンニンによるコクと それでいてしなやかな舌触りが楽しめる銘品で、 カシスのような黒系果実の凝縮感のある香りに、 スパイスやキノコ、なめし革、腐葉土など複雑なニュアンスが感じられます。 濃密で豊かな果実味が中心で、酸やタンニンは程よく、 親しみやすい雰囲気を持っています。 ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 84点獲得!2011年! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!84点を獲得した2011年ヴィンテージ! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 89点獲得!2011年ヴィンテージ! ※英国のワインジャーナリスト ■ワイン評論家ティム・アトキン氏の評価■ TimAtkin.com 高得点90点獲得!2011年! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家91点獲得!2011年ヴィンテージ! 1本につき個別 分だけ割引 お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス シャトーシトラン 2011 Ch acirc;teau Citran 全国無料,得価

オーパス ワン 2004 木箱発送 1本セット 全国無料,得価

■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Opus One 2010年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 95点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 93+点獲得!若い 2005年ヴィンテージ PP 95点獲得!若い 2004年ヴィンテージ WA 96点獲得! 2003年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2002年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2001年ヴィンテージ WA 90点獲得!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 84点獲得! 1999年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1998年ヴィンテージ WA 86点獲得!落ちている 1997年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 94点獲得!早めに 1995年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1994年ヴィンテージ WA 92点獲得!早めに 1993年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1992年ヴィンテージ WA 92点獲得! 1991年ヴィンテージ WA 92点獲得!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 90点獲得!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 91点獲得!落ちている 1987年ヴィンテージ WA 93点獲得!落ちている 1986年ヴィンテージ WA 91点獲得! 1985年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1984年ヴィンテージ WA 87点獲得! 1982年ヴィンテージ WA 86点獲得! 1981年ヴィンテージ WA 78点獲得! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ 5大シャトーのひとつシャトー・ムートン・ロスシルドを所有。 その歴史は1922年、バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルドがこのシャトーの 魅力・美しさにすべてを注ぐことを決意したことにより始まりました。 [伝統と革新]を基盤に、幅広いビジネスを展開しています。 オーパス・ワン・ワイナリー (Opus One Winery) は、 カリフォルニア州ナパ郡にあるワイナリーである。 ワイナリーは、シャトー・ムートン・ロートシルトのフィリップ・ド・ロッチルト男爵 (Baron Philippe de Rothschild) とロバート・モンダヴィの間で カベルネ・ソーヴィニヨンに基づく一つのボルドー風のブレンドをつくる 合弁事業として1978年に設立された。 オーパス・ワン・ワイナリーは、オークビル (Oakville) の、 ロバート・モンダヴィ・ワイナリーからカリフォルニア州道29号線を横切った所に位置する。 このワイナリー・ベンチャーの立ち上げは、ワイン産業の一大ニュースであった。 ド・ロッチルトの動きは、急成長するナパ・ワインに一層の格を与えた。 カリフォルニア・ワイン ラベルにはモンダヴィとド・ロッチルト男爵2人の横顔とサイン(ラベル下)が 連なって書かれている。 オーパスワン(Opus One)とは音楽用語で 「作品番号1番」の意味で、『一本のワインは交響曲、一杯のグラスワインは メロディのようなものだ』という考えからド・ロッチルト男爵が命名したものである。 ◆ジョイントベンチャー バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社とロバート・モンダヴィ社の 提携によって誕生したカリフォルニア最良の赤ワインのひとつ。 積極果敢なジョイントベンチャー バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社は、伝統的なワインづくりを頑なに守り続ける一方で、 数々のジョイントベンチャーにより、新しい銘酒を世に送り出す進歩的な挑戦者でもあります。 例えば、カリフォルニアワインの父と称されるロバート・モンダヴィ社と、1979年に共同で生産を 開始した「オーパス・ワン」は、今日、カリフォルニア産最良の赤ワインのひとつとして 知られる存在になりました。 これ以外にも南米チリのコンチャ・イ・トロ社との提携で生まれたフランコ=チリワン・ワイン 「アルマヴィヴァ」や、南仏ラングドック地方のヴィニュロン・ドゥ・シュール・ダルク社と設立した バロナーク社により誕生した「バロナーク」は、各々数量限定の高級ワインとして高い評価を得ています。 ◆オーパス ワン [2004] Opus One◆ ◆原産国:アメリカ ◆生産地:カリフォルニア ナパヴァレー ◆産地AVA:オークヴィル ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニョン86%、メルロー7%、カベルネ・フラン2%、マルベック1%、プティ・ヴェルド4% ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ロスシルド&モンダヴィ ◆テイスティング◆ 濃いガーネットの色調で、 凝縮した黒すぐり、ブラックチェリーの味わいに、 ヴァニラやコーヒーのニュアンスがあります。 まろやかさとしなやかさが共存し、 余韻にはシルクのようになめらかなタンニンが感じられます。 オーパス ワン 2004 木箱発送 1本セット 全国無料,得価

お得な5日間 シャトーシトラン 2011 6本セット 全国無料,得価

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ◆パーカー氏ボルドー第4版コメント◆ 1855年のジロンド・ワインの格付けに入らなかった シャトーの中から1932年に444のクリュ・ブルジョワ級 シャトーが3つのカテゴリーに分類され、リスト化された。 この格付けを更新しようという取り組みのもと、 新しい格付けが「サンディカ・デ・クリュ・ブルジョワ」 と呼ばれるブルジョワ級シャトーの組合によって1966年に発行された。 ※サンディカ(1978年の組合) 最近の成果は1978年に発行された128シャトーの改訂版リストである。 18のシャトーが「グラン・ブルジョワ・エクセプショネル級」の地位を 与えられ、41が「グラン・ブルジョワ級」の地位を授けられ、 68が「ブルジョワ級」に指定されている。 ■2003年6月に従来の400銘柄から更新され、 計247銘柄へと変わる大改訂が行われた。 ◆クリュ・ブルジョワ・エクセプショネル級(9銘柄) ◆クリュ・ブルジョワ・シュペリュール級(87銘柄) ◆クリュ・ブルジョワ級(151銘柄) この公的な格付けはシャトー側から申請のあったもののみ 審査されるため、ソシアンド=マレ(オー・メドック)のように 申請を行わなかったシャトーは、誰もが品質を認めるもの であっても格付けからは漏れることになります。 ※選外になったからといって かならずしも品質が落ちたとは限りません。 クリュ・ブルジョワ級、トップクラスの実力派ワイン! 濃密な果実味の親しみやすい味わい♪ ■ボルドー第4版パーカー氏コメント■  日本企業による買収から10年(1987年から1997年)で、 このシャトーのワインの品質は急上昇した。 この成功にもかかわらず、シトランは精力的な ジャック・メルローが経営する ソシエテ・ベルナール・タイヤンに売却されてしまった。 セラーの修復、新しい所有者の肩入れ、新樽比率の引き上げ、 選別をより厳密にしたこと(その結果としてセカンド・ワインを 導入したこと)、そして総合的な優れた運営によって、 最近数年間にわたってすばらしいワインを生み出すようになった。 批判すべきところがあるとすれば、新樽の使用率をあげたために、 ワインに唐突で、いぶしたような、ほとんど焦げたような特徴を 与えたことだろうか。 繊細さと微妙さを持つクラレットを好んでいた人たちは、 この派手な力強さには気をそがれてしまう恐れがある。  それでも新しいヴィンテージは10年まではうまく熟成する だろうし、シトランが以前に生産したどのワインにも増して 著しく興味深く、心地よいワインである。 伝統的で暗い感じのシャトー・シトランの瓶から、 新しいデザイナーによる人目を引くラベルのついた ラベルに替わったことで、値段がじりじり上がったことも 指摘しておこう。 ここはブルジョワ級のシャトーでも最上級の1つで ワインはしばしば格付けシャトーをしのぐ。 2000年、1996年、1990年、1989年 といったヴィンテージは最高級である。 ■※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用■ ◆シャトー・シトラン [2011] Château Citran◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ◆格付け:クリュ・ブルジョワ級(2003年の格付けでブルジョワ・シュペリュール級に格上げ) ◆ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン43%、メルロー49%、カベルネ・フラン8% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆飲み頃温度:17℃ ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆畑面積:90.0ha ◆平均樹齢:28年 ◆植樹密度:6,600/ha本 ◆平均収量:43hl/ha ◆育成:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレス槽で24日間。 ◆熟成:オーク樽熟成12~16ヶ月(新樽比率40%)清澄も濾過も行う。 ◆ファーストラベル:シャトー・シトラン(30万本) ◆セカンド・ラベル:ムーランド・シトラン(20万本) ◆飲み頃の続く期間:収穫後6~14年 ◆所有者:SA シャトー・シトラン メルロー家 ◆テイスティング◆ 着実に評価を上げている オー・メドックの人気シャトー! 十分なタンニンによるコクと それでいてしなやかな舌触りが楽しめる銘品で、 カシスのような黒系果実の凝縮感のある香りに、 スパイスやキノコ、なめし革、腐葉土など複雑なニュアンスが感じられます。 濃密で豊かな果実味が中心で、酸やタンニンは程よく、 親しみやすい雰囲気を持っています。 ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 84点獲得!2011年! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!84点を獲得した2011年ヴィンテージ! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 89点獲得!2011年ヴィンテージ! ※英国のワインジャーナリスト ■ワイン評論家ティム・アトキン氏の評価■ TimAtkin.com 高得点90点獲得!2011年! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家91点獲得!2011年ヴィンテージ! お得な5日間 シャトーシトラン 2011 6本セット 全国無料,得価

お得な4日間スペシャルプライス ドメーヌドルーアンラローズ ジュヴレシャンベルタンクレピヨ 2008 プルミエクリュDOMAINE DROUHIN LAROZE GEVREY CHAMBERTIN 1er CRU CRAIPILLOT 全国無料,得価

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■ジュヴレ・シャンベルタン9つのグラン・クリュ■ (1) シャンベルタン/Chambertin(2) シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ/Chambertin-Clos de Beze(3) マジ・シャンベルタン/Mazis-Chambertin(4) リュショット・シャンベルタン/Ruchottes-Chambertin(5) ラトリシエール・シャンベルタン/Latricieres-Chambertin(6) シャルム・シャンベルタン/Chambertin(7) マゾワイエール・シャンベルタン/Mazoyeres-Chambertin(8) シャペル・シャンベルタン/Chapelle-Chambertin(9) グリオット・シャンベルタン/Griotte-Chambertin フィサンの南隣にブロション(Bro-Chon)村がある。 ここのワインは村名のAOCがなく、コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ (Cote de Nuits-Villages)または、ブルゴーニュ(Bourgogne)の AOCとなっている。このブロション村の南隣にジュヴレ(Gevrey)村がある。 865年にこの村がサン・ベニーニュ僧院(Abbaye de St. Benigne)へ寄進された との記事が『ブルゴーニュ年代記』に見られるが、 現在のように、ジュヴレ村という 村名にこの村のなかで最も有名なクリマ(ぶどう園)であるシャンベルタン(Chambertin) の名前を連子符(ハイフン)で繋いで、ジュヴレ・シャンベルタン(Gevrey-Chambertin) と呼ぶようになったのは、1847年以降である。 現在この村は赤ワインのみAOCになっており、ワインは深みのある濃い色で、 ブラックチェリーのアロマがあり、口に含むと豊潤でコクがあり、 酸とタンニンが多いのでバランスがよく、ビロードの喉越しをもち、 余韻の長い赤ワインを産することで有名である。   上記グラン・クリュのなかでシャンベルタンとシャンベルタン・クロ・ド・ベーズの 2つは、別格扱いされる最高級のクリマである。 シャンベルタンのクリマ自体は遠く13世紀に 開設されたわずか13haにすぎない小さなぶどう園である。 不世出(めったに世に現れないほどすぐれている天才)のナポレオンがこのシャンベルタンを 愛飲した話は有名である。力強く、際立って華麗な色調、すみれの芳香と濃縮された果実味と ビロードのような、滑らかな喉越しは、まさにブルゴーニュの王者の風格がある。 クロ・ド・ベーズは630年にベーズ僧院(Abbaye de Beze)の僧侶達によって 開発されたのでその名が起こった。 このクリマは有名なシャンベルタンの畑とムネ続きになっている。 ここのワインの品質および銘柄はシャンベルタンと同様の扱いを受ける資格が与えられており、 シャンベルタン、または、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズの名で売られる。 このワインにはきっぱりとした確かさ、力強さ、洗練されたきめのこまかさなど、 およそ他の追随を許さない銘醸ブルゴーニュの本質的な美点を兼ね備えた個性的な輝きがある。 上記両クリマは多数の所有者(栽培者)によって分割されている。 ■著名な一流の24名の所有者を次にあげる。 (1) ピエール・ダモア/Pierre damoy(2) リヴィラ/Livera(3) マリヨン博士/Dr. Marion(4) ジャント/Jantot(5) ルイ・ラトゥール/Louis Latour(6) エルヴィナ・デュポン/Elvina Dupont(7) J.H. レミー/J.H. Remy(8) J. プリュール/J. Prieur(9) レオン・カミュ/Leon Camus(10) ド・マルシイ/De Marcilly(11) ルブールソー/Rebourseau(12) J & H/J & H(13) ルイ・トラペ/Louis Trapet(14) デュフルール/Dufouleur(15) ドルーアン・ラローズ/Drouhin-Laroze(16) コルソルティウム・ヴィニコール/Consortium Vincole(17) ゲラン/Gelin(18) ジャブレ・ヴェルシュル/Jaseph-Vercherre(19) ジョセフ・ドルーアン/Joseph Drouhin(20) グロフィエ/Groffier(21) ペラゾー・グロイフィエ/Peirazeau-Groffier(22) トルトショ/Tortochot(23) マダム・トマス/M Thomas(24) クレール・ダュ/Clair-Dau  これらの人は、いうまでもなくその伝統と格式ある酒づくりには定評があり、 最良の元詰めシャンベルタンを世に送り出すが、この所有地がきわめて小さく、 年間生産量も微量であるから、彼らは自分自身の名でそのワインを売りには出さず 搾りたての新酒を樽のままでネゴシアンに売ってしまう。  シャンベルタン、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ以外の7つのクリマ、 マジ、シャペル、グリオット、シャルム、ラトシエール、マゾワイエール、 リュショットの各ワインは、その固有のクリマ名のあとに、シャンベルタンの名前を 続けて呼ぶ権利をもっていて、たとえば、リュショット・シャンベルタンというように 表示できる(シャルム・シャンベルタンはマゾワイエール・シャンベルタンとも 名のることができるが、両者はどちらの名称を用いてもよいこととなっている)。  これらグラン・クリュAOCの法定基準は必要アルコール含有量11.5~14.5度、 1ha当たりの生産制限量3700リットルと定められている。 ただし、別格扱いのシャンベルタンとシャンベルタン・クロ・ド・ベーズは、 必要アルコール含有量は11.5~14.5度であるが、 1ha当たりの生産制限量3500リットルと、基準が一段と厳しくなっている。 ※ワインの知識とサービス 浅田勝美 著 柴田書店より掲載文抜粋 ◆ジュヴレ・シャンベルタンの由緒ある銘醸ドメーヌ◆ ドルーアン・ラローズは1850年の設立以来、 ジュヴレ・シャンベルタン村にて5代に渡って ワイン造りを続ける、家族経営のドメーヌです。 シャンベルタン・クロ・ド・ベーズをはじめ、 ラトリシエール・シャンベルタン、 シャペル・シャンベルタンなど、 綺羅星のような グラン・クリュを6つも所有しています。 その畑はどれも 「特級畑の中でも最良の区画にある」 と 言われ、どのワインも非常に人気が高くなっています。 さらに、所有するグラン・クリュの1つである ボンヌ・マールの面積は実に1.39ha。 なんとその面積は、ジョルジュ・ルーミエを 僅差で破り、ヴォギュエに次ぐ大きさなのです。 また、生産量が極端に少ないことで有名なミュジニーも 1996年より手に入れ、ブルゴーニュ中の注目を浴びました。 ※オーナー:フィリップ・ドルーアン氏 ◆ドメーヌ・ドルーアン・ラローズ ジュヴレ・シャンベルタン・クレピヨ [2008] DOMAINE DROUHIN LAROZE GEVREY-CHAMBERTIN 1er CRU CRAIPILLOT◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区 ◆原産地呼称:A.O.C.ジュヴレ・シャンベルタン・クレピヨ 第1級畑 プルミエ・クリュ ■原産地統制呼称・格付けのAOCとACの違い■ AOC=Appelation d'Origine Controlée (アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ) 原産地統制呼称。Origineは、原産地という意味です。 Appellation (原産地・ジュヴレ・シャンベルタン・クレピヨ) Contrôléeが入っている場合は、 ACという表記になります。 4段階の品質分類の一番上位の(AOC)のことで、 (AC)は(AOC)のうちの(O)を省略している表現で、 どちらも同じ表記になります。 アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(AOC)とは、 フランスの農業製品、ワイン、チーズ、バターなどに対し て与えられる認証であり、製造過程及び最終的な品質評価において、 特定の条件を満たしたものにのみ付与される品質保証である。 ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール100% ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆飲み頃温度:16℃ ◆熟成:オーク樽熟成18ヶ月(1年使用樽) ◆生産者:ドメーヌ・ドルーアン・ラローズ ◆フィリップ・ドルーアン氏のコメント◆ ワイン造りにおいて、現在の当主、 フィリップ・ドルーアン氏はこう語ります。 「ワインで一番大事なのは、素材。 素材が良ければ、あえて何かしようとしない方が良い。」と、コメント! ◆1級畑・クレピヨ・評価コメント◆ 素材の良さを生かし、エレガンスを求め、 香りを最優先に考えた抽出を行うため、ピノ・ノワールの 本来の魅力である、香り豊かで繊細で華やかな味わいを 楽しむことができます。 また、安定した高い品質を誇り、比較的若いうちからでも 楽しめる造りとなっているのも魅力の一つです。 こちらの1級畑レ・クレピヨは、ドルーアン・ラローズを含め フェヴレイなど4つの生産者しか所有していない稀少な畑。 畑はジュヴレ・シャンベルタンにあるラヴォ-渓谷の扇状地上にあり、 粘土質の土壌と特有の気候によって、 とりわけ優雅で優しい味わいに仕上がります。 凝縮された密度の高い味わいと、樽のバランスはさすがです。 ほんのりとした獣臭がジュヴレ・シャンベルタンらしく、 繊細な味わいが1級畑クレピヨの特徴を表しています。 力強いワインの多い、ジュヴレ・シャンベルタン村において、 他のワインとは一線を画す、エレガントで華やかなスタイルです。 お得な4日間スペシャルプライス ドメーヌドルーアンラローズ ジュヴレシャンベルタンクレピヨ 2008 プルミエクリュDOMAINE DROUHIN LAROZE GEVREY CHAMBERTIN 1er CRU CRAIPILLOT 全国無料,得価

お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス コートドプロヴァンス トレロンマセラシオン TLM 2010 デュペレバレッラ 全国無料,得価

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■ピュアな果実味へのこだわりから DRCに認められし生産者“デュペレ・バレッラ” 夫ローラン・バレラ氏は、もと地質エンジニアという経歴の持ち主で 地質に関してのプロフェッショナルです。 そして妻のエマニュエル・デュペレは葡萄栽培・醸造学をプロヴァンスで 更にワインコマースをボルドーにて学んだカナダ人の女性です。 元来ワイン好きのエマニュエルとローランはカナダで出会い そして プロヴァンスで1番美味しい赤ワインを作ろうと決意しました。 その後、ワイン醸造をプロヴァンスで学び、造り手への道へと転換を 図り1997年に『デュペレ・バレッラ』が誕生しました。 若い彼らは開業当初畑を購入できるだけの資金力はなく 選んだのはネゴシアンの道でした。 ワインのリリース当初はゴー・ミョーにて若手でありながら 初登場でいきなり巻頭に写真付きで紹介される という異例の取り上げられ方をされ‘クラスマンガイド2005’の 創刊10周年巻頭特集では他の大物醸造家と肩を並べて取り上げられる などスーパー・ネゴシアンとして南仏を代表する生産者にまで成長しました。 デュペレ・バレッラとしては 初の試み新樽にて熟成を行なった“TLM” 今まで 『ピュアな果実の風味を大切にする』 事を目的に 新樽の使用を控えてデュペレ・バレッラですが 2006ヴィンテージのTLMから新樽を使い始めました。 これまでは頑なに新樽の使用を拒んでいた デュペレ・バレッラですがワイン造りを始めて10年近くが 経ち、時と場合によっては考え方も変りました。 2007年は素晴らしいカベルネが収穫できた為、 カベルネを中心にTLMを造ろうと考えた デュペレ・バレッラ。 そこで考えたのが 『カベルネ・ソーヴィニョンの熟成には新樽が 有効なのではないか?』 という結論でした。 新樽は使ってもデュペレ・バレッラらしさは変りません。 TLMの特長はなんと言ってもその名前とおりの 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」 です。 開放式のタンクで醗酵中に、手でタンク上方に 渦巻きを作り、ピジャージュを行い、その後は足で 圧搾。デュペレ・バレッラの特別なワインにだけ施される 「Nowat製法」 にて醸造が進められます。 他のワインとTLMが違うとこは、更にここから果帽 ごとワインを樽に入れ2ヶ月間、果皮や種から成分を 抽出を行いながら熟成を行ないます。 デュペレ・バレッラではこの期間も「マセラシオン」 と考えており、ワイン名を 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」と呼んでいます。 2ヶ月後に果帽とワインを別け、同じ樽に戻して更に 約16ヶ月の熟成を行い清澄・フィルタリングは 行なわずに瓶詰めが行なわれます。 ◆コート・ド・プロヴァンス トレ・ロン・マセラシオン [2010] COTES DE PROVENCE T.L.M◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:プロヴァンス地方 ◆原産地呼称:A.O.C. COTES DE PROVENCE ◆品種:カベルネ・ソーヴィニョン80%、シラー10%、カリニャン10%  ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆熟成◆ ラドゥ産バリック(新樽率70%)にて約18ヶ月 残りの30%はテルトル・ロートブッフの使用樽です。 新樽を使い初めてから4ヴィンテージ目となります。 過去3年の経験が活かされ、テクニカルインフォメーション上は 前と同じですが、微妙なトースト具合の変化や 樽と接触させる際の温度の工夫等を施す事で 果実味と樽が見事に拮抗した仕上がりとなっております。 ◆テイスティング◆ 完熟した黒い果実の中にカベルネ由来の 品の良いハーブのニュアンスが感じられます。 口の中では綺麗に熟したタンニンの舌触りが 心地よく優しい果実味が口一杯に広がります。 樽由来の香ばしさも感じられますが果実の風味と 調和が取れており“新樽の強い香り”は強く感じられません。 また2010年にも、ラ・レヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス本誌にて 「ワイン今年の人10部門」のネゴシアン部門の 最高賞を獲得しております! 誌面では 『プロヴァンスで彼らのようにピュアなワインは珍しい』 『南仏嫌いの人にもオススメ』 と大絶賛されています!! ◆コメント◆ 紫がかった濃いガーネット色。 香りは濃縮感を含み、ブラックチェリーや ブラックベリーのコンポート&コンフィ、 すみれの花、甘苦系スパイス、ほのかな灌木や樹脂などの香りが調和。 まろやかで膨らみのある果実味から、広がりは豊かな印象を与え、 タンニンも豊富ながらなめらか。 アフターにもスパイシーなフレイヴァーを長く残す。 Dupere-Barrera Cotes de Provence TLM お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス コートドプロヴァンス トレロンマセラシオン TLM 2010 デュペレバレッラ 全国無料,得価

オーパス ワン 2007年2010年 豪華2本セット 全国無料,得価

■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Opus One 2010年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 95点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 93+点獲得!若い 2005年ヴィンテージ PP 95点獲得!若い 2004年ヴィンテージ WA 96点獲得! 2003年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2002年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2001年ヴィンテージ WA 90点獲得!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 84点獲得! 1999年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1998年ヴィンテージ WA 86点獲得!落ちている 1997年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 94点獲得!早めに 1995年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1994年ヴィンテージ WA 92点獲得!早めに 1993年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1992年ヴィンテージ WA 92点獲得! 1991年ヴィンテージ WA 92点獲得!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 90点獲得!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 91点獲得!落ちている 1987年ヴィンテージ WA 93点獲得!落ちている 1986年ヴィンテージ WA 91点獲得! 1985年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1984年ヴィンテージ WA 87点獲得! 1982年ヴィンテージ WA 86点獲得! 1981年ヴィンテージ WA 78点獲得! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ 5大シャトーのひとつシャトー・ムートン・ロスシルドを所有。 その歴史は1922年、バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルドがこのシャトーの 魅力・美しさにすべてを注ぐことを決意したことにより始まりました。 [伝統と革新]を基盤に、幅広いビジネスを展開しています。 オーパス・ワン・ワイナリー (Opus One Winery) は、 カリフォルニア州ナパ郡にあるワイナリーである。 ワイナリーは、シャトー・ムートン・ロートシルトのフィリップ・ド・ロッチルト男爵 (Baron Philippe de Rothschild) とロバート・モンダヴィの間で カベルネ・ソーヴィニヨンに基づく一つのボルドー風のブレンドをつくる 合弁事業として1978年に設立された。 オーパス・ワン・ワイナリーは、オークビル (Oakville) の、 ロバート・モンダヴィ・ワイナリーからカリフォルニア州道29号線を横切った所に位置する。 このワイナリー・ベンチャーの立ち上げは、ワイン産業の一大ニュースであった。 ド・ロッチルトの動きは、急成長するナパ・ワインに一層の格を与えた。 カリフォルニア・ワイン ラベルにはモンダヴィとド・ロッチルト男爵2人の横顔とサイン(ラベル下)が 連なって書かれている。 オーパスワン(Opus One)とは音楽用語で 「作品番号1番」の意味で、『一本のワインは交響曲、一杯のグラスワインは メロディのようなものだ』という考えからド・ロッチルト男爵が命名したものである。 ◆ジョイントベンチャー バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社とロバート・モンダヴィ社の 提携によって誕生したカリフォルニア最良の赤ワインのひとつ。 積極果敢なジョイントベンチャー バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社は、伝統的なワインづくりを頑なに守り続ける一方で、 数々のジョイントベンチャーにより、新しい銘酒を世に送り出す進歩的な挑戦者でもあります。 例えば、カリフォルニアワインの父と称されるロバート・モンダヴィ社と、1979年に共同で生産を 開始した「オーパス・ワン」は、今日、カリフォルニア産最良の赤ワインのひとつとして 知られる存在になりました。 これ以外にも南米チリのコンチャ・イ・トロ社との提携で生まれたフランコ=チリワン・ワイン 「アルマヴィヴァ」や、南仏ラングドック地方のヴィニュロン・ドゥ・シュール・ダルク社と設立した バロナーク社により誕生した「バロナーク」は、各々数量限定の高級ワインとして高い評価を得ています。 ◆オーパス ワン [2007] Opus One◆ ◆原産国:アメリカ ◆生産地:カリフォルニア ナパヴァレー ◆産地AVA:オークヴィル ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニョン79%、メルロー8%、カベルネ・フラン6%、プティ・ヴェルド6%、マルベック1% ◆熟成:フレンチオークの新樽で17ヶ月熟成 ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ロスシルド&モンダヴィ ※牛ハラミとフォアグラのロッシーニ風 ◆テイスティング◆ 濃いガーネットの色調で、 凝縮した黒すぐり、ブラックチェリーの味わいに、 ヴァニラやコーヒーのニュアンスがあります。 まろやかさとしなやかさが共存し、 余韻にはシルクのようになめらかなタンニンが感じられます。 ★2007★オーパスワンは、 これまでのオーパスワンの中で最も評価の高いワインとなりました。 年々と生産数も減ってきております。 豊かな香りとフィニッシュは長く、バランスの良いタンニンは 絶妙な味わいを醸し出し、余韻は濃厚で仕上がりは最高です。 ◆パーカーポイント95点獲得! ◆ワインスペクテーター誌94点獲得! ◆ワインインターナショナルワインセラー93点獲得! ◆オーパス ワン [2010] Opus One◆ ◆原産国:アメリカ ◆生産地:カリフォルニア ナパヴァレー ◆産地AVA:オークヴィル ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニョン84%、メルロー5.5%、カベルネ・フラン5.5%、マルベック1%、プティ・ヴェルド4% ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ロスシルド&モンダヴィ ◆テイスティング◆ 濃いガーネットの色調で、 凝縮した黒すぐり、ブラックチェリーの味わいに、 ヴァニラやコーヒーのニュアンスがあります。 まろやかさとしなやかさが共存し、 余韻にはシルクのようになめらかなタンニンが感じられます。 ◆2010年ヴィンテージは、 世界的な需要が拡大し、今までは日本での販売が大半でしたが、 日本への割り当てる輸入量が極端に少なくなってきており、 ワイナリーからの出荷価格も上がっており、入手困難で確保が難しくなっております。 是非ともお早目のご購入をお勧めいたします。 オーパス ワン 2007年2010年 豪華2本セット 全国無料,得価

1本につき個別 分だけ割引 お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス シャトートゥールドミランボーキュヴェパッション ブラン 2011 Ch acirc;teau Tour de Mirambeau Cuvee Passion Blanc 全国無料

※1本につき個別送料分だけ割引とは、表示されている送料分が 1本に対して通常の送料から割引となり断然お得です。 ※なお、個別送料分だけ割引サービスはポイントに応じて 変動いたします、また、ポイント8~10倍の期間は 対象外となりますので予めご了承ください。 ※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ◆常に向上◆ 拘りというよりも、最新設備をボルドーで いち早く取り入れたように良いと思われるものは 新しいものでもどんどん取り入れていく、 「常に向上」の姿勢を大切にしています。 ■格付シャトー並の品質を誇るキュヴェ・パッションと フルーティさを大切に造られるレゼルヴです。 ◆レゼルヴ◆ フルーティさを大切に造られるクラス。 白は完全にステンレス・タンク、 赤もオーク樽熟成は5~10%程にとどめられます。 ◆キュヴェ・パッション◆ 格付シャトー並の品質でコストパフォーマンスの 高いワインを造るため、1987年から造り始められたキュヴェ。 一時期グラン・ヴァンという名前にしていましたが、 2009年ヴィンテージから 従来のキュヴェ・パッションに名称を戻しました。 ◆シャトー・トゥール・ド・ミランボー キュヴェ・パッション ブラン [2011] Chateau Tour de Mirambeau Cuvee Passion Blanc◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー ◆原産地呼称:A.O.C. ボルドー ◆ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン80%、セミヨン20% ◆タイプ:白・辛口 ◆アルコール度数:13.48% ◆容量:750ml ◆飲み頃温度:12℃ ◆年間生産量:40,000本 ◆樹齢:約24年 ◆栽培面積:7ha  ◆収量:45hl/ha ◆土壌:粘土石灰質 ◆醸造・醗酵:オーク樽30%、ステンレス・タンク70% ◆熟成:オーク樽熟成9ヶ月(新樽比率100%)/ステンレス・タンク熟成12ヶ月   ※ヌーヴェル・キュイジィーヌ/Nouvelle Cuisine ◆コメント◆ モンペラのデスパーニュ家が元々所有しており、 名声の元となったシャトー。完熟したブドウに由来する パッションフルーツ等トロピカルフルーツの香り。 余韻は繊細で長く続きます。 果実の香りの中に絶妙なオークのニュアンスが香る白ワイン。 ◆2011年ヴィンテージ情報◆ 夏のように暑く乾燥した春、涼しい夏を過ぎて、 収穫期には日中と夜の寒暖差のある良い気候に恵まれた年。 9月下旬より白ブドウを収穫し、完熟したアロマがたっぷりと詰まった、 フレッシュで果実の厚みを感じるヴィンテージとなった。 ◆熟成にワザあり!飲めば納得の旨味たっぷりの樽白! オーク樽で6ヶ月寝かせた後、さらにステンレス・タンクで熟成 果実味を活かした、リッチで複雑さのある白ワインに! ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 85点獲得!2011年! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!87点を獲得した2011年ヴィンテージ! 1本につき個別 分だけ割引 お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス シャトートゥールドミランボーキュヴェパッション ブラン 2011 Ch acirc;teau Tour de Mirambeau Cuvee Passion Blanc 全国無料

お得な5日間 トゥアリータ レディガッフィ 2011 Tua Rita Redigaffi 全国無料,得価

メーカー希望小売価格 23,000円 が SPECIALPRICE¥20,900円! お得な9.2%OFF!送料無料! ※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Tua Rita Redigaffi 2011年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 97点獲得!若い 2009年ヴィンテージ WA 95点獲得!若い 2008年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 95点獲得!飲み頃 2006年ヴィンテージ WA 97点獲得!VP 96点!飲み頃 2005年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 92点!飲み頃 2004年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 96点!若い 2003年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 92点!落ちている 2002年ヴィンテージ WA 94点獲得!VP 75点!飲み頃 2001年ヴィンテージ WA 96点獲得!VP 94点!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 100点獲得!VP 88点!早めに 1999年ヴィンテージ WA 99点獲得!VP 94点!早めに 1998年ヴィンテージ WA 96点獲得!VP 86点!早めに 1997年ヴィンテージ WA 94点獲得!VP 95点!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 94点獲得!VP 78点!落ちている 1994年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 85点!落ちている ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ~大地を愛し、天に愛され、情熱を注ぐ~ 土いじりをこよなく愛する男が家族と、この土地に出会い♪ いつしかその孤高なる想いは唯一無二のワインを生み出した! ◆イタリアでWSとWAで100点満点を獲得した生産者! トスカーナ州スヴェレートに設立されたトゥア・リータ! ヴィルジリオとリータ夫妻が、全国的に全く無名であった この場所の畑を購入したのは1984年のこと。 1992年に初めて瓶詰めされたワインがリリースされてから 6ヴィンテージ目でワイン・スペクテイター100点を 獲得するという快挙を成し遂げる。 その後がまたすごい、2000年のレディガフィにおいては、 ワイン・アドヴォケイトで100点を獲得! しかしながら、この家族経営の小さな醸造所は評価誌に 左右されず、妥協を許さない果て無き ワインへの追求・挑戦を続ける。 それが今日のトゥア・リータの飛躍を支え、 更なる品質改善を支えている。 本格的にワインを市場にリリースし出してから20年も経たたない、 歴史も経験もなかったトゥア・リータが今の栄光を手に入れたのは、 神秘としか言いようがない。 意外だが、その主人公はワイナリーの名前となった 奥さんのトゥア・リータさんではない。 また、醸造家のステファノ・キオッチョリでも、現在 醸造・栽培の責任者である 娘婿のステファノ・フラスコッラでもない。 この畑を購入したオーナーのヴィルジリオ・ヴィスティである。 まだ10代の頃のヴィルジリオは、将来を夢見てバールで 手伝いや日雇いなどの仕事をこなす日々を過ごしていた。 その後はゲームのディストリビユーターの仕事に就き、 そして若くしてリータさんとの結婚。 ヴィルジリオ20歳、リータ18歳の時だった。 その後、働き者のヴィルジリオは良き伴侶を得るだけでなく、 仕事での成功をおさめるという幸運に恵まれる。 元来全く欲のない男だったが、彼には1つだけ夢があった。 それは「畑仕事」をすること。あの、大地の香りが好きで たまらなかった。広い空の下に広がる大地で行う畑仕事。 それがヴィルジリオの昔からの夢。 将来年金生活に入ったら大好きな 土いじりをしながら暮らしていきたいと考えていた。 そんなある日、仕事で立ち寄ったスヴェレートで 彼の夢を叶えてくれる土地に出会う。 1984年のことだった。ヴィルジリオの故郷から程近い その場所には、少しのブドウとオリーヴや麦などしか 植えていなかった。 順調に仕事をこなす毎日がある反面、彼の胸の中で 膨らんできた昔からの夢が、その土地の購入を決意させる。 ワインの産地として全く無名であったこの場所が、後に 世界レベルのワインを生み出す土地であったことなど、 世間の人は勿論、ヴィルジリオも予期していなかった。 当初、まだゲームの仕事を続けていたヴィルジリオは、 平日は都会で仕事をこなし、 週末を長年の夢であった念願の畑で過ごしていた。 当時この地域で栽培されていたブドウはトスカーナの 地品種である サンジョヴェーゼやトレッビアーノで、 それ程大きい畑ではないが、老後のセカンドライフとして 徐々に仕事を農業にシフトしていきたいと考えていた ヴィルジリオは、それがたまらなく好きだった。 ある日ヴィルジリオが作ったブドウが、そして出来上がった ワインが、常識を超えるレベルであることに気付く。 ◆トゥア・リータ レディガッフィ [2011] TUR RITA REDIGAFFI◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 スヴェレート地区 ◆原産地呼称:I.G.T.トスカーナ ◆ブドウ品種:メルロー100% ◆アルコール度数:14.95% ◆容量:750ml ◆タイプ:赤・フルボディ ◆飲み頃温度:17℃ ◆平均年間生産量:11,000本 ◆平均収量:20hl/ha ◆醗酵:オーク樽にてマセラシオン醗酵 約1ヶ月間/22℃からゆっくり上げ、 最高温度は26℃まで/主醗酵後、オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵 ◆熟成:オーク樽熟成 19ヶ月間(225L、新樽100%) ◆瓶熟:約5ヶ月 ◆フィルター:ノンフィルター、フィルターでろ過しておりません。 このレディガッフィは 「ワイン本来の味わいを保つ」 という生産者の意図から フィルタリングが行われておりません。 ◆生産者:トゥア・リータ ◆テイスティング◆ 荘厳で深い香り。カカオ、チョコや カフェのニュアンスが複雑な果実味と 一体となり、4次元的に広がる。 調和のとれた酸、タンニン、 ボディーが三位一体となり長い余韻へと誘う。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター94点獲得! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家94点獲得!2011年ヴィンテージ! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点95点獲得!2011年! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP格別!96点獲得!2011年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!99点獲得!2011年ヴィンテージ! イタリアワインとして唯一2大ワインガイド、 ワイン・アドヴォケイトとワインスペクテイターの両方で 100点満点を獲得した奇跡のシンデレラワイン♪ お得な5日間 トゥアリータ レディガッフィ 2011 Tua Rita Redigaffi 全国無料,得価

クール代 5日間↓バッチリ値下げ↓ オーパス ワン 2010 豪華綺麗な木箱4本セット 全国無料,得価

■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Opus One 2012年ヴィンテージ PP 96点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 97点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 93+点獲得!若い 2005年ヴィンテージ PP 95+点獲得!若い 2004年ヴィンテージ WA 96点獲得! 2003年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2002年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2001年ヴィンテージ WA 90点獲得!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 84点獲得! 1999年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1998年ヴィンテージ WA 86点獲得!落ちている 1997年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 94点獲得!早めに 1995年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1994年ヴィンテージ WA 92点獲得!早めに 1993年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1992年ヴィンテージ WA 92点獲得! 1991年ヴィンテージ WA 92点獲得!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 90点獲得!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 91点獲得!落ちている 1987年ヴィンテージ WA 93点獲得!落ちている 1986年ヴィンテージ WA 91点獲得! 1985年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1984年ヴィンテージ WA 87点獲得! 1982年ヴィンテージ WA 86点獲得! 1981年ヴィンテージ WA 78点獲得! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ 5大シャトーのひとつシャトー・ムートン・ロスシルドを所有。 その歴史は1922年、バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルドがこのシャトーの 魅力・美しさにすべてを注ぐことを決意したことにより始まりました。 [伝統と革新]を基盤に、幅広いビジネスを展開しています。 オーパス・ワン・ワイナリー (Opus One Winery) は、 カリフォルニア州ナパ郡にあるワイナリーである。 ワイナリーは、シャトー・ムートン・ロートシルトのフィリップ・ド・ロッチルト男爵 (Baron Philippe de Rothschild) とロバート・モンダヴィの間で カベルネ・ソーヴィニヨンに基づく一つのボルドー風のブレンドをつくる 合弁事業として1978年に設立された。 オーパス・ワン・ワイナリーは、オークビル (Oakville) の、 ロバート・モンダヴィ・ワイナリーからカリフォルニア州道29号線を横切った所に位置する。 このワイナリー・ベンチャーの立ち上げは、ワイン産業の一大ニュースであった。 ド・ロッチルトの動きは、急成長するナパ・ワインに一層の格を与えた。 カリフォルニア・ワイン ラベルにはモンダヴィとド・ロッチルト男爵2人の横顔とサイン(ラベル下)が 連なって書かれている。 オーパスワン(Opus One)とは音楽用語で 「作品番号1番」の意味で、『一本のワインは交響曲、一杯のグラスワインは メロディのようなものだ』という考えからド・ロッチルト男爵が命名したものである。 ◆ジョイントベンチャー バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社とロバート・モンダヴィ社の 提携によって誕生したカリフォルニア最良の赤ワインのひとつ。 積極果敢なジョイントベンチャー バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社は、伝統的なワインづくりを頑なに守り続ける一方で、 数々のジョイントベンチャーにより、新しい銘酒を世に送り出す進歩的な挑戦者でもあります。 例えば、カリフォルニアワインの父と称されるロバート・モンダヴィ社と、1979年に共同で生産を 開始した「オーパス・ワン」は、今日、カリフォルニア産最良の赤ワインのひとつとして 知られる存在になりました。 これ以外にも南米チリのコンチャ・イ・トロ社との提携で生まれたフランコ=チリワン・ワイン 「アルマヴィヴァ」や、南仏ラングドック地方のヴィニュロン・ドゥ・シュール・ダルク社と設立した バロナーク社により誕生した「バロナーク」は、各々数量限定の高級ワインとして高い評価を得ています。 ◆オーパス ワン [2010] Opus One◆ ◆原産国:アメリカ ◆生産地:カリフォルニア ナパヴァレー ◆産地AVA:オークヴィル ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニョン84%、メルロー5.5%、カベルネ・フラン5.5%、マルベック1%、プティ・ヴェルド4% ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ロスシルド&モンダヴィ ◆輸入元:株式会社レイフォード様 ◆テイスティング◆ 濃いガーネットの色調で、 凝縮した黒すぐり、ブラックチェリーの味わいに、 ヴァニラやコーヒーのニュアンスがあります。 まろやかさとしなやかさが共存し、 余韻にはシルクのようになめらかなタンニンが感じられます。 ◆2010年ヴィンテージは、 世界的な需要が拡大し、今までは日本での販売が大半でしたが、 日本への割り当てる輸入量が極端に少なくなってきており、 ワイナリーからの出荷価格も上がっており、入手困難で確保が難しくなっております。 是非ともお早目のご購入をお勧めいたします。 ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP過去最高評価!格別!96点を獲得! ※PP過去最高評価!格別!96点獲得ヴィンテージ! ◆2010年ヴィンテージ情報◆ 2010年のヴィンテージは季節外れの低気温、 タイミングの悪い降雨、そして驚くほど晴天で暑い日々と、 生育期が極めて困難な年であったことが長く記憶に刻まれるでしょう。 収穫直前に襲った猛暑の際は、葡萄樹に十分に葉を残していたために、 果実を日焼けから守ることができました。 9月23日に始まった収穫は、10月23日に終了しました。 ブラックベリー、バラの花びら、チョコレート、 エスプレッソを思わせるアロマに、深みのある果実と土系の ニュアンスが引き立っています。 そしてまろやかでベルベットのようなタンニンは、 かすかなミネラル感とともに、シルキーなテクスチャーの中に包み込まれています。 濃色な果実の風味は、すばらしく融合された酸によって高められ、 酸とタンニンのバランスのよさは、 このワインの長い成熟のポテンシャルを約束しています。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター92点獲得! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 94点獲得!2010年ヴィンテージ! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー95点獲得! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!96点を獲得した2010年ヴィンテージ! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点97点獲得!2010年! クール代 5日間↓バッチリ値下げ↓ オーパス ワン 2010 豪華綺麗な木箱4本セット 全国無料,得価

お得な4日間スペシャルプライス デュペレバレッラ マイラブ 2011 Dupere Barrera My Love 全国無料,得価

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ラベルの空白部にメッセージやキスマークを入れた オリジナリティー溢れるワイン・ギフト♪ デュペレ・バレッラの★MY LOVE(マイ・ラブ)★ ◆ピュアな果実味へのこだわりから◆    DRCに認められし生産者     ◆デュペレ・バレッラ◆ 「DRCより樽を譲り受けてワインを造る」   という一見キャッチーなフレーズですがDRCより樽を譲り受けているのは デュペレ・バレッラの 「果実のピュアな味わい」 を表現する為の 並々ならぬこだわりからに他なりません。 デュペレ・バレッラはワイン造りにおいて、葡萄の味わいをストレートに ワインに表現する事に最も重きを置いております。 その為、認証は取得しなくともビオディナミを実践し、ワイン造りに 機械を持ち込まない等、徹底したこだわりがあります。 そしてDRCやイケム、ボーセジュール・ベコ等 「一流生産者から使用樽を譲り受ける」 というのも、そのこだわりの一つです。 果実味をピュアに出来る様に、新樽の使用を控えているのですが どんな使用樽でも良い訳ではありません。 一流生産者に納入される一流の樽だからこそ納得のいくワイン造りができる。 だからこそ DRCやイケム、ボーセジュール・ベコ等 なのです。 しかしDRCから使用樽を簡単に得られたわけではありません。 何度も何度も手紙を送り続け、ようやく面会が許され 「なぜDRCの使用樽が必要なのか?」 等の質問を始め 100以上にわたる細かい質疑応答が繰り返され デュペレ・バレッラのワイン造りの哲学がDRC側に認められた為 使用樽を譲り受けられるようになったのです。 世界中のワインの頂点に立つDRCにワイン造りが認められたという ワイン生産者として、これほど嬉しいことは無いでしょう! 更に、DRCだけではなく、他の一流生産者から樽を譲り受ける際の 「ワイン造り」に対する意見交換から得た知識も、彼らのワイン造りに 大いに反映されております。 「 生産者:Dupere Barerra (デュペレ・バレッラ) 」 夫ローラン・バレッラ氏は、もと地質エンジニアという経歴の持ち主で 地質に関してのプロフェッショナルです。 そして妻のエマニュエル・デュペレは葡萄栽培・醸造学をプロヴァンスで、 さらにワインコマースをボルドーにて学んだカナダ人の女性です。 元来ワイン好きのエマニュエルとローランはカナダで出会い そしてプロヴァンスで1番美味しい赤ワインを作ろうと決意しました。 その後、ワイン醸造をプロヴァンスで学び、作り手への道へと転換を図り 1997年に 『デュペレ・バレッラ』 が誕生しました。 若い彼らは開業当初、畑を購入できるだけの資金力はなく 選んだのはネゴシアンの道でした。 ワインのリリース当初はゴー・ミョーにて若手でありながら 初登場でいきなり巻頭に写真付きで紹介される という異例の取り上げられ方をされ‘クラスマン・ガイド2005の 創刊10周年巻頭特集では他の大物醸造家と肩を並べて取り上げられるなど スーパー・ネゴシアンとして南仏を代表する生産者にまで成長しました。 彼等の造るワインは、リリース後も熟成を行わないと楽しめないワインではなく 収獲した葡萄をそのまま頬張ったようなフレッシュな葡萄の味が感じられる 若いうちから楽しめるスタイルです。 レストランでは若いヴィンテージでも仕入れた直後からすぐにサービスが できることから、多くの一流フレンチが愛用しております。 何もないところからネゴシアンを立ち上げ、ゴーミョーや ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス等で注目すべき新人 プロヴァンスを変える仕掛け人としてフランス・ワイン界を賑わせ 近年畑も購入しドメーヌとしても活躍しているデュペレ・バレッラ。 その道のりは決して簡単なものではなかったものの、 常に夫婦二人一組で困難を乗り越えてきました。 「デュペレ」はエマニュエル(左)の 「バレッラ」はローラン(右)の苗字を合わせて ワイナリー名にしているところにもその姿勢は伺えます。 支えあい、いつくしみ合う恋人たちや夫婦がワインを飲みながら 幸せな時間を過ごして欲しいという想いから生まれたワインです。 「マイ・ラブ使用例1-キスマーク」 お酒漫画の傑作『BAR レモン・ハート』より 20年に渡り毎回、ウイスキー、ブランデー、バーボン、リキュール スピリッツなどの一般的な洋酒を始め、ワイン、ビール、日本酒 焼酎、中国酒など様々なお酒を紹介する人気漫画 「BARレモン・ハート」で紹介されまいた。 作中では 『贈られてドキドキの、ロマンチックなワインというのが 売りだが、飲んでもなかなか美味しい。』 と紹介されております。 「マイ・ラブ使用例-メッセージ」 空白部分にメッセージを入れて オリジナリティ溢れる大切な記念日の贈り物などギフトにも! ◆デュペレ・バレッラマイ・ラブ [2011] Dupere-Barrera My Love◆ ◆生産者名欧文:DUPERE BARRERA ◆生産者名和文:デュペレ・バレッラ ◆原産国:フランス ◆生産地:プロヴァンス ◆原産地呼称:VIN DE PAYS DU MONT-CAUME ※ムールヴェードル ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ムールヴェードル60%、カリニャン40% ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆醸造・熟成 100%除梗。ステンレスタンクにてアルコール発酵後、3週間の浸漬。 ピジャージュ、ルモンタージュおよびデレスタージュを組み合わせて抽出を行います。 6カ月間大樽にて熟成後、ポンプを使わず重力によって瓶詰。 瓶詰めの際に清澄は行わずフィルターも使いません。 ◆AOCバンドールの歴史(Histoire sur le Bandol) 古くは古代ギリシャのPhoceens(フォカイア人)らによって ぶどう栽培がもたらされローマ時代へと継続していきました。 バンドールワインの名が特に知られるようになったのは、 大航海時代に入ってバンドール港から ワインが世界中に輸出されるようになってからです。 バンドール港は、 プロヴァンス地方特有のミストラルと東風を遮る Mont.Caume(コーム山)とmassif de Sainte Baume (サントボーム山塊)があるお陰で、安全な港として発展しました。 そのワインはルイ15世のお気に入りとなり、 その後1870年頃には9600もの大樽ワインが運ばれ、 100の樽製造業者が存在し、大変に栄えました。 しかし、Phylloxera(ぶどう根アブラムシ)によって、 19世紀末にはぶどう畑が壊滅的な被害を受けてしまいます。 それに対して立ち上がった栽培者達は、その後苗を植えなおし、 現在では土着品種を中心とした ワイン造りによって再びその名声を取り戻しています。 ◆A.O.C. バンドールのテロワール(Terroir de l'Appellation) A.O.C.バンドールは、北のSainte Baume山塊から 南の地中海の間に広がる1,500haの地域で、 年間の日照時間が3,000時間と太陽の恩恵も大きく受けています。 土壌は大部分が石灰岩質で、 小石混じり。そこに砂質泥灰土と砂が加わっています。 この土壌は白亜紀の表層が侵食・崩壊してできたもので、 ミネラルに富んで、また大変乾燥しています。 南向きの傾斜地に作られたぶどう畑には、 風や雨による土壌の流出を防ぐためRestanqueという この地方独特の石を積み上げた防風壁が作られています。 また、年間降水量は600mm程と少ないのですが、 地中海からの風もあり、夏の乾燥・暑さからぶどうを守ってくれています。 ◆その他特記事項 葡萄の収獲地はAOCバンドールのエリア内ですが 自由な発想でワインを造りたいという思いから バンドールの規定 (ムールヴェードル50%以上、15カ月以上の熟成etc・・・)にはこだわらず ヴァン・ド・ペイとしては味わいがしっかりしたワインが造られております。 ★「贈り物」にピッタリなワインギフト「マイラブ」★ ※画像のボトルは前ヴィンテージの為キャップシール等が異なります Dupere-Barrera ★2011 My Love★ お得な4日間スペシャルプライス デュペレバレッラ マイラブ 2011 Dupere Barrera My Love 全国無料,得価

お得な4日間 シャトーカントメルル 2010 第5級 3本セット 全国無料,得価

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ※ヴィノムワインマガジン・ヨーロッパワインガイド ■Europas Wine Magzin Vinum■ Vinum.ch 20点中17点獲得!2010年ヴィンテージ! ■ゴー&ミヨー・フランスワインガイド■ Gaultmillau.fr 20点中16.5点獲得!2010年! ※フランスで最もポピュラーなワイン専門誌 ■ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス誌■ LaRVF.com 20点中17点獲得!2010年! ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 85点獲得!2010年! ※オーストリアワインガイド・ファルスタッフマガジン ■Falstaff Wine Guide■ Falstaffjobs.com 88点獲得!2010年ヴィンテージ! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 88点獲得!2010年ヴィンテージ! ※オーストラリア、シドニーに拠点を置くプロのワインライター、評論家、裁判官 ■ワイン評論家フオンフック氏の評価■ Huonhooke.com 高得点89点獲得!2010年! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー90点獲得! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター90点を獲得! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家92点を獲得した2010年ヴィンテージ! ※英国のワインジャーナリスト ■ワイン評論家ティム・アトキン氏の評価■ TimAtkin.com 高得点93点獲得!2010年! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!94点を獲得した2010年ヴィンテージ! ■地味ながら質の良いワインを生み出す■ パーカー氏、大絶賛!カントメルルとしては、 史上初のの94点を獲得した2010年ヴィンテージ! 『絹のような質感と優雅さと力強い美しいワイン』 とコメント♪ ■ボルドー第4版パーカー氏コメント■ ちっぽけなマコー村のちょうど南に カントメルルの愛らしいシャトーがある。 有名な県道2号線(ボルドーからメドックに抜ける幹線道路)に 沿った深い樹木に覆われた公園があり、そのワインづくりの歴史は、 16世紀後半にさかのぼる。今世紀になってからの大半の期間は、 デュボ家が所有しており、ほれぼれするほど香り高い、エレガントな ワインの生地としてこのシャトーを有名にしたのは、この一家である。 しかし、資金難や一族の内紛のせいで、カントメルルは1980年、 売りにだされた。1970年代にはこのシャトーは荒れるがままに なっており、1975年以降のいくつかのヴィンテージはその影響を まぬがれ得なかった。カントメルルのセラー、シェ(ワイン蔵)、 そして、シャトーは刷新され、新しいセラーや醸造設備、最新設備を 導入したテイスティング・ルームなどがつくられた。 そしてとりわけ重要だったのは、 品質に対する真剣な取り組みがなされたことである。 1980年以前は、瓶ごとのばらつきがかなりあって、 多くのヴィンテージが、古い樽のにおいや果実味の欠如という 欠点を抱えていた。経営者が変わってから今日に至るまでの 最上のワインは1989年と1983年である。 ブドウ畑は大幅に植え替えられたため、樹齢が上がるにつれて、 品質はさらに向上するに違いない。カントメルルのスタイルの特徴は、 リッチでしなやかな果実味と、強烈で華やかなブーケにある。 畑の比較的軽い土壌と高いメルロの割合を考えると、決して超大作に なるようなワインではないだろう。カントメルルの最良の作品は、 きまって、いくばくかの芳香がある早熟タイプであり、 そのために若いうちから、申し分のない魅力がある。 ただし、高い期待が寄せられているのにもかかわらず、 カントメルルは過去10年間、1989年(92点)と 1983年(90点)ほど卓越したワインをつくっていない。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用 ◆シャトー・カントメルル [2010] CHATEAU CANTEMERLE Grands Cru Classes◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー オー・メッドク地区 ◆格付け:1855年公式格付 AOCオー メドック 第5級 グラン・クリュ・クラッセ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン52%、メルロー40%、プティ・ヴェルド5%、カベルネ・フラン3%、 ◆タイプ:赤・フルボディ ◆色:非常にドレスで濃い色を発表! ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆畑面積:87ha ◆年間平均生産量:約40万本 ◆平均樹齢:約25年 ◆植樹密度:約1万本本 ◆サイズ:ダブルギヨーメドック 結実後の顔の顔をリッピングすることにより達成 ソートや、クラスタの近くに開梱して熟成の終わりに手動間伐 ◆土壌:砂利の土壌及びシリカ ◆発酵:26~28℃で6〜8日間 ◆マセラシオン:28から30日間 ◆熟成:50%が新しく追加されたそのうちのフレンチオーク樽で12ヶ月熟成 非常に軽いコラージュ。いいえ濾過は瓶詰め前に実行されません。 ◆飲み頃温度:17℃ ◆セカンドワイン:レザレー・ド・カントメルル/Les Allées de Cantemerle ◆生産者:シャトー・カントメルル/Château Cantemerle ◆コメント◆ メドック地区最南端、グラン・クリュ・クラッセ第5級ワイン。 一般的にエレガントで繊細な味わいが特徴で、 熟したプラムの香を想わせる素晴らしいブケを持つワインです。 ◆2010ヴィンテージ情報◆ 2010ヴィンテージは満たされています。 そのすべての利点のローカルのカントメルル。 ワインは複雑であり、集中し、長い余韻、終わりのない 仕上がりとの印象を残しつつ偉大な持続性と芳香。 構造は、その密度が完璧にマスターして重苦しさのない優雅さと、 強い新鮮さと味、攪拌スパイスを明らかにし、タバコ、スグリ、プルーン。 我々の名簿に記録されているといつものカントメルル! さらに豊かなPP傑出のカントメルルとしては、 史上初となる94点を獲得した2010年の偉大なヴィンテージ! ※シャトー・カントメルル公式ホームページより掲載2010年ヴィンテージ情報の詳細を抜粋 ■ボルドー第4版パーカー氏コメント■ カントメルルは、いつになったら神秘的な1989年、 1983年、あるいは1961年のような出来栄えを ふたたび見せてくれるのだろうか? どうしたことか、このシャトーは1970年代と 1980年代のスランプの後、完全に回復したことがない。 ワインは、よくできてはいるが、並はずれたものになることはない。 概してその格付けにはふさわしい。 ただし、読者の方は、(残念なことにめったにないが) 偉大な成功作に注意を向けるとよいだろう。 三級に比肩する作品で、まぎれもなく目を向ける価値がある。 全体からみると、品質に対する価格比には興味を持てる。 ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中16点を獲得した2010年ヴィンテージ!! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 20点中17点を獲得した2010年ヴィンテージ!! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出カントメルルとしては、 史上初の94点を獲得した2010年ヴィンテージ! お得な4日間 シャトーカントメルル 2010 第5級 3本セット 全国無料,得価

お得な5日間↓トリプル値下げ↓スペシャルプライス シャトーカマンサック 2009 第5級 グランクリュクラッセ CHATEAU CAMENSAC GRANDS CRU CLASSES 全国無料,得価

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ 2014年ヴィンテージ 88~90点獲得! 2013年ヴィンテージ 76~80点獲得! 2012年ヴィンテージ 86点獲得! 2011年ヴィンテージ 77点獲得! 2010年ヴィンテージ 87点獲得! 2009年ヴィンテージ 89点獲得! 2008年ヴィンテージ 87点獲得! 2006年ヴィンテージ 87点獲得! 2005年ヴィンテージ 87~88点獲得! 2004年ヴィンテージ 87~89点獲得! 2003年ヴィンテージ 89点獲得! 2002年ヴィンテージ 86点獲得! 2001年ヴィンテージ 86点獲得! 2000年ヴィンテージ 89点獲得! 1999年ヴィンテージ 87点獲得! 1998年ヴィンテージ 86~87点獲得! 1997年ヴィンテージ 86点獲得! 1996年ヴィンテージ 85~86点獲得! 1995年ヴィンテージ 85点獲得! 1994年ヴィンテージ 78~82点獲得! 1982年ヴィンテージ 70点獲得! ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓でワインを 楽しんでいただけると幸いでございます♪ ■ボルドー第4版■ カマンサックは、1855年の格付けシャトーの中では 最も知名度が低いものの1つである。 サン=ジュリアンの西にあるサン=ローラン村という、 かなり奥まったところに位置していることも理由の1つだろう。 さらに言えば、1970年代までずっと変わらず凡庸なワインを つくってきたことが、総じて人々の関心を遠ざけてしまった。 しかし、カマンサックの事態はよいほうへ変化してきた。 カマンサックの復興を担ったのはフォルネール兄弟である。 彼らは1965年にこのシャトーを買収すると、ブドウの植え替え、 シェ(ワイン蔵)と醸造設備の刷新という費用のかかる仕事に 取り組んだ。 フォルネール兄弟はスペインのリオハ地方にも マルケス・デ・カセレスというワイナリーを所有しており、 そこでつくられるモダンなスタイルのワインによって良く知られている。 ◆シャトー・カマンサック [2009] CHATEAU CAMENSAC GRANDS CRU CLASSES◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メッドク地区 サン・ローラン村 ◆格付け:A.O.C.オー・メドック 第5級 グラン・クリュ・クラッセ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー40% ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆土壌:主として粘土だが、色々な種類の下層土上に深い砂利の層 ◆畑面積:75ha ◆醗酵:コンクリート製、マロラクティック醗酵 ◆熟成:18ヶ月 ◆新樽比率:35~70%、残りはワイン樽で保存期間は17~20ヶ月 ◆平均樹齢:約30年 ◆収穫:手摘み ◆清澄:新鮮な卵白 ◆セカンドラベル:ラ・クロズリ・ドゥ・カマンサック ◆生産者:GFAデュ・シャトー・カマンサック ◆パーカー氏ボルドー第4版コメント◆ カマンサックのワインはスタイルが軽くなり、 しなやかさと果実味を強調したものになった。 カマンサックはより良質のワインをつくるようになったが、 五級シャトーを代表するほどのものではない。 確かに良質の果実味、ミディアムのボディ、よいヴィンテージなら 10年間はセラーで寝かせるに十分なタンニンといった、ある種の サン=ジュリアン的な特徴を持っている。 1980年代終わりに私が行ったテイスティングでは、 湿った段ボールのようなにおいがするワインが多かったが、 この問題は1990年代になって改善された。 凝縮感と、率直で四角四面なスタイルを持つワインになっている。 ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中15点獲得!2009年ヴィンテージ! ※ヴィノムワインマガジン・ヨーロッパワインガイド ■Europas Wine Magzin Vinum■ Vinum.ch 20点中15.5点獲得!2009年ヴィンテージ! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 20点中16.3点を獲得した2009年ヴィンテージ! ■ゴー&ミヨー・フランスワインガイド■ Gaultmillau.fr 20点中16.5点獲得!2009年! ※フランスで最もポピュラーなワイン専門誌 ■ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス誌■ LaRVF.com 20点中17点獲得!2009年! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 85点獲得!2009年ヴィンテージ! ※オーストリアワインガイド・ファルスタッフマガジン ■Falstaff Wine Guide■ Falstaffjobs.com 87点獲得!2009年ヴィンテージ! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー88点獲得! ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 88点獲得!2009年! ※オーストラリア、シドニーに拠点を置くプロのワインライター、評論家、裁判官 ■ワイン評論家フオンフック氏の評価■ Huonhooke.com 高得点89点獲得!2009年! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 93点獲得!2009年ヴィンテージ! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家93点を獲得した2009年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!90点を獲得した2009年ヴィンテージ!! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP優良89点を獲得!2009年ヴィンテージ! お得な5日間↓トリプル値下げ↓スペシャルプライス シャトーカマンサック 2009 第5級 グランクリュクラッセ CHATEAU CAMENSAC GRANDS CRU CLASSES 全国無料,得価

お得な4日間 シャトーラフィットロートシルト 1971 メドック第1級 全国無料,得価

※ワイン造りの職人たち シャトー・ラフィット・ロートシルトやロス・ヴァスコス(チリ) シャトー・オーシエール(フランス)カロ(アルゼンチン)を 要するドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(略語DBR社) ◆◆ワイン造りの職人たち◆◆ <つつましさと高い品質基準> ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(ラフィット、以下DBR)は、 代々優れたワイン造りを受け継いできました。 数世代にわたる一流の職人たちが、数世紀をかけて 潜在能力の高い土壌を探し出し、最高のものをという信条を掲げて、 努力してきました。 *DBRの全チームは、以下の2つの原則に基づいて行動しています。 ◆◆謙虚な気持ちで学ぶこと◆◆ 土壌を最高の状態にするのは時間のかかる作業です。 品質の優れたワインは、たゆまぬ労苦により生み出されるものなのです。 ◆◆高い品質基準を実現すること◆◆ 最善の生産プロセスを採用することで品質に細心の注意を払い、 常にそのプロセスの改善に努めることで、高品質を実現します。 ■ワイン・アドヴォケイト過去ヴィンテージ評価■ ■2013年ヴィンテージ89点獲得! ■2012年ヴィンテージ95点獲得! ■2011年ヴィンテージ93点獲得! ■2010年ヴィンテージ98点獲得! ■2009年ヴィンテージ99点獲得! ■2008年ヴィンテージ98点獲得! ■2007年ヴィンテージ94点獲得! ■2006年ヴィンテージ97点獲得! ■2005年ヴィンテージ96点獲得! ■2004年ヴィンテージ95点獲得! ■2003年ヴィンテージ100点満点獲得! ■2002年ヴィンテージ94点獲得! ■2001年ヴィンテージ94点獲得! ■2000年ヴィンテージ98点獲得! ■1999年ヴィンテージ95点獲得! ■1998年ヴィンテージ98点獲得! ■1997年ヴィンテージ92点獲得! ■1996年ヴィンテージ100点満点獲得! ■1995年ヴィンテージ95点獲得! ■1994年ヴィンテージ90点獲得! ■1993年ヴィンテージ88点獲得! ボルドーで最も有名なシャトーであり、ワインの ラフィット・ロートシルトは、エレガントで小ぶりで シンプルなラベルとともに、その名は富や格式、 歴史、敬意、そして特筆に値する 長寿の代名詞となっている。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用 シャトー・ラフィット・ロートシルト(Château Lafite-Rothschild)は、 オー・メドック地区ポーイヤック村にある著名なボルドーワインのシャトーの名称、 および同シャトーが生産する赤ワインの銘柄の名称である。 現在メドックに4つある第1級格付けワインの中で、 シャトー・ラフィット・ロートシルトはしばしばその筆頭に挙げられる。 日本で知られている「ロートシルト」の名は「ロスチャイルド」の ドイツ語風の読みであり、フランス語での発音は異なる。 日本ソムリエ協会では「ロッチルド」もしくは「ロートシルト」とルビを振っている。 他に「ロスシルド」などと表記されることもある。 ◆ルビ(英語:ruby)とは、文章内の任意の文字に対し、 ふりがなや説明や異なる読み方といった役割の文字を より小さな文字で、通常縦書きの際は文字の右側、 横書きの際は文字の上側に記されるものである。 ただしシャトー・ラフィット・ロートシルトの運営主体である DBR社では「ロートシルト」という日本語表記を採用している。 なお、シャトー・ムートン・ロートシルトは、 ロスチャイルド家の別の系統の一族が所有している。 ◆王のワイン◆ 「ラフィット」という呼び名は中世の農園の名称として14世紀の文献に登場する。 ポーイヤック村の中で一番小高い丘に位置していたことから、古いガスゴーニュ語で 「小高いところ」を意味する「La Hite」(ラ・イット)が転じてラフィットと 名づけられたという。 ブドウの作付けは中世から行われていたが、17世紀に セギュール家がシャトー・ラフィットの所有者となり転機が訪れた。 1670年代から80年代にかけて、ジャック・ド・セギュールがブドウ畑を広げ、 ワインの生産を本格化させた。 ジャックの相続人アレキサンドルは1695年にシャトー・ラトゥールの女性相続人と 結婚し、息子のセギュール侯爵ニコラ・アレキサンドルをもうけた。 ラフィット、ラトゥール、カロン・セギュールなどの広大な農園を相続した セギュール侯爵は、ワインの生産技術の改良に力を注ぐとともにヨーロッパ各国の 上流階級へ販路を広げ、ほどなく「葡萄園の王子」とあだ名されるようになった。 当時ボルドーワインの需要の中心地は、歴史的経緯もあってイギリスであった。 ワイン好きの首相ロバート・ウォルポールは3か月ごとにラフィット1樽、 つまり普通サイズのワイン瓶300本分を空けていたという。 一方、フランスの宮廷ではギュイエンヌ(ボルドーの旧州名)は田舎という イメージがあり、専らブルゴーニュワインが愛飲されていた。 1760年、ルイ15世の愛妾ポンパドゥール夫人は、ワインで王の歓心を買おうと ブルゴーニュのある高名な畑を手に入れようとしたが、コンティ公に競り負けてしまう。 この畑は後にロマネ・コンティと呼ばれるのだが、顛末を見ていたギュイエンヌ総督の リシュリュー男爵マレシャル(リシュリュー枢機卿の縁者)が、代わりにラフィットを ポンパドゥール夫人に勧め、大いに気に入った夫人はヴェルサイユ宮殿の 晩餐会で必ず飲むようになった。 これをきっかけにボルドーワインが宮廷で脚光を浴び、 中でもラフィットは「王のワイン」という名声を得ることになった。 フランス革命前夜、ラフィットの名声は既に揺るぎのないものとなっていた。 当時ヴェルサイユにアメリカ合衆国大使として赴任していた トーマス・ジェファーソンはアメリカ大陸でのワイン造りを思い立ち、 1787年5月にラフィットを含む主要なボルドーワインを調査して回った。 ジェファーソンもまたラフィットに魅せられ、生涯の愛好者となった。 ◆シャトー・ラフィット・ロートシルト [1971] Château Lafite-Rothschild◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ◆村名:ポーイヤック村 ◆格付け:AC ポーイヤック メドック 第1級 ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロー20%、カベルネ・フラン5%、 プティ・ヴェルド5% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆畑面積:100.0ha ◆植樹密度:7,500本/ha ◆平均収量:48hl/ha ◆育成:発酵とマセレーションはステンレスと木製のタンクで18~24日間 ◆熟成:オークの新樽で16~20ヶ月 清澄は行うが、濾過はしない。 ◆平均樹齢:45年 ◆年間生産平均本数:約21万本(ラフィット)、約28万本(カリュアド) ◆生産者:ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(略語DBR社) ◆輸入元:JSRトレーディング株式会社様 ◆テイスティング◆ カベルネ・ソーヴィニヨンを主体にブレンドさせます。 優美で繊細、そして芳醇な味わいは、まさにメドック1級の風格。 長い期間の熟成を経て、その実力を大きく花開かせます。 カベルネ・ソーヴィニョンの比率が高いことで、 タンニンの強いフルボディのワインとなるが、 その味わいは酸味と渋味のバランスが程よく、 品格を感じさせるものとなっている。 ◆パーカー氏ボルドー第4版コメント◆ ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸(ぼんよう)だったが、 1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、 忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における 価格に恥じない生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを 手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 ◆ボルドー第4版ラフィット古いヴィンテージ◆ 1959年(100点、最終試飲年月:2002年3月)は、 まぎれもなく最も最大なラフィット・ロートシルトだ。 十分な飲み頃に近づいているのだが、いまだに2000年、 1996年、1986年、1982年のようなヴィンテージが 同じくらいの高みに達することができるかわからないほどである。 非常に香り高いブーケは花、黒トリュフ、西洋杉、鉛筆、 赤系果実を思わせ、私が試飲したことのある最も力強い、 凝縮したラフィットの1つだ。 ミディアムボディからフルボディで、ビロードのような 舌触りをしており、豊かで、純粋で、この偉大なシャトーが あったらどうなるかという生の証拠だ。 若々しいワインで、あと30年強は持ちこたえるはずである。 1953年には2度100点をつけたし、別の機会にもほとんど 完ぺきの99点をつけている。何人家の老大家によると、 十分な飲み頃になってからほとんど30年近くもたつそうだ。 ミネラル、鉛筆、西洋杉、スパイスの並はずれたラフィット らしい芳香がある。ビロードのような舌触りをしており、 すばらしくまろやかで、甘いがそれでいて 十分に輪郭がはっきりしているし、バランスもとれている。 ただし、今日では低温のセラーからの、あまり頻繁に 転売されていないワインだと保証されていない限り、 マグナム以上の瓶で購入するのが最良だ。 ■リシュリュー元帥(1755年) 「ラフィットには魂が宿っています。 優美で寛大で、柔和な魂です。 ラフィットは大地を夢へと変化させます。 ラフィットはハーモニー、自然と人とのハーモニー。 つまり、優秀なヴィニュロン無くしては、 何も生まれてきません」。 ■エリック・ド・ロートシルト男爵 1855年、万国博覧会を機会に制定された、 かの有名な格付け。 シャトー・ラフィット・ロートシルトは、 格付け第一級の認定を得ています。 奇跡のフィネスを持った『王のワイン』 幻の1971年ヴィンテージ♪ ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP優良!84点獲得!1971年ヴィンテージ! お得な4日間 シャトーラフィットロートシルト 1971 メドック第1級 全国無料,得価

お得な5日間↓バッチリ値下げ↓ レフォールト゛ラトゥール 2002 Les Forts de Latour 全国無料,得価

メーカー希望小売価格 38,800円 が SPECIALPRICE¥29,980円! お得な22.8%OFF!送料無料! ※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Les Forts de Latour 2014年ヴィンテージ PP (90~92)点獲得!若い 2013年ヴィンテージ WA (87~88)点獲得!若い 2012年ヴィンテージ PP 90点獲得!若い 2011年ヴィンテージ WA (90~92)点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 97点獲得!若い 2009年ヴィンテージ WA 94点獲得! 2008年ヴィンテージ WA 90+点獲得! 2007年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 86点!飲み頃 2006年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 87点!飲み頃 2005年ヴィンテージ PP 93点獲得!VP 95点!若い 2004年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 88点! 2003年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 95点! 2002年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 88点!飲み頃 2001年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 88点!早めに 2000年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 96点!若い 1999年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 88点!早めに 1998年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 87点!早めに 1997年ヴィンテージ WA (87~88)点獲得!VP 84点!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 96点!飲み頃 1995年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 92点!落ちている 1994年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 85点!落ちている 1993年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 78点!落ちている 1992年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 79点!落ちている 1991年ヴィンテージ WA 84点獲得!VP 75点!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 98点!飲み頃 1989年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 90点!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 87点!落ちている 1987年ヴィンテージ WA 81点獲得!VP 82点!落ちている 1986年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 94点!落ちている 1985年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 90点!落ちている 1997年ヴィンテージ WA 74点獲得! 1996年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 96点!早めに 1995年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 92点!早めに 1994年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 85点!落ちている 1993年ヴィンテージ VP 78点!落ちている 1992年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 79点!落ちている 1991年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 75点!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 98点!落ちている 1989年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 90点!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 84点獲得!VP 87点!落ちている 1987年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 82点! 1986年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 94点!落ちている 1985年ヴィンテージ WA 84点獲得!VP 90点! 1984年ヴィンテージ WA 80点獲得! 1983年ヴィンテージ WA 84点獲得!VP 86点!落ちている 1982年ヴィンテージ WA 94点獲得!VP 98点!落ちている 1981年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 85点!落ちている 1978年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 87点!落ちている 1976年ヴィンテージ WA 76点獲得!VP 84点! 1975年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 89点!落ちている 1974年ヴィンテージ WA 74点獲得!落ちている 1972年ヴィンテージ WA 74点獲得!落ちている 1970年ヴィンテージ WA 84点獲得!VP 87点!落ちている 1967年ヴィンテージ WA 84点獲得!落ちている 1966年ヴィンテージ WA 85点獲得!落ちている ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ Les Forts de Latour ラトゥールの畑はポイヤックとサン=ジュリアンの村境という印象的なリッチにあり、 壁をめぐらしたレオヴィル・ラス・カーズの畑の北側に隣接しているのだが、 クリーム色の、要塞(ようさい⇒国防上重要な地域・港湾・海峡等に 敵が侵攻しないように設けられた防御営造物)のような塔が 立っているので、道路からでもすぐにわかるだろう。 ワインのラベルにも大きく描かれているが、この畏怖(いふ⇒大いにおそれること) の念を起させる塔はイギリス人が15世紀に海賊の攻撃から身を守るために建てた 要塞の跡地に建てられたもので、17世紀から畑とジロンド河を見守っているのだ。 ラトゥールは、ボルドーのメジャーなシャトーでは一握りしかいない、海外資本で 経営されてきたシャトーの1つだった。1963年から1994年まではイギリス人が 所有していたのだが、1994年にフランス実業界の大物フランソワ・ピノーが 買い取り、フランス人の手に戻った。 ここで生産されるワインは非のうちどころのない古典的なもので、 偉大なヴィンテージはもとより、凡庸、貧弱なヴィンテージにも一貫して秀逸さを 見せてきたため、昔から多くの人がメドック最上のワインと考えてきた。 ただし、凡庸、貧弱なヴィンテージにもボルドーで最良のワインを産出するという 評判には、例えば1974年、1972年1960年では、完全な裏付けがあるとはいえ、 最近の貧弱なヴィンテージ(1984年、1980年、1977年)のものは驚くほど 軽く、品質面でも他の多くのシャトーに負けている。 また、ラトゥールは頑固なまでに熟成に時間がかかることも特筆すべきだろう。 たっぷり20~25年は瓶熟成させないと、相当なタンニンの殻を脱ぎ捨てて、 すばらしい力強さや深み、豊かさを見せてくれるようにはならないのである。 このスタイルは、評論家から剛健、男性的、頑強などと言われてきたが、 1983年から1989年までは微妙ながらもはっきりと視覚できる程度に やわらかいようだ。 ラトゥールのスタッフは断固否定するのだが、 私のテイスティングではより穏やかで、近づきやすいスタイルを感じる。 幸いこのような卑しい風潮はすぐに放棄され、 1990年からは再び超大作のワインを生産するようになっている。 1982年と、やや劣るが1986年が偉大なラトゥールとなったのは否定しようも ないが、全体として1980年代はラトゥールにとって際立った10年間ではなかった。 キュヴェリー(ハイテク醸造所)が小さすぎて1986年に、1985年、1983年の 膨大な収穫量をまかないきれなかったのはよく知られている通りだが、その結果 どんどん収穫されてくるブドウを収容するべく、発酵タンクをあまりにも早く 空けなければならなかったのである。 その後、地下のワインセラーやキュヴェリーを拡張して、ボルドー最大の 豊作年となった1989年には何とか間に合った。2000年には巨額を投じて 大改修を行い、最新式の醸造・貯蔵施設を備えるようになった。 しかしながら、1989年、1988年、1985年、1983年の ラトゥールを客観的に試飲分析してみると、1970年代までの どの10年間と比べてもかなり軽く、力強さや凝縮感に劣っている という印象が残ってしまう。 もっとも1990年大には元に戻ったし、当主フランソワ・ピノーと現場監督の フレデリック・アンジェラによる非のうちどころのない管理のもとでは、 完璧でないワインは許されなくなっていくことだろう。 ■ともあれ、ラトゥールは今でも世界で最も凝縮感のある、 豊かで、タニックな、フルボディのワインの1つである。 飲み頃になると、心動かされるブーケが生のクルミやなめし革、 ブラックカラント、砂利のようなミネラルの香りを思わせるようになり、 口に含んだ時に格別のコクを感じられることはあっても、 決して重いものになることはない。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用 ※総支配人:フレデリック・アンジェラ氏 ◆レ・フォール・ト゛・ラトゥール [2002] Les Forts de Latour◆    ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ポイヤック村 ◆原産地呼称:A.O.C. ポイヤック メドック セカンドワイン ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆栽培面積:65ha ◆熟成:熟成はヴィンテージによる。 ◆新樽比率:100%オークの新樽で17ヵ月。卵白で清澄し、濾過はしない。 ◆育成:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレス槽で21日間。 ◆植樹密度:約10,000本/ha ◆平均樹齢:40年 ◆年間生産本数:14万本 ◆ファーストラベル:グラン・ヴァン・ド・シャトー・ラトゥール 17万5,000本 ◆セカンドラベル:レ・フォール・ド・ラトゥール 14万本 ◆飲み頃の続く期間:収穫後15~50年 ◆所有者:フランソワ・ピノー ◆輸入元:株式会社モトックス様 ■ボルドー第4版パーカー氏コメント■ レ・フォール・ド・ラトゥールはあらゆる「セカンド・ワイン」の中でも 最上のものであると広く認知されているし、試飲でもたびたびより 有名なポイヤックより高得点を獲得する器量の持ち主なので、 別項目を立てた次第である。 ●評価:四級シャトーに相当する品質 ラトゥールのスタッフは常々ラトゥールの「セカンド・ワイン」なのだから 品質的には1855年の格付け二級と同等であると主張してきた。 事実、彼らはラトゥールではレ・フォール・ド・ラトゥールの ブラインドテイスティングの際に比較対象として二級シャトーの ワインが出されていると主張する。 もし、レ・フォール・ド・ラトゥールがとてもよいものにならない 場合はポイヤック(サード・ワイン)に格下げするかどうかの 決断がなされているという。 私も、例えば、2000年、1996年、1982年のような特定の ヴィンテージでは彼らの査定に同意したいのだが、より客観的に見ると、 レ・フォール・ド・ラトゥールは四級相当の品質である。 もっとも、それでもボルドーで 最上の「セカンド・ワイン」であることに変わりはないのだが。 醸造法はラトゥールとまったく同じだが、ブドウはプティ・バタイエ、 コンテス・ド・ラランド、そして、レ・フォール・ド・ラトゥールの 3ヵ所の畑のものが使われる。 また、上記に加えて、ラトゥールのロットでもあまり 「グラン・ヴァン」とは言えないとみなされたもの (若木のものが多い)もブレンドされる。 レ・フォール・ド・ラトゥールの特徴は、ラトゥールそのものと びっくりするほど似ている。ラトゥールよりは軽く、 早く飲み頃になるだけである。 ボルドーの有名シャトーで生産される最上の セカンド・ラベル(あるいはマルキ)であることに間違えはない。 ※ヴィノムワインマガジン・ヨーロッパワインガイド ■Europas Wine Magzin Vinum■ Vinum.ch 20点中16.5点獲得!2002年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中16.5点獲得!2002年ヴィンテージ! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター88点獲得! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー90点獲得! ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 90点獲得!2002年! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 100点中93点を獲得した2002年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!92点獲得!2002年ヴィンテージ! お得な5日間↓バッチリ値下げ↓ レフォールト゛ラトゥール 2002 Les Forts de Latour 全国無料,得価

お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス ドメーヌアランジョフロワ シャブリ キュヴェヴィエイユヴィーニュ 2013 オーク樽熟成 Domaine Alain Geoffroy Chablis Cuvee Vieilles Vignes Eleve

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■シャブリひと筋150年■ シャブリ特有の素晴らしい風味を 守り続けている造り手! 「ドメーヌ・アラン・ジョフロワ」は1850年に シャブリA.O.C.の中心部にドメーヌを構えました。 それから今日まで、150年以上も ジョフロワ家は代々シャブリをつくり続けています。 現在の当主アラン氏は、地元では「シャブリの申し子」とも呼ばれており、 「レ・ピリエ・シャブリジアン」ワイン騎士団の副団長も務めるシャブリの重鎮。 彼のワインのスタイルは、あくまでもシャブリらしい フレッシュさとキンメリジャンのテロワールを 含んだ果実味を全面に出すこと。 ※キンメリジャン そのため「ステンレスタンク醗酵」、「ステンレスタンク熟成」にこだわります。 しかしながら、近年シャブリ地方でもオーク樽を使用するスタイルが流行しており、 アラン氏も一部、オーク樽で醗酵や熟成を行っています。 ◆ドメーヌ・アラン・ジョフロワ シャブリ キュヴェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ オーク樽熟成 [2013] Domaine Alain Geoffroy Chablis Cuvee Vieilles Vignes Elevee en Futs de Chene◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 シャブリ地区 ◆原産地呼称:A.O.C.シャブリ ※シャブリ地区 ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ100% ◆醸造・熟成:オーク樽熟成 6ヶ月 ◆年間生産量:35,000本 ◆樹齢:45年以上 ◆飲み頃温度:10℃ ◆アルコール度数:12.99% ◆容量:750ml ※イカの塩辛パスタ ◆コメント◆ シャブリの優秀な生産者として 名高い「アラン・ジョフロワ」。 樹齢45年以上の古木から採れたブドウだけを使った このワインは程よい力強さと繊細さのバランスがよく取れています。 ※海のミルクと言われる牡蠣にシャブリは良く合います♪ お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス ドメーヌアランジョフロワ シャブリ キュヴェヴィエイユヴィーニュ 2013 オーク樽熟成 Domaine Alain Geoffroy Chablis Cuvee Vieilles Vignes Eleve

お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス ドメーヌドルーアンラローズ シャンボールミュジニー 2013 DOMAINE DROUHIN LAROZE CHAMBOLLE MUSIGNY 全国無料,得価

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■世界で最もエレガントな「絹のワイン」 シャンボール・ミュジニー♪ モレ・サン・ドニの真南に、 このシャンボール・ミュジニー(Chambolle-Musigny)がある。 現在、赤ワインのみ(年産450kl)のA.O.C.になっている。 この村も、例によって1875年に村一番の美田であるミュジニー (Musigny)ぶどう園の名称をつけ加えたものである。 もしこの村に素晴らしいミュジニーぶどう園がなかったらば、 おそらく現在ほどこの村の南側に位置し、ワインは(赤)は 天下の逸品と称せられ、多くの専門家の間で「絹のワイン」の 異名があるとおり、優美な色調と柔和で繊細な味わい、 フランボワーズとスパイスを織り混ぜたような、絶妙なブーケがある。 このぶどう園は数名の所有者によって分割されているが、 なかでもヴォギュ伯爵(Comte de Vogue)が大所有者の1人である。 彼はこのぶどう園の大部分を所有しているのみならず、質においても ミュジニー最良のワインを出荷している。ヴォギュ氏の他には アドリアン・エ・ロブロ(Adrien et Roblot)や クレール・ダュ(Clair-Dau)の両氏も有名で、ともに元詰のワインを 出荷している(1985年にクレール・ダュ氏所有のぶどう園を ルイ・ジャド社が買収している)。 シャンボール・ミュジニー村には、もうひとつの優秀赤ワインに ボンヌ・マール(Bonnes-Mares)がある。このぶどう園は ミュジニー村の北側にあり、モレ村にまたがっている。 ボンヌ・マールは質が優秀であるのにもかかわらず、不思議なことに、 諸外国ではあまり人気がない。それはフィッサン(Fixin)の場合と 同じく、ワインの名称のフランス語による発音が諸外国の 一般の人にはむずかしいことが、その原因のひとつとなっている。 シャンボール・ミュジニーはレザムルーズ(Les Amoureuses) という第1級の赤ワインも生産する。 「恋する女達(Womaen in Love)」の意味で、ずいぶんしゃれた 名前をつけたものである。前述のぶどう園では赤ワイン以外に 少量の辛口良質ワイン(白の特級)も産出する。その原料はシャルドネ (Chardonnay)で、産量が少なく良質なので高価である。 ●特級のクリマ (1) ミュジニー/Musigny(2) ボンヌ・マール/Bonnes-Mares ●第1級のクリマ (1) オー・ボー・ブリユン/Aux Beaux Bruns(2) レ・コンボット/Les Combottes(3) デリエール・ラ・ラグランジュ/Derriere-la-Grange(4) レ・フユエ/Les Fuees(5) レ・ボード/Les Baudes(6) レ・グロゼイユ/Le Groseilles(7) レ・シヤトロ/Les Chatelots(8) レ・ゾードワ/Les Haut-Doix(9) レ・フースロット/Les Fousselottes(10) レ・ノロワ/Les Noirots(11) レ・クラ(部分)/Les Cras(12) レ・サンテイエ/Les Sentiers(13) レ・グリュアンシエ/Les Gruenchers(14) ラ・コンブ・ドルヴォー/La Combe dOrveaux(15) レ・ラヴロット/Les Lavrottes(16) レ・シャルム/Les Charmes(17) レ・プラント/Les Plantes(18) レ・シャビオ/Les Chabiots(19) オー・コンボット/Aux Combottes(20) レ・カリエール/Les Carrieres(21) レ・ザムルーズ/Les Amoureuses(22) オー・ゼサンジュ(部分)/Aux Echanges(23) レ・ボルニツク/Les Borniques ※ワインの知識とサービス 浅田勝美 著 柴田書店より掲載文抜粋 ◆ジュヴレ・シャンベルタンの由緒ある銘醸ドメーヌ◆ 珠玉の所有畑を誇る名門ドメーヌで、 1850年にジャン・バプティス・ラローズ氏が ジュヴレ・シャンベルタンの地にブドウ畑を取得したのが、 このドメーヌの始まり。 1919年にラローズ家のスーザン・ラローズ氏と、 シャンボル・ミュジニー村のアレクサンドル・ドルーアン氏が結婚し、 「ドルーアン・ラローズ」が誕生しました。 ミュジニー、ボンヌ・マール、クロ・ド・ヴージョ、 シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ、ラトリシエール・シャンベルタン、 シャペル・シャンベルタンという錚々たる特級畑を所有しています。 エレガントでパワーがあり、芳醇なアロマとフィネスを 兼ね備えたワインを生み出し、世界中のワイン愛好家を満足させています。 ※オーナー:フィリップ・ドルーアン氏 ◆ドメーヌ・ドルーアン・ラローズ シャンボール・ミュジニー [2013] DOMAINE DROUHIN LAROZE CHAMBOLLE-MUSIGNY◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区 ◆原産地統制呼称・格付け:A.O.C.シャンボール・ミュジニー ■原産地統制呼称・格付けのAOCとACの違い■ AOC=Appelation d'Origine Controlée (アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ) 原産地統制呼称。Origineは、原産地という意味です。 Appellation (原産地・シャンボール・ミュジニー) Contrôléeが入っている場合は、 ACという表記になります。 4段階の品質分類の一番上位の(AOC)のことで、 (AC)は(AOC)のうちの(O)を省略している表現で、 どちらも同じ表記になります。 アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(AOC)とは、 フランスの農業製品、ワイン、チーズ、バターなどに対し て与えられる認証であり、製造過程及び最終的な品質評価において、 特定の条件を満たしたものにのみ付与される品質保証である。 ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール100% ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆飲み頃温度:16℃ ◆熟成:オーク樽熟成18ヶ月(1年使用樽) ◆生産者:ドメーヌ・ドルーアン・ラローズ ◆テイスティングコメント◆ 輝きのある紫を帯びたルビーレッド。 深みのあるやや濃い目の色調、粘性は中程度より高め。 香りにはブラックチェリーや小粒の赤い実、アカシア、 スミレ、バラのドライフラワー、スパイス香。 加えて熟成によるなめし革、タバコ、ジャーキー、 樽由来のロースト香、インク、鉄、ミネラル、 森の下草のニュアンスが複雑性や奥行きを与える。 洗練された芳香。アタックはソフトでなめらか。 豊富なミネラルを含む豊かな果実味で しっかりとした酸味が味わいを支える。 瑞々しく、華やかな果実感とスパイシーなオークとの調和が素晴らしく、 味わいがぶれない。溶け込んだタンニンはアフターにかけて 存在感を示し、ミネラルとともに骨格を形成。 背筋がピンと伸びるような心地よい緊張感、 凛とした強さが感じられる。フルボディにして全体にエレガントなスタイル。 余韻は長め、果実とオークのフレーヴァーが持続し、ポテンシャルが高い。 ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中16.5点獲得!2013年ヴィンテージ! お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス ドメーヌドルーアンラローズ シャンボールミュジニー 2013 DOMAINE DROUHIN LAROZE CHAMBOLLE MUSIGNY 全国無料,得価

お得な5日間↓バッチリ値下げ↓ ドメーヌドルーアンラローズ ジュヴレシャンベルタン 2012 3本セット 全国無料,得価

メーカー希望小売価格 17,400円 が お買い得価格!14,630円! お得な16%OFF! ※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■ジュヴレ・シャンベルタン9つのグラン・クリュ■ (1) シャンベルタン/Chambertin(2) シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ/Chambertin-Clos de Beze(3) マジ・シャンベルタン/Mazis-Chambertin(4) リュショット・シャンベルタン/Ruchottes-Chambertin(5) ラトリシエール・シャンベルタン/Latricieres-Chambertin(6) シャルム・シャンベルタン/Chambertin(7) マゾワイエール・シャンベルタン/Mazoyeres-Chambertin(8) シャペル・シャンベルタン/Chapelle-Chambertin(9) グリオット・シャンベルタン/Griotte-Chambertin フィサンの南隣にブロション(Bro-Chon)村がある。 ここのワインは村名のAOCがなく、コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ (Cote de Nuits-Villages)または、ブルゴーニュ(Bourgogne)の AOCとなっている。このブロション村の南隣にジュヴレ(Gevrey)村がある。 865年にこの村がサン・ベニーニュ僧院(Abbaye de St. Benigne)へ寄進された との記事が『ブルゴーニュ年代記』に見られるが、 現在のように、ジュヴレ村という 村名にこの村のなかで最も有名なクリマ(ぶどう園)であるシャンベルタン(Chambertin) の名前を連子符(ハイフン)で繋いで、ジュヴレ・シャンベルタン(Gevrey-Chambertin) と呼ぶようになったのは、1847年以降である。 現在この村は赤ワインのみAOCになっており、ワインは深みのある濃い色で、 ブラックチェリーのアロマがあり、口に含むと豊潤でコクがあり、 酸とタンニンが多いのでバランスがよく、ビロードの喉越しをもち、 余韻の長い赤ワインを産することで有名である。   上記グラン・クリュのなかでシャンベルタンとシャンベルタン・クロ・ド・ベーズの 2つは、別格扱いされる最高級のクリマである。 シャンベルタンのクリマ自体は遠く13世紀に 開設されたわずか13haにすぎない小さなぶどう園である。 不世出(めったに世に現れないほどすぐれている天才)のナポレオンがこのシャンベルタンを 愛飲した話は有名である。力強く、際立って華麗な色調、すみれの芳香と濃縮された果実味と ビロードのような、滑らかな喉越しは、まさにブルゴーニュの王者の風格がある。 クロ・ド・ベーズは630年にベーズ僧院(Abbaye de Beze)の僧侶達によって 開発されたのでその名が起こった。 このクリマは有名なシャンベルタンの畑とムネ続きになっている。 ここのワインの品質および銘柄はシャンベルタンと同様の扱いを受ける資格が与えられており、 シャンベルタン、または、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズの名で売られる。 このワインにはきっぱりとした確かさ、力強さ、洗練されたきめのこまかさなど、 およそ他の追随を許さない銘醸ブルゴーニュの本質的な美点を兼ね備えた個性的な輝きがある。 上記両クリマは多数の所有者(栽培者)によって分割されている。 ■著名な一流の24名の所有者を次にあげる。 (1) ピエール・ダモア/Pierre damoy(2) リヴィラ/Livera(3) マリヨン博士/Dr. Marion(4) ジャント/Jantot(5) ルイ・ラトゥール/Louis Latour(6) エルヴィナ・デュポン/Elvina Dupont(7) J.H. レミー/J.H. Remy(8) J. プリュール/J. Prieur(9) レオン・カミュ/Leon Camus(10) ド・マルシイ/De Marcilly(11) ルブールソー/Rebourseau(12) J & H/J & H(13) ルイ・トラペ/Louis Trapet(14) デュフルール/Dufouleur(15) ドルーアン・ラローズ/Drouhin-Laroze(16) コルソルティウム・ヴィニコール/Consortium Vincole(17) ゲラン/Gelin(18) ジャブレ・ヴェルシュル/Jaseph-Vercherre(19) ジョセフ・ドルーアン/Joseph Drouhin(20) グロフィエ/Groffier(21) ペラゾー・グロイフィエ/Peirazeau-Groffier(22) トルトショ/Tortochot(23) マダム・トマス/M Thomas(24) クレール・ダュ/Clair-Dau  これらの人は、いうまでもなくその伝統と格式ある酒づくりには定評があり、 最良の元詰めシャンベルタンを世に送り出すが、この所有地がきわめて小さく、 年間生産量も微量であるから、彼らは自分自身の名でそのワインを売りには出さず 搾りたての新酒を樽のままでネゴシアンに売ってしまう。  シャンベルタン、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ以外の7つのクリマ、 マジ、シャペル、グリオット、シャルム、ラトシエール、マゾワイエール、 リュショットの各ワインは、その固有のクリマ名のあとに、シャンベルタンの名前を 続けて呼ぶ権利をもっていて、たとえば、リュショット・シャンベルタンというように 表示できる(シャルム・シャンベルタンはマゾワイエール・シャンベルタンとも 名のることができるが、両者はどちらの名称を用いてもよいこととなっている)。  これらグラン・クリュAOCの法定基準は必要アルコール含有量11.5~14.5度、 1ha当たりの生産制限量3700リットルと定められている。 ただし、別格扱いのシャンベルタンとシャンベルタン・クロ・ド・ベーズは、 必要アルコール含有量は11.5~14.5度であるが、 1ha当たりの生産制限量3500リットルと、基準が一段と厳しくなっている。 ※ワインの知識とサービス 浅田勝美 著 柴田書店より掲載文抜粋 ◆ジュヴレ・シャンベルタンの由緒ある銘醸ドメーヌ◆ 珠玉の所有畑を誇る名門ドメーヌで、 1850年にジャン・バプティス・ラローズ氏が ジュヴレ・シャンベルタンの地にブドウ畑を取得したのが、 このドメーヌの始まり。 1919年にラローズ家のスーザン・ラローズ氏と、 シャンボル・ミュジニー村のアレクサンドル・ドルーアン氏が結婚し、 「ドルーアン・ラローズ」が誕生しました。 ミュジニー、ボンヌ・マール、クロ・ド・ヴージョ、 シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ、ラトリシエール・シャンベルタン、 シャペル・シャンベルタンという錚々たる特級畑を所有しています。 エレガントでパワーがあり、芳醇なアロマとフィネスを 兼ね備えたワインを生み出し、世界中のワイン愛好家を満足させています。 ※オーナー:フィリップ・ドルーアン氏 ◆ドメーヌ・ドルーアン・ラローズ ジュヴレ・シャンベルタン [2012] DOMAINE DROUHIN LAROZE GEVREY-CHAMBERTIN◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区 ◆原産地統制呼称・格付け:A.O.C.ジュヴレ・シャンベルタン ■原産地統制呼称・格付けのAOCとACの違い■ AOC=Appelation d'Origine Controlée (アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ) 原産地統制呼称。Origineは、原産地という意味です。 Appellation (原産地・ジュヴレ・シャンベルタン) Contrôléeが入っている場合は、 ACという表記になります。 4段階の品質分類の一番上位の(AOC)のことで、 (AC)は(AOC)のうちの(O)を省略している表現で、 どちらも同じ表記になります。 アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(AOC)とは、 フランスの農業製品、ワイン、チーズ、バターなどに対し て与えられる認証であり、製造過程及び最終的な品質評価において、 特定の条件を満たしたものにのみ付与される品質保証である。 ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール100% ◆アルコール度数:12.35% ◆容量:750ml ◆飲み頃温度:16℃ ◆熟成:オーク樽熟成18ヶ月(1年使用樽) ◆生産者:ドメーヌ・ドルーアン・ラローズ ◆輸入元:株式会社モトックス様 ◆テイスティングコメント◆ エレガントさと香り高さを求めるドメーヌ。 エレガントでありながら力強く、 ミネラルも感じられるワインです。 様々な赤果実のアロマと少しスパイシーな香りも楽しめます。 ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中16.5点獲得!2012年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP優良!89点獲得!2012年ヴィンテージ! お得な5日間↓バッチリ値下げ↓ ドメーヌドルーアンラローズ ジュヴレシャンベルタン 2012 3本セット 全国無料,得価

お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス トゥアリータ ジュストディノートリ 2012 Tua Rita Giusto di Notri 全国無料,得価

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Tua Rita Giusto di Notri 2011年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 94+点獲得!若い 2009年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2008年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 95点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 96点獲得!VP 96点!若い 2005年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 92点!飲み頃 2004年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 96点!早めに 2003年ヴィンテージ WA 91点獲得!VP 92点!落ちている 2002年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 75点!飲み頃 2001年ヴィンテージ WA 97点獲得!VP 94点!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 95点獲得!VP 88点!飲み頃 1999年ヴィンテージ WA 96点獲得!VP 94点!早めに 1998年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 86点!落ちている 1997年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 95点!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 78点!落ちている 1994年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 85点!早めに ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ~大地を愛し、天に愛され、情熱を注ぐ~ 土いじりをこよなく愛する男が家族と、この土地に出会い♪ いつしかその孤高なる想いは唯一無二のワインを生み出した! ◆イタリアでWSとWAで100点満点を獲得した生産者! トスカーナ州スヴェレートに設立されたトゥア・リータ! ヴィルジリオとリータ夫妻が、全国的に全く無名であった この場所の畑を購入したのは1984年のこと。 1992年に初めて瓶詰めされたワインがリリースされてから 6ヴィンテージ目でワイン・スペクテイター100点を 獲得するという快挙を成し遂げる。 その後がまたすごい、2000年のレディガフィにおいては、 ワイン・アドヴォケイトで100点を獲得! しかしながら、この家族経営の小さな醸造所は評価誌に 左右されず、妥協を許さない果て無き ワインへの追求・挑戦を続ける。 それが今日のトゥア・リータの飛躍を支え、 更なる品質改善を支えている。 本格的にワインを市場にリリースし出してから20年も経たたない、 歴史も経験もなかったトゥア・リータが今の栄光を手に入れたのは、 神秘としか言いようがない。 意外だが、その主人公はワイナリーの名前となった 奥さんのトゥア・リータさんではない。 また、醸造家のステファノ・キオッチョリでも、現在 醸造・栽培の責任者である 娘婿のステファノ・フラスコッラでもない。 この畑を購入したオーナーのヴィルジリオ・ヴィスティである。 まだ10代の頃のヴィルジリオは、将来を夢見てバールで 手伝いや日雇いなどの仕事をこなす日々を過ごしていた。 その後はゲームのディストリビユーターの仕事に就き、 そして若くしてリータさんとの結婚。 ヴィルジリオ20歳、リータ18歳の時だった。 その後、働き者のヴィルジリオは良き伴侶を得るだけでなく、 仕事での成功をおさめるという幸運に恵まれる。 元来全く欲のない男だったが、彼には1つだけ夢があった。 それは「畑仕事」をすること。あの、大地の香りが好きで たまらなかった。広い空の下に広がる大地で行う畑仕事。 それがヴィルジリオの昔からの夢。 将来年金生活に入ったら大好きな 土いじりをしながら暮らしていきたいと考えていた。 そんなある日、仕事で立ち寄ったスヴェレートで 彼の夢を叶えてくれる土地に出会う。 1984年のことだった。ヴィルジリオの故郷から程近い その場所には、少しのブドウとオリーヴや麦などしか 植えていなかった。 順調に仕事をこなす毎日がある反面、彼の胸の中で 膨らんできた昔からの夢が、その土地の購入を決意させる。 ワインの産地として全く無名であったこの場所が、後に 世界レベルのワインを生み出す土地であったことなど、 世間の人は勿論、ヴィルジリオも予期していなかった。 当初、まだゲームの仕事を続けていたヴィルジリオは、 平日は都会で仕事をこなし、 週末を長年の夢であった念願の畑で過ごしていた。 当時この地域で栽培されていたブドウはトスカーナの 地品種である サンジョヴェーゼやトレッビアーノで、 それ程大きい畑ではないが、老後のセカンドライフとして 徐々に仕事を農業にシフトしていきたいと考えていた ヴィルジリオは、それがたまらなく好きだった。 ある日ヴィルジリオが作ったブドウが、そして出来上がった ワインが、常識を超えるレベルであることに気付く。 ◆トゥア・リータ ジュスト・ディ・ノートリ [2012] Tua Rita Giusto di Notri◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 スヴェレート地区 ◆原産地呼称:トスカーナI.G.T ◆ブドウ品種:サンジョベーゼ60%、メルロー30%、カベルネ・フラン10% ◆アルコール度数:14.36% ◆容量:750ml ◆タイプ:赤・フルボディ ◆飲み頃温度:18℃ ◆平均年間生産量:22,000本 ◆醗酵:オーク樽にてマセラシオン醗酵 約21日間(CS20日、M25日、CF25日) 22℃からゆっくり上げ、最高温度は26℃まで/主醗酵後、オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵 ◆熟成:オーク樽熟成 18~19ヶ月間(225L、新樽70%、1年使用30%)瓶熟:約6ヶ月 ◆生産者:アジィエンダ・アグリコーラ・トゥア・リータ/Azienda Agricola Tua Rita (農場・農園・ファーム) ◆輸入元:株式会社モトックス様 ◆テイスティング◆ プルーンや桑の実など数えきれない 果実風味の香りとボリューミーな味わいが 鉄分のニュアンスと溶け合う。 きめ細やかで密なビロード的タンニンもまさに秀逸。 ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!94点獲得!20周年記念ヴィンテージ! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ 高得点!94点獲得!20周年記念ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!94点獲得!20周年記念ヴィンテージ! お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス トゥアリータ ジュストディノートリ 2012 Tua Rita Giusto di Notri 全国無料,得価

お得な5日間↓バッチリ値下げ↓ 蔵出し熟成ブルゴーニュお勧め推奨ワイン ルイラトゥール シャサーニュモンラッシェ プルミエクリュ 1999 Louis Latour Chassagne Montrachet 1er Cru 全国無料,得価

メーカー希望小売価格 9,600円 が SPECIALPRICE¥7,460円! お得な22.3%OFF! ※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■優良年ブルゴーニュ■ ■1999年優良バックヴィンテージ■ ルイ・ラトゥールはコルトン・シャルルマーニュを始めとし、 コート・ドールでも最大級のグランクリュを所有する生産者です。 その歴史は1768年から200年以上にも及び、 現在は7代目当主ルイ・ファブリス・ラトゥールが経営。 昔ながらの伝統を守る一方、最新の技術も取り入れ、 常に革新的なワインを作り続けています。 ◆【蔵出し熟成ブルゴーニュ】ルイ・ラトゥール シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ [1999] Louis Latour Chassagne-Montrachet 1er Cru◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ◆格付け:AOCシャサーニュ・モンラッシェ 第1級 プルミエ クリュ/Chassagne-Montrachet 1er Cru ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ルイ・ラトゥール/Louis Latour ◆テイスティング・ノート◆ 1級畑は、シャサーニュ・モンラッシェ村の 南端に近い場所にあります。 砂礫質の土壌が多いシャサーニュ・モンラッシェは 全体的に「ミネラル感たっぷり」という印象が 強いのですが、このモルジョは粘土質の土壌のため、 どっしりとしたパワフルなワインが造られます。 がっちりと引き締まった味わいは、 時間とともに緩やかにほぐれていきます。 その十分すぎる程のミネラル感が解き放たれた時、 驚くほど滑らかで甘美な味わいに、マロラクティック 発酵が特徴的なバターの香りを与えます。 ◆ブルゴーニュ(白)におけるヴィンテージチャート◆ ヴィンテージチャートとは、 ワインの品質を生産地区、生産された年によって評価した一覧表。 製作者によって、評価方法は違うが大まかな評価は似通っている。 あくまでも、地区を評価したものなので、 ワインの生産者によっては当てはまらないこともある。 ◆ Vintage Chart White Burgundy ◆1985★★★1986★★★★1988★★★1989★★★★★1990★★★★1991★★1992★★★★1993★★1994★★1995★★★1996★★★1997★★★★1998★★★★1999★★★★2000★★★2001★★★★2002★★★★★2003★★★★2004★★★★2005★★★★★2006★★★2007★★★2008★★★2009★★★★ ※Chassagne-Montrachet 1er Cru 百本の村名ワインの味を忘れても、 一本のモンラッシェの味は決して消える事がなく、 望む時にそのイメージを口中に立ち上がらせて、 鮮烈な感動を与え続けてくれる。 ワインの楽しみのすべてが含まれている モンラッシェは、ワインの中の基本だ。 誰もが知らねばならないワインであり、 もちろん飲まねばならないワインである。 ※ワイナート47より掲載文抜粋 お得な5日間↓バッチリ値下げ↓ 蔵出し熟成ブルゴーニュお勧め推奨ワイン ルイラトゥール シャサーニュモンラッシェ プルミエクリュ 1999 Louis Latour Chassagne Montrachet 1er Cru 全国無料,得価

1本につき個別 分だけ割引 5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス ドメーヌドルーアンラローズ モレサンドニ 2013 DOMAINE DROUHIN LAROZE MOREY SAINT DENIS 全国無料,得価

※1本につき個別送料分だけ割引とは、表示されている送料分が 1本に対して通常の送料から割引となり断然お得です。 ※なお、個別送料分だけ割引サービスはポイントに応じて 変動いたします、また、ポイント8~10倍の期間は 対象外となりますので予めご了承ください。 ※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ◆ジュヴレ・シャンベルタンの由緒ある銘醸ドメーヌ◆ 珠玉の所有畑を誇る名門ドメーヌで、 1850年にジャン・バプティス・ラローズ氏が ジュヴレ・シャンベルタンの地にブドウ畑を取得したのが、 このドメーヌの始まり。 1919年にラローズ家のスーザン・ラローズ氏と、 シャンボル・ミュジニー村のアレクサンドル・ドルーアン氏が結婚し、 「ドルーアン・ラローズ」が誕生しました。 ミュジニー、ボンヌ・マール、クロ・ド・ヴージョ、 シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ、ラトリシエール・シャンベルタン、 シャペル・シャンベルタンという錚々たる特級畑を所有しています。 エレガントでパワーがあり、芳醇なアロマとフィネスを 兼ね備えたワインを生み出し、世界中のワイン愛好家を満足させています。 ※オーナー:フィリップ・ドルーアン氏 ◆ドメーヌ・ドルーアン・ラローズ モレ・サン・ドニ [2013] DOMAINE DROUHIN LAROZE MOREY-SAINT-DENIS◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区 ◆原産地統制呼称・格付け:A.O.C.モレ・サン・ドニ ■原産地統制呼称・格付けのAOCとACの違い■ AOC=Appelation d'Origine Controlée (アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ) 原産地統制呼称。Origineは、原産地という意味です。 Appellation (原産地・モレ・サン・ドニ) Contrôléeが入っている場合は、 ACという表記になります。 4段階の品質分類の一番上位の(AOC)のことで、 (AC)は(AOC)のうちの(O)を省略している表現で、 どちらも同じ表記になります。 アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(AOC)とは、 フランスの農業製品、ワイン、チーズ、バターなどに対し て与えられる認証であり、製造過程及び最終的な品質評価において、 特定の条件を満たしたものにのみ付与される品質保証である。 ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ドメーヌ・ドルーアン・ラローズ ◆テイスティングコメント◆ フランボワーズのような赤系果実のアロマに、 フレッシュな果実味。 口に含むと、ボリュームのあるピュアな果実味と、 細やかなタンニン、モレ・サン・ドニらしい骨格があり、 リッチなテイスト。 エレガントな酸が全体のバランスを綺麗に整えているため、 上品な印象が残ります。 ■ワイナート評価NO.1ドメーヌ■ 1本につき個別 分だけ割引 5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス ドメーヌドルーアンラローズ モレサンドニ 2013 DOMAINE DROUHIN LAROZE MOREY SAINT DENIS 全国無料,得価